映画-Movie Walker > 人物を探す > 久我美子

年代別 映画作品( 1947年 ~ 2013年 まで合計98映画作品)

1961年

背徳のメス

  • 1961年8月6日公開
  • 出演(佐藤信子 役)

黒岩重吾の直木賞受賞作を 「雲がちぎれる時」の新藤兼人が脚色し、「恋の画集」の野村芳太郎が監督したサスペンス・ドラマ。撮影も「恋の画集」の川又昂。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
田村高廣 高千穂ひづる 瞳麗子 久我美子

女家族

  • 1961年5月16日公開
  • 出演(滝沢るい子 役)

林芙美子の同名小説を、「別れて生きるときも」の共同執筆者・井手俊郎と、「慕情の人」のコンビ岡田達門・田波靖男が共同で脚色し、「河内風土記 おいろけ説法」の久松静児が監督した女性文芸編。「東から来た男」の岡崎宏三が撮影した。パースペクタ立体音響。

監督
久松静児
出演キャスト
三益愛子 新珠三千代 久我美子 黛ひかる

ゼロの焦点(1961)

  • 1961年3月19日公開
  • 出演(鵜原禎子 役)

松本清張のベスト・セラーを、「南の風と波」の橋本忍に山田洋次が加わって脚色、「最後の切札」の野村芳太郎が監督した推理映画。撮影は「日本の夜と霧」の川又昂。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
久我美子 高千穂ひづる 有馬稲子 南原宏治

非情の男

  • 1961年2月13日公開
  • 出演(土屋雪子 役)

国弘威雄・高橋治の脚本を「死者との結婚」の高橋治が監督した青春編。撮影は新人の加藤正幸。

監督
高橋治
出演キャスト
三上真一郎 瞳麗子 芳村真理 久我美子

大坂城物語

  • 1961年1月3日公開
  • 出演(小笛 役)

村上元三の原作を、稲垣浩・木村武(1)が共同で脚色、「ふんどし医者」の稲垣浩が監督した、徳川・豊臣の戦乱を描くスペクタクル。撮影も「ふんどし医者」の山田一夫。パースペクタ立体音響.

監督
稲垣浩
出演キャスト
三船敏郎 平田昭彦 岩井半四郎 志村喬
1960年

青春残酷物語

  • 1960年6月3日公開
  • 出演(新庄由紀 役)

「愛と希望の街」の大島渚が自らの脚本を監督した青春映画。「死者との結婚」の川又昂が撮影した

監督
大島渚
出演キャスト
桑野みゆき 川津祐介 久我美子 浜村純

春の夢(1960)

  • 1960年1月3日公開
  • 出演(矢杉和子 役)

「今日もまたかくてありなん」の木下恵介が、自らの脚本を監督したもので、ある製薬会社社長の邸宅を舞台にした風刺喜劇。撮影は「愛と希望の街」の楠田浩之。

監督
木下恵介
出演キャスト
小沢栄太郎 東山千栄子 丹阿弥谷津子 岡田茉莉子
1959年

今日もまたかくてありなん

  • 1959年9月27日公開
  • 出演(佐藤保子 役)

「惜春鳥」の木下恵介が書き下ろし、自ら監督したもので、庶民生活の空しさ、悲しさを描き出そうとするもの。撮影も「惜春鳥」の楠田浩之が担当した。

監督
木下恵介
出演キャスト
高橋貞二 久我美子 中村勘九郎 中村勘三郎

お早よう

  • 1959年5月12日公開
  • 出演(有田節子 役)

「彼岸花」につづいて野田高梧と小津安二郎が書いた脚本を、小津安二郎が監督した、大人と子供の世界を描いた一篇。撮影は「春を待つ人々」の厚田雄春。

監督
小津安二郎
出演キャスト
笠智衆 三宅邦子 設楽幸嗣 島津雅彦

風花(1959)

  • 1959年1月3日公開
  • 出演(名倉さくら 役)

昨年帰国した岸恵子のために、「この天の虹」の木下恵介が書下し監督した農村メロドラマ。撮影は「この天の虹」の楠田浩之、音楽は「悪女の季節」の木下忠司の担当。出演は前記「雪国(1957)」(東宝)以来久々の岸恵子・それに加えてにんじん・くらぶの「春を待つ人々」の有馬稲子、「この天の虹」の久我美子。ほかに笠智衆、川津祐介、井川邦子ら木下学校の人々の出演。

監督
木下恵介
出演キャスト
永田靖 東山千栄子 細川俊夫 井川邦子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 久我美子