TOP > 人物を探す > 岡本太郎

年代別 映画作品( 2006年 ~ 2019年 まで合計10映画作品)

2019年

LORO(ローロ) 欲望のイタリア

  • 2019年11月15日(金)
  • 日本語字幕

スキャンダルにまみれたイタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニをモデルに、「グランドフィナーレ」のパオロ・ソレンティーノ監督がメガホンを取った人間ドラマ。政敵に敗れ失脚したベルルスコーニは、怪物的な手腕で政権への返り咲きを虎視眈々と狙う。欲望を満たすためなら手段を選ばないベルルスコーニを「イル・ディーヴォ -魔王と呼ばれた男-」「グレート・ビューティー/追憶のローマ」などでソレンティーノ監督と組んできたトニ・セルヴィッロが演じる。また、ベルルスコーニの妻ヴェロニカに扮したエレナ・ソフィア・リッチは2019年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞、2018年ナストロ・ダルジェント賞の最優秀女優賞に輝いた。第31回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映作品(映画祭タイトル「彼ら」)。

監督
パオロ・ソレンティーノ
出演キャスト
トニ・セルヴィッロ エレナ・ソフィア・リッチ リッカルド・スカマルチョ カシア・スムトゥニアク
2016年

母よ、

  • 2016年3月12日(土)
  • 字幕

2015年の第68回カンヌ国際映画祭エキュメニカル審査員賞や数々の映画賞に輝いた、ナンニ・モレッティ監督による人間ドラマ。1人の女性映画監督の姿を通して、家族とは人生とは何かというテーマをユーモアを交えて描く。イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞を7度受賞のマルゲリータ・ブイが主演を務める。

監督
ナンニ・モレッティ
出演キャスト
マルゲリータ・ブイ ジョン・タトゥーロ ナンニ・モレッティ ジューリア・ラッツァリーニ
2014年

はじまりは5つ星ホテルから

  • 2014年2月1日(土)
  • 字幕

実在する数々の5つ星ホテルを舞台に、ホテルの覆面調査員が直面する人生の岐路を描くヒューマンドラマ。出演は、「題名のない子守唄」のマルゲリータ・ブイ、「ぜんぶ、フィデルのせい」のステファノ・アコルシ、「家族の庭」のレスリー・マンヴィル。監督・脚本は、「ダブルボディ」のマリア・ソーレ・トニャッツィ。

監督
マリア・ソーレ・トニャッツィ
出演キャスト
マルゲリータ・ブイ ステファノ・アコルシ レスリー・マンヴィル ファブリツィア・サッキ
2011年

やがて来たる者へ

  • 2011年10月22日(土)
  • 字幕

第二次世界大戦中の歴史的事件“マルザボットの虐殺”を少女の眼差しでとらえた、ドキュメンタリー出身のジョルジョ・ディリッティ監督による長編第2作。出演は「ボローニャの夕暮れ」のアルバ・ロルヴァケル、「夜よ、こんにちは」のマヤ・サンサ。

監督
ジョルジョ・ディリッティ
出演キャスト
マヤ・サンサ アルバ・ロルヴァケル エレオノーラ・マッツォーニ クラウディオ・カサディオ
2010年

ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い

  • 2010年4月10日(土)
  • 字幕

モーツァルトの名作『ドン・ジョヴァンニ』誕生の裏に隠された、劇作家ダ・ポンテの愛の物語。監督は「カルメン」のカルロス・サウラ。モーツアルトの作品を始めとした多数の名曲も劇中で演奏される。主演は「ストーン・カウンシル」のロレンツォ・バルドゥッチ。撮影は「ラストエンペラー」のヴィットリオ・ストラーロ。

監督
カルロス・サウラ
出演キャスト
ロレンツォ・パルドゥッチ リノ・グアンチャーレ エミリア・ヴェルジネッリ トビアス・モレッティ

カラヴァッジョ 天才画家の光と影

  • 2010年2月13日(土)
  • 字幕

16世紀のイタリアを代表する天才画家カラヴァッジョ。愛に情熱的で信念を貫き通す、そんな彼のローマ、ナポリ、シチリアなどイタリア流転の人生をドラマチックに描き出す。

監督
アンジェロ・ロンゴーニ
出演キャスト
アレッシオ・ボーニ クレール・ケイム ジョルディ・モリャ パオロ・ブリグリア
2007年

マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶

  • 2007年6月30日(土)
  • 日本語字幕

イタリア映画の黄金期を生きた名優マルチェロ・マストロヤンニをめぐるドキュメンタリー。大スターでありながら、常に少年のような純真さを保った彼の魅力に迫る。

監督
マリオ・カナーレ アンナローザ・モッリ
出演キャスト
バルバラ・マストロヤンニ キアラ・マストロヤンニ アルマンド・トロヴァヨーリ エットーレ・スコラ

ミルコのひかり

  • 2007年9月8日(土)
  • 字幕翻訳

盲目ながら、映画の音響デザイナーとして活躍するミルコ・メンカッチの少年時代の実話を映画化。希望を失わずに生きる主人公の姿がみずみずしく描かれる。

監督
クリスティアーノ・ボルトーネ
出演キャスト
ルカ・カプリオッティ シモーネ・グッリー アンドレア・グッソーニ アレサンドロ・フィオーリ

イタリア的、恋愛マニュアル

  • 2007年7月14日(土)
  • 字幕翻訳

イタリアで大ヒットしたオムニバス・ムービー。ある男女4組の姿を通し、恋、危機、浮気、別離という誰もが経験するであろう“恋愛”の瞬間の数々をコミカルに紡ぐ。

監督
ジョヴァンニ・ヴェロネージ
出演キャスト
シルヴィオ・ムッチーノ ジャスミン・トリンカ フランチェスコ・マンデッリ マルゲリータ・ブイ
2006年

トリノ、24時からの恋人たち

  • 2006年9月2日(土)
  • 日本語字幕

イタリアで大ヒットを記録した恋愛映画。孤独な映画マニア、彼の前に現れた女とその恋人。彼らが織り成す恋物語を古典映画へのオマージュをちりばめて活写する。

監督
ダヴィデ・フェラーリオ
出演キャスト
ジョルジョ・パゾッティ フランチェスカ・イナウディ ファビオ・トロイアーノ フランチェスカ・ピコッツァ

関連ニュース

太陽の塔がなんとロボットへと変身してしまう「超合金 太陽の塔のロボ Jr.」
芸術が爆発しすぎて○○に変身!? “太陽の塔”はフィギュアもアツい! 9月15日 15:30

話題の映画や映像作品から、思わず欲しくなるフィギュアをご紹介。今回は1970年に開催された大阪万博のシンボルとして建造され、万博のテーマである「人類の進歩と調和」を象徴した岡本太郎の代表作“太陽の塔”をフィーチャー。その…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 岡本太郎