映画-Movie Walker > 人物を探す > マチルド・コモン

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1937年 まで合計19映画作品)

1937年

風雲児アドヴァース

  • 1937年2月公開
  • 出演(Cook_Gussippi 役)

ハーヴェイ・アレン作の長編小説の映画化で、「噫無情」「永遠の職場」のフレドリック・マーチが主役を勤める。脚色には「科学者の道」「異人種の争闘」のシェリダン・ギブニーがあたり、「支那ランプの石油」「母の素顔」のマーヴィン・ルロイが監督し「科学者の道」「支那ランプの石油」のトニイ・ゴーディオが撮影した。助演者は「海賊ブラッド」のオリヴィア・デ・ハヴィランドを始め、「科学者の道」のアルタ・ルイズ、「男装」のエドモンド・グウェン、「情熱なき犯罪」のクロード・レインズ、「晩春」のルイス・ヘイワード、ニューヨークシアター・ギルドのゲイル・ソンダーガード、「踊る海賊(1936)」のステフィ・デューナ、「白衣の天使」のビリー・モーチ及びドナルド・ウッズ、「将軍暁に死す」のエイキム・タミロフ、「愛と光」のラルフ・モーガン、「弾丸か投票か」のヘンリー・オニール及びジョージ・E・ストーン、その他多勢である。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
フレドリック・マーチ オリヴィア・デ・ハヴィランド エドモンド・グウェン クロード・レインズ
1936年

テンプルの福の神

  • 1936年当年公開
  • 出演(Ton'y_Wife 役)

「テンプルの愛国者」「テンプルの燈台守」と同じくシャーリー・テンプルの主演映画で、エリナー・ゲーツとラルフ・スペンスとのいくつかの物語に基づいて「テンプルの燈台守」のサム・ヘルマンおよびグラディス・レーマンがハリー・テュゲンドと協力して脚本を執筆、「ホワイト・パレード」「テンプルちゃんお芽出度う」のアービング・カミングスが監督した。助演者は「バーレスクの王様」「聖杯スター合戦」のアリス・フェイ・、「虎鮫島脱獄」「羅馬太平記」のグロリア・スチュアート、「花嫁は泣きました」「めりけん音頭」のジャック・ヘイリー、「五ツ児誕生」のマイケル・ウェーレン、「テンプルの燈台守」のセーラ・ヘイドン・ジェーン・ダーウェル、「虎鮫島脱獄」のクロード・ギリングウォーター等である。撮影は「テンプルの愛国者」「テンプルの燈台守」と同じくジョン・サイツの担任である。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
シャーリー・テンプル アリス・フェイ グロリア・スチュアート ジャック・ヘイリー

無限の青空

  • 1936年当年公開
  • 出演(Iama_Gini 役)

「太平洋攻防戦」「頑張れキャグニー」と同じくジェームズ・ウニーとバット・オブライエンが主役を演ずる映画で、新人ジューン・トラヴィス、「断固戦うべし」のスチュアート・アーウィン、「ギャングの家」のバートン・マクレーン、「影無き男(1934)」のヘンリー・ウォズウォース等が出演する。原作脚色は「海軍士官候補生(1933)」のフランク・ウィードで、監督は「バーバリー・コースト」「特急二十世紀」のハワード・ホウクス、撮影は「これがアメリカ艦隊」のアーサー・エディソンが当たっている。助演の面々はマーサ・ティベッツ、イザベル・ジュウェル、クレイグ・レイノルズ、リチャード・バーセル等。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー パット・オブライエン ジューン・トラヴィス スチュアート・アーウィン
1935年

逢瀬いま一度

  • 1935年当年公開
  • 出演(Carmen 役)

「巨星ジーグフェルド」「米国の機密室」のウィリアム・パウエルが主演する映画で、ウイリー・フォルスト作品「たそがれの維納」の英語版である。ウォルター・ライシュの脚本を「ある夜の特ダネ」のハーマン・J・マンキウィッチが翻案脚色し、「巨星ジーグフェルド」「ある夜の特ダネ」のロバート・Z・レナードが監督し、「極地の青春」「青春の抗議」のアーネスト・ホーラーが撮影した。助演者は「巨星ジーグフェルド」のルイゼ・ライナー、「我家の誇り」「巨星ジーグフェルド」のフランク・モーガン、「歓楽の女王」「巨星ジーグフェルド」ヴァージニア・ブルース、「野生の叫び」のレジナルド・オーウェン、「ウィーンの再会」のヘンリートラヴァース、「黒騎士」「私と女王様」のマディー・クリスチャンス、「忘れじの歌」のローラ・ホープ・クルーズの面々である。なお、音楽は「桑港」と同じくカペーとユルマンが編曲している。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
ウィリアム・パウエル ルイゼ・ライナー フランク・モーガン ヴァージニア・ブルース

ロマンス乾杯

  • 1935年当年公開
  • 出演(Viola 役)

