映画-Movie Walker > 人物を探す > 藤山律子

年代別 映画作品( 1972年 ~ 2002年 まで合計6映画作品)

2002年

ひとりね

  • 2002年3月16日(土)公開
  • 出演

「秋桜(コスモス)」の奇才すずきじゅんいちが、妻である榊原るみを主演に迎えた異色ドラマ。孤独をテーマに、性の欲望にさいなまれる中年女性の姿を赤裸々に描き出す。

監督
すずきじゅんいち
出演キャスト
榊原るみ 米倉斉加年 高橋和也 余貴美子
1989年

文学賞殺人事件 大いなる助走

  • 1989年1月28日(土)公開
  • 出演(明美 役)

文学賞を受賞できなかった若い同人誌作家が、選考委員の作家たちを殺していく様子を描く。筒井康隆の小説『大いなる助走』の映画化で、脚本・監督は「塀の中のプレイ・ボール」の鈴木則文、共同脚本は「徳川の女帝 大奥」の志村正浩と「団鬼六 妖艶能面地獄(1988)」の掛札昌裕、撮影は「ドン松五郎の大冒険」の米原良次がそれぞれ担当。

監督
鈴木則文
出演キャスト
佐藤浩市 甲斐えつ子 石橋蓮司 泉じゅん
1974年

女番長 玉突き遊び

  • 1974年10月19日(土)公開
  • 出演(ユキ 役)

自由奔放に生きていく女番長グループの生態を描いたアクション映画。脚本は「極道VSまむし」の松本功、監督は「女番長 タイマン勝負」の関本郁夫、撮影は「まむしの兄弟 恐喝三億円」の鈴木重平と「極悪拳法」の古谷伸がそれぞれ担当。

監督
関本郁夫
出演キャスト
叶優子 白石襄 藤山律子 田島晴美

女番長 タイマン勝負

  • 1974年1月15日(火)公開
  • 出演(立花美和 役)

“女番長”シリーズ第六作目。姉を死にやった暴力団のボスへの復讐を胸に秘め、持ち前の度胸と根性で、弱肉強食の世界に生きる女番長を描く。脚本は「女番長 感化院脱走」の鴨井達比古と「恐怖女子高校 アニマル同級生」の志村正浩、監督は新人・関本郁夫、撮影は「現代任侠史」の古谷伸がそれぞれ担当。

監督
関本郁夫
出演キャスト
池玲子 衣麻遼子 藤山律子 須藤リカ
1973年

色魔狼

  • 1973年10月13日(土)公開
  • 出演(美女 役)

汚職の責めをかぶり自殺した父の復讐のために、頭脳的な詐欺や、情報入手に女たちを利用しながら、父を陥れた男たちに復讐していくバイタリティ溢れた男を描く。脚本は「不良番長 骨までしゃぶれ」の松本功、監督は「新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義」の降旗康男、撮影は「やくざと抗争」の稲田喜一がそれぞれ担当。

監督
降旗康男
出演キャスト
梅宮辰夫 藤巻潤 頭師孝雄 丹波哲郎
1972年

不良番長 骨までしゃぶれ

  • 1972年12月2日(土)公開
  • 出演(バンビ 役)

“不良番長”シリーズ16作目。今回は、数億円の密輸ダイヤをめぐって、カポネ団と暴力団と神出鬼没の女番長三人娘そして謎の女と四ツ巴の争奪合戦が繰りひろげられる。脚本は「昭和極道史」の松本功と山本英明の共同執筆、監督は「不良番長 一網打尽」の野田幸男、撮影も同作の山沢義一がそれぞれ担当。

監督
野田幸男
出演キャスト
梅宮辰夫 山城新伍 安岡力也 久保浩
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 藤山律子