TOP > 映画監督・俳優を探す > マット・マクヒュー

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1963年 まで合計16映画作品)

1963年

帰って来た男

  • 1963年10月23日(水)
  • 出演(Harvey 役)

西部劇の数々を生んだソール・アーキンスの製作。「暗黒の恐怖」のエドナ・アンハルトのシナリオを「暴力部落」「死の谷」のリチャード・L・ベーアが演出した西部劇アクションもの。出演者は「二人でお茶を」「回転木馬」のゴードン・マックレー、「帰らざる河」のロリー・カルホーン、「ギャング紳士録」のジュリー・ロンドン。他にジャック・ホルト、フレッド・クラークなど。尚、撮影は、「地上最大のショー」ペヴァレル・マーレー、音楽は「果てしなき決斗」のデイヴィッド・バトルフが担当した。

監督
リチャード・L・ベーア
出演キャスト
ゴードン・マックレー ジュリー・ロンドン ロリー・カルホーン ジャック・ホルト
1938年

セニョ・リタ

  • 1938年
  • 出演(Joe 役)

「山は笑う」「ワイキキの結婚」のボッB・バーンズ及びマーサ・レイ、「北海の子」「ハリケーン(1937)」のドロシー・ラムーア、及び「干潮」「ホノルル航空隊」のレイ・ミランドが共演する映画で、原作は「ワイキキの結婚」を書卸したドン・ハーマン、フランク・バトラー組が執筆し、脚色には更にジョン・C・モフィットとデューク・アッテベリーが応援して4人で当り、新進のシオドア・リードが監督し、「写真の殺人」「スイング」のテッド・テズラフが撮影した。助演者は「百万ドル大放送」のティトー・ギザール、「マルコ・ポーロの冒険」のビニー・バーンズ、エルヴィラ・リオスその他で、サン・クリストバルのマリバム・バンドも出演する。

監督
シオアド・リード
出演キャスト
ドロシー・ラムーア ボブ・バーンズ マーサ・レイ レイ・ミランド
1937年

海の若人

  • 1937年
  • 出演(Heckler 役)

「間諜最後の日」「仇敵」のロバート・ヤング、「第七天国(1937)」「踊るアメリカ艦隊」のジェームズ・スチュアート、「豪華一代娘」「椿姫(1937)」のライオネル・バリモアが共演する映画で、ジョージ・ブルースが自作の小説を脚色し、「マルクス一番乗り」「人妻の戒律」のサム・ウッドが監督に当り、「15処女街」のジョン・サイツが撮影した。助演者は「仇敵」「男の魂(1935)」のフローレンス・ライス、「クレイグの妻」「恋の挽歌」のビリー・バーク、「ギャングの子」「殺したのは俺だ」のトム・ブラウン、「丘の彼方へ」のポール・ケリーその他である。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ロバート・ヤング ジェームズ・スチュアート ライオネル・バリモア フローレンス・ライス
1936年

幸福は空から

  • 1936年
  • 出演(Taxi_Driver 役)

「アメリカの恐怖」「ミシシッピ」のジョーン・ベネットと「この三人」「マンハッタン夜話」のジョール・マクリーが主演する映画で、ルイス・R・フォスターが自らの原作を「不在証明なき犯罪」のドリス・マロイと「やりくり宝船」のアール・スネルと協力脚色し、「舗道の青春」「青春の抗議」のアルフレッド・E・グリーンが監督に当たり、「不在証明なき犯罪」のジョゼフ・ヴァレンタインが撮影した。助演者は「少年G戦線」のヘンリー・アーメック、「姫君海を渡る」のアリソン・スキップワース、「痴人の愛」のレギノルド・デニー、舞台から招かれたエライシャ・クック・ジュニア、「小牧師(1934)」のアンディー・クライド、ナット・ペンドルトン、ドナルド・ミーク等である。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
ジョーン・ベネット ジョエル・マクリー エライシャ・クック・ジュニア アリソン・スキップワース

競馬虎の巻

  • 1936年
  • 出演(Steve_Brodie 役)

「ニューヨーク・ハリウッド」「乱暴選手」のエディ・クィランが主演する映画で、ジェリー・チョドロフとバート・グラネットの原作をゴードン・リグビーとジョセフ・フィールズが協力脚色し、「洞窟の女王」を共同監督したアーヴィング・ピチェルが監督に当たり「嵐の戦捷旗」のアーネスト・ミラーが撮影した。助演者は「玩具の国」のシャーロット・ヘンリー、「宝島(1934)」のチャールズ・チック・セール、「平原児」のジョン・ミルジャン「愛の花篭」のマージョーリー・ゲイストン等。

監督
アーヴィング・ピチェル
出演キャスト
エディ・クィラン シャーロット・ヘンリー チャールズ・チック・セール マージョリー・ゲイトソン

丘の彼方へ

  • 1936年
  • 出演(Const. Weller 役)

