映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・マクウェード

年代別 映画作品( 公開時期不明 ~ 1937年 まで合計38映画作品)

1937年

超速大陸争覇

  • 1937年公開
  • 出演(Corrigan 役)

「湾岸警備船」のジョン・ウェインが主演する映画で、ハーマン・ボクサーの原作をスコット・ダーリングが脚色、アーサー・ルービンが監督に当たり、ハリー・ニューマンが撮影した。助演は「我が家の誇り」のルイズ・レティマーを始め、「結婚設計図」のロバート・マクウェード、「黒地獄」のタリー・マーシャル、「市街戦」のセオドア・フォン・エルツ等である。

監督
アーサー・ルービン
出演キャスト
ジョン・ウェイン ルイズ・レティマー ロバート・マクウェード セオドア・フォン・エルツ

父とその子

  • 1937年公開
  • 出演(Webster 役)

「拾万ドル玉手箱」と同じくJ・ウォルター・ルーペンが監督したウォーレス・ビアリー主演映画で、ドン・マークィス作の喜劇を劇作家A・E・トーマスが脚色したものである。助演者は「港に異常なし」のユーナ・マイクル、「拾万ドル玉手箱」のエリック・リンデン、「愛と光」のベティー・ファーネス、「銀翼の戦慄」のジュディス・バーレット、「高飛び成層圏」のテッド・ヒーリー、「処女散歩」のジャネット・ビーチャー、「ダイヤモンド・ジム」のジョージ・シドニーその他で、カメラも「拾万ドル玉手箱」と同じくクライド・デ・ヴィナが受持った。

監督
J・ウォルター・ルーベン
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ウナ・マーケル エリック・リンデン ジュディス・バーレット

山の法律

  • 1937年公開
  • 出演(Horace_Bamber 役)

「科学者の道」「忘れじの歌」のジョセフィン・ハッチンスンと「大森林」「彼氏と女秘書」のジョージ・ブレントが主演する映画で、「大森林」のノーマン・ライリーレーンとルシー・ウォードとが協力して原作脚色し、「進め龍騎兵」「流行の女王」のマイケル・カーティズが監督に当たり、「青春の抗議」「Gガン」のアーネスト・ホーラーが撮影した。助演者は「海賊ブラッド」のガイ・キッビー、「バーレスクの王様」のモナ・バリー、「丘の一本松」のロバート・バラット及びファジー・ナイト、「東への道」のマーガレット・ハミルトン、「Gメン」のエドワード・ポーレー、「シスコ・キッド(1935)」のロバート・マクウェード、「明日は来らず」のエリザベス・リスドン等である。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ジョセフィン・ハッチンスン ジョージ・ブレント ガイ・キッビー モナ・バリー
1936年

海は桃色

  • 1936年公開
  • 出演(Elisha_J._Whitney 役)

「ミシシッピ」「1936年の大放送」のビング・クロスビーが「1936年の大放送」「恋と胃袋」のエセル・マーマンと「人生は42歳から」「風の接吻」のチャールズ・ラグルズと共に主演する映画で「パリは夜もすがら」に次ぐルイス・マイルストーン監督作品である。原作はハワード・リンゼイとラッセル・クラウズ合作の喜劇で、コール。ポーター他数名が作詞作曲にあたり「ロジタ(1936)」のリロイ・プリンツが按舞、「わたし貴婦人よ」「今宵は二人で」のカール・ストラッスが撮影した。助演者は「パリは夜もすがら」のアイダ・ルピノ、「ピストルと音楽」のダレイス・ブラッドリー、「愛と光」のアーサー・トリーチャー、ロバート・マクウェード等である。

監督
ルイス・マイルストーン
出演キャスト
ビング・クロスビー エセル・マーマン チャールズ・ラグルズ アイダ・ルピノ

海底の巨人

  • 1936年公開
  • 出演(Willard_Stone 役)

「バーバリー・コースト」のブライアン・ドンレヴィ、「カジノ・ド・パリ」「カリアンテ」のグレンダ・ファレル、「悪魔島脱出」「脱線僧正」のノーマン・フォスターが共演する映画で、J・ロバート・ブレンとノーマン・ヒューストンが協力して書き卸し、「可愛いオディ」に協力したルウ・プレスラウ、エドワード・エリスキュの2人組が更にジョン・パトリックと共同して脚色し、「洋上魔」のアラン・ドワンが監督にあたり、「丘の彼方へ」のバーニー・マクギルが撮影した。助演者は新人ヘレン・ウッド、「海は桃色」のロバート・マクウェード、セオドア・フォン・エルツ等である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ブライアン・ドンレヴィ グレンダ・ファレル ノーマン・フォスター ヘレン・ウッド

結婚設計図

  • 1936年公開
  • 出演(Frank_Carteret 役)