かつて「パラマウント・オン・パレイド」に出演したニノ・マルティニが主演する映画で、「ホワイト・パレード」のアーネスト・パスカルがソニア・レヴィーンと共作した物語を自ら「昨日」のアーサー・リッチマンと協力脚色し、「生活と恋愛」のアルフレッド・E・グレーンが監督に当たり「ベビイお目見得」のL・ウィリアム・オコンネルが撮影した。助演者は「接吻とお化粧」のジュネヴィーヴ・トビン、「真夏の夜の夢」のアニタ・ルウイズ、世界的歌手エルネスチン・シューマン・ハインク夫人、バレエ踊り手マリヤ・ガムバレーリ、スペイン一流の民俗踊り手ヴィセンテ・エスクデロ、「痴人の愛」のレジナルド・デニー等が主なるものである。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
ニノ・マルティニ ジュヌヴィエーヴ・トバン アニタ・ルイズ マリヤ・ガムバレーリ
1931年

島の想い出

  • 1931年当年公開
  • 出演(Aunt_Resa 役)

「ニュウ・ムウン」「南方の放浪者」に次ぐローレンス・ティベット主演映画、「壁の中の声」等のC・ガードナー・サリヴァンと「南方の放浪者」「ロマンス」のベス・リンチが脚色し、「トレーダー・ホーン」「類人猿ターザン」のW・S・バン・ダイクが監督 に当たり、カメラは「類人猿ターザン」のハロルド・ロッソンが担当した。助演者は「異国の母」「翼破れて」のフーペ・ベレスを始め、「燃ゆる海原」のアーネスイト・タレンス、「河宿の夜」のジミイ・デューラント、「マタ・ハリ」のカレン・モーリーのほか、ルイズ・ファゼンダ及びヘール・ハミルトンという顔ぶれである。

監督
W・S・ヴァン・ダイク
出演キャスト
ローレンス・ティベット ルーペ・ヴェレス アーネスト・トーレンス ジミー・デューラント

青春来る(1931)

  • 1931年当年公開
  • 出演(Senora_Cortez 役)

「凸凹海軍の巻」「令嬢暴力団」の原作者ジョージ・マリオン・ジュニアが、モーリス・ベデル作の小説「モリノフ」からモティフを借りてストーリーを組み立て、「凸凹海軍の巻」「令嬢暴力団」の脚色者マリオン・ディックスが脚本にまとめ上げ、「青春倶楽部(1930)」と同じくロイド・コリガン、ノーマン・Z・マクロード両氏が共同監督した映画である。主演者は「青春倶楽部(1930)」「令嬢暴力団」のチャールズ・バディー・ロジャースで、助演者は「パリ選手」「若き翼」のスチュアート・アーウィン、「巴里選手」に抜擢されたフランセス・ディー、ウィリアム・オースティン、マチルド・コモン、ベティー・ボイド、イヴリン・ホールなど。撮影は「放浪の王者(1930)」「令嬢暴力団」のヘンリー・ジェラードが担任である。

監督
ロイド・コリガン ノーマン・Z・マクロード
出演キャスト
チャールズ・バディー・ロジャース スチュアート・アーウィン フランセス・ディー ウィリアム・オースティン
1930年

ロマンス(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(Vannucci 役)

「インスピレーション」「船出の朝」と同じくグレタ・ガルボの主演映画である。エドワード・シェルダンの筆になる舞台劇から「海魔」「月光の曲」のベス・メレディス、エドウィン・ジャスタス・メイヤーが協力して撮影台本を作り上げ、台詞を書き、「インスピレーション」「アンナ・クリスティ」のクラレンス・ブラウンが監督し、「緑の処女地」「仮染の唇」のウィリアム・ダニエルスがクランクしたもので助演者として「街の令嬢」「インスピレーション」のルイス・ストーン、「緑の処女地」のギャヴィン・ゴードン、「スポーツ王国」のエリオット・ニュージェント、フローレンス・レイク、クララ・ブランディックその他がつき合っている。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
グレタ・ガルボ ルイス・ストーン ギャヴィン・ゴードン エリオット・ニュージェント

海魔

  • 1930年当年公開
  • 出演(Mimba 役)

「ストリート・ガール」「うわさ」のウェズリー・ラッグルズが監督した映画で、出演者は「南海の白影」のケル・トレスと「砂漠の生霊」「南海の薔薇」のチャールズ・ビックフォードである。ドロシー・ヨーストの原作を「女の秘密」「恋多き女」のベス・メレディスとジョン・ホワード・ローソンが協力して映画劇に組み立てたもので、「若殿頑張る」「グレイト・ガッポ」のアイラ・モーガンが撮影を担任している。主演者を助けて「踊る娘達」「野生の蘭」のニルス・アスター、「スピードウェイ」のジョン・ミルジャン、、「エヴァンジェリン(1929)」のジョージ・F・マリオン、「ローズマリー(1928)」のギブソン・ゴウランド等が出演している。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ラクウェル・トレス チャールス・ビックフォード ニルス・アスター ジョージ・F・マリオン

肉体の呼ぶ声

  • 1930年当年公開
  • 出演(La_Rumbarita 役)

「異教徒」のトロシー・ファーナムの原作を、「ホィップ」「青空の覇者」のチャールズ・ブレイビンが監督したもの。俳優は「異教徒」「黎明の剣士」のラモン・ノヴァロが主演し、「黎明の剣士」のドロシー・ジョーダンと、「人罠」「密輸入者の恋」のアーネスト・タレンスが助演している。ルネ・アンドレー、ナンス・オニールも顔を出す。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ ドロシー・ジョーダン アーネスト・トーレンス ナンス・オニール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マチルド・コモン