「情無用ッ」「東への道」のロチェル・ハドソンが主演し、「野性の叫び」のバックが活躍するジェームズ・オリヴァー・カーウッド原作のカナダ森林劇で、脚色は「これぞ幸運」のラマー・トロッティとアナィール・コマンディニが協力し、「殺人ホテル」のユージーン・フォードが監督にあたり「濁流」のバーニー・マクギルが撮影した。助演者は「深夜の星」のポール・ケリー、新人ロバート・ケント、「痴人の愛」のアラン・ヘール、「何が彼をそうさせたか」のアラン・ダインハート、アンドリュー・トームス、マット・マクヒウ等の面々である。

監督
ユージーン・フォード
出演キャスト
ロチェル・ハドソン ポール・ケリー ロバート・ケント アラン・ヘイル
1935年

夢の並木路

  • 1935年
  • 出演(Pete 役)

「晩春」「ダアク・エンゼル(1935)」のハーバート・マーシャルと「俺は善人だ」「男性No.1」のジーン・アーサーが主演する映画で、F・ヒュウ・ハーバートの原作を「深夜の星」のハワード・J・グリーンと「舗道の雨」のガートルード・パーセルが脚色し、「ロバータ」「世界一の金持ち娘」のウィリアム・A・サイターが監督に当たり、「ジャングルの怒り」のジョン・ステューマーが撮影した。助演者は「歌の翼」「ギャングの花嫁」のレオ・カリーロ、「ロイドの牛乳屋」のライオネル・スタンダー、「胡蝶となるまで」のアラン・エドワーズ、新顔のフリーダ・イネスコート、「猫眼石怪事件」のラルフ・ハロルド、ジーン・モーガン等である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ハーバート・マーシャル ジーン・アーサー レオ・カリーロ ライオネル・スタンダー

盲目の飛行士

  • 1935年
  • 出演(1st.Mechanic 役)

「男の世界」「その夜の真心」のマーナ・ローイが「お嬢様お耳拝借」「濁流」のケーリー・グラントと共に主演する映画で、ネル・シップマンとフィリップ・D・ハーンが書き下ろしたものを、デール・ヴァン・エヴァリーとE・H・ロビンスンが改作し、ジャック・カークランドとフランク・パートスが脚色し、「わたしのすべてを」「生の創め」のジェームズ・フラッドが監督に当たり、ウィリアム・C・メラーが撮影した。助演者は「特急20世紀」「或る夜の出来事」のロスコー・カーンス、「キャバレエの鍵穴」のホバート・カヴァナ、「カレッジ・リズム」のディーン・ジャガー、「濁流」のラッセル・ホプトンその他である。

監督
ジェームズ・フラッド
出演キャスト
マーナ・ローイ ケイリー・グラント ロスコー・カーンス ホバート・カヴァナ

バーバリー・コースト

  • 1935年
  • 出演(Broncho 役)

「虚栄の市(1935)」「世界一の金持ち娘」のミリアム・ホプキンスのサミュエル・ゴールドウィン・プロにおける第1回主演作品で、「俺は善人だ」「笑う巨人」のエドワード・G・ロビンソンと「白い友情」「世界一の金持ち娘」のジョエル・マクリーが共演する。監督は「特急二十世紀」「今日限りの命」のハワード・ホークスが任じ、脚本は「生きているモレア」「情熱なき犯罪」のベン・ヘクトとチャールズ・マッカーサーが協力して書き卸したもの。撮影は「台風」「宝島(1934)」のレイ・ジューンの担当。助演者は「Gウーマン」のブライアン・ドンレヴィ、劇作家・俳優のフランク・クレイヴン、「暁の爆撃」のクライド・クック、「轟く大地」のハリー・ケイリー、ウォルター・ブレナン等である。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ミリアム・ホプキンス エドワード・G・ロビンソン ジョエル・マクリー ウォルター・ブレナン
1934年

彼女は僕を愛さない

  • 1934年
  • 出演(Andy 役)

「恋と胃袋」「虹の都へ」のビング・クロスビーが「生活の設計」「南風」のミリアム・ホプキンソと共に主演する映画で、エドワード・ホープの小説とハワード・リンゼイの戯曲を素材として「恋の手ほどき(1933)」「坊やはおやすみ」のベンジャミン・グレイザーが脚色し「三角の月」「生の創め」のエリオット・ニュージェントが監督に当たり、「恋と胃袋」「あたしは別よ」のチャールズ・ラングが撮影している。助演者は「絢爛たる殺人」のキティー・カーライル、「可愛いマーカちゃん」のリン・オヴァーマン、「第三の恋」「新世紀」のエドワード・ヌージェント、「罪じゃないわよ」のウォーレン・ハイマー、「若草物語(1933)」のヘンリー・スティーブンソン、「かぼちゃ太夫」のジュディス・アレン、「ロイドの大勝利」のジョージ・バービア、「世界拳闘王」のヴィンス・バーネット、「妾は天使じゃない」のラルフ・ハロルドという顔触れである。

監督
エリオット・ニュージェント
出演キャスト
ビング・クロスビー ミリアム・ホプキンス キティー・カーライル エドワード・ヌージェント
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > マット・マクヒュー

ムービーウォーカー 上へ戻る