「月は我が家」「お人好しの仙女」のマーガレット・サラヴァン が主演する映画で、アースラ・パーロット作の小説に基づいて「盲目の飛行士」のメルヴィル・ベイカーが脚色し、「男子牽制」「舗道の雨」のエドワード・H・グリフィスが監督にあたり、「不在証明なき犯罪」「恐怖の夜」のジョセフ・ヴァレンタインが撮影したものである。相手役は「ローズ・マリイ(1936)」「妻と女秘書」のジェームズ・ステュアートと「輝ける百合」「花嫁は泣きました」レイ・ミランドで「一対二」のグラント・ミッチェル、「カレッジ・リズム」のロバート・マックウェイド、アンナ・デマトリオ、フローレンス・ロバーツ等が助演している。

監督
エドワード・H・グリフィス
出演キャスト
マーガレット・サラヴァン ジェームズ・スチュアート レイ・ミランド グラント・ミッチェル

15処女街

  • 1936年公開
  • 出演(John_Graves 役)

「人妻日記」「ダンテの地獄篇(1935)」のクレア・トレヴァーと「情無用ッ」「メトロポリタン(1935)」のシーザー・ロメロが主役を演じる映画で、ポール・バーガーの原作を「海底の巨人」のルウ・ブレスロウ及びジョン・パトリックが更にデイヴィッド・シルヴァスタインと協力して脚色し、「海底の巨人」「洋上魔」のアラン・ドワンが監督に当たり、「テンプルの福の神」「灯台守」のジョン・サイツが撮影した。助演者は「テキサス決死隊(1936)」のロイド・ノーラン、「大学の人気者」のダグラス・フォーリー、「花咲く頃」のレスター・マシューズ、「結婚設計図」のロバート・マクウェード、「嵐の三色旗」のラルフ・ハロルド等である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
クレア・トレヴァー セザール・ロメロ ダグラス・フォーリー ロイド・ノーラン

拾万ドル玉手箱

  • 1936年公開
  • 出演(Jolly 役)

「噫初恋」「猛獣師の子」のウォーレス・ビアリーが主演する映画で、ギャレット・スミスの大衆小説を「クレイグの妻」の作者たる劇作家ジョージ・ケリーが脚色し、「男性No.1」「港に異常なし」のJ・ウォルター・ルーベンが監督に当たり、「噫初恋」のクライド・デ・ヴィナが撮影したもの。助演者は「噫初恋」に恋人役で共演したエリック・リンデンとセシリア・バーカーを始め、「薔薇はなぜ紅い」のエリザベス・パターソン、「結婚設計図」のロバート・マクウェード、「海賊ブラッド」のドナルド・ミーク、子役キャロライン及びジュリア・パーキンス、デルマー及びハリー・ワトソン等である。

監督
J・ウォルター・ルーベン
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー エリック・リンデン セシリア・パーカー エリザベス・パターソン

花婿は漫遊病

  • 1936年公開
  • 出演(Frisbie 役)

「人生は四十二から」「風の接吻」に共演したチャールズ・ラグルズ、メアリー・ボーランドのチームが主演する喜劇で、俳優のルシエン・リツルフイールドとチャンドラー・スプレイグとが書き卸し、「あたいは町の人気者」のアーサー・コーバーが脚色にあたり、「珍芸騒動」「かぼちゃ大当たり」のノーマン・Z・マクロードが監督し、「かぼちゃ大当たり」のヘンリー・シャープが撮影した。助演は「浪費者」のジョージ・バービア、「女罠」のシドニー・ブラックマー、「襤褸と宝石」のゲイル・パトリック、「カレッジ・リズム」のロバート・マクウェード「人生は四十二から」のルシエン・リツルフイールド、「小公子」のヘレン・フリント等である。

監督
ノーマン・Z・マクロード
出演キャスト
メアリー・ボーランド チャールズ・ラグルズ ジョージ・バービア ロバート・マクウェード
1935年

シスコ・キッド(1935)

  • 1935年公開
  • 出演(Judge_Crawford 役)

「頑張れキャグニー」「太平洋攻防戦」と同じくロイド・ベーコンが監督したジェームズ・キャグニー主演映画で、「運ちゃん武勇伝」のウォーレン・ダフ、シートン・I・ミラーの脚色チームが協力して原作脚色したもの。撮影は「Gメン」「ゴールド・ディガース」のソル・ポリートの担任である。キャグニーを助けて「Gメン」「太平洋攻防戦」のマーガレット・リンゼイ、「国際列車第7号」「南風の恋歌」のリカルド・コルテス、「文無し長者」「その夜」のリリー・ダミタ、「Gメン」「黒地獄」のバートン・マクレーン、ドナルド・ウッズ、ジョージ・E・ストーン、アディスン・リチャーズ、フレッド・コーラー等が出演している。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー マーガレット・リンゼイ リカルド・コルテス リリー・ダミタ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・マクウェード