映画-Movie Walker > 人物を探す > ラサール石井

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2018年 まで合計16映画作品)

2018年

生きる街

  • 2018年3月3日(土)公開
  • 出演(野田勇 役)

「ピンポン」や「パーマネント野ばら」などで圧倒的な存在感を放ってきた夏木マリ主演によるヒューマンドラマ。東日本大震災で夫を失った千恵子。離れて暮らす娘や息子とのすれ違いが続くなか、ある日、以前同じ町に住んでいた韓国人青年ドヒョンがやって来る。共演は「ユリゴコロ」の佐津川愛美、「青空エール」の堀井新太、韓国のロックバンドCNBLUEのイ・ジョンヒョン、「あさひなぐ」の岡野真也、「エキストランド」の吉沢悠。脚本を「アリーキャット」の清水匡と「捨てがたき人々」の秋山命が担当。監督は「アリーキャット」の榊英雄。

監督
榊英雄
出演キャスト
夏木マリ 佐津川愛美 堀井新太 イ・ジョンヒョン

星くず兄弟の新たな伝説

  • 2018年1月20日(土)公開
  • 出演(ドクター雅智 役)

1985年に公開された近田春夫原案×手塚眞監督によるロック・ミュージカル「星くず兄弟の伝説」から30年、同コンビが再タッグを組み復活。かつて“スターダスト・ブラザーズ”として一世を風靡したカンとシンゴは、再びスターになることを夢見て月世界へと旅立つ。出演は「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」の三浦涼介、「光と禿」の武田航平、「夏ノ日、君ノ声」の荒川ちか、「星くず兄弟の伝説」の高木完、久保田慎吾、ISSAY、「霊眼探偵カルテット」の藤谷慶太朗、「陽だまりの彼女」の夏木マリ、「八重子のハミング」の井上順。脚本は、手塚眞と「罪とか罰とか」のケラリーノ・サンドロヴィッチ。

監督
手塚眞
出演キャスト
三浦涼介 武田航平 荒川ちか ISSAY
2017年

スプリング、ハズ、カム

  • 2017年2月18日(土)公開
  • 出演

噺家の柳家喬太郎とE-girlsの石井杏奈が父子を演じ、第28回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品されたヒューマンドラマ。大学進学のため広島から上京して一人暮らしをすることになった璃子は、シングルファーザーの肇と部屋を探しに歩く。監督・脚本・編集は、「あかぼし」の吉野竜平。

監督
吉野竜平
出演キャスト
柳家喬太郎 石井杏奈 朴?美 角田晃広
2007年

やじきた道中 てれすこ

  • 2007年11月10日(土)公開
  • 出演(梅八 役)

古典落語の「てれすこ」などを下敷きに、弥次・喜多が珍道中を繰り広げる人情喜劇。歌舞伎の中村勘三郎が弥次、柄本明が喜多に扮し、小泉今日子演じる花魁と東海道を旅する。

監督
平山秀幸
出演キャスト
中村勘三郎 柄本明 小泉今日子 ラサール石井

パッチギ! LOVE&PEACE

  • 2007年5月19日(土)公開
  • 出演(三浦プロデューサー 役)

井筒和幸監督のヒット作「パッチギ!」の2年ぶりの続編。舞台を68年の京都から74年の東京に移してキャストも一新。在日韓国人一家と日本人の友情や恋を描いた感動ドラマ。

監督
井筒和幸
出演キャスト
井坂俊哉 西島秀俊 中村ゆり 藤井隆
2005年

ゲキ×シネ 髑髏城の七人(アオドクロ)

  • 2005年3月12日(土)公開
  • 出演(狸穴二郎衛門 役)

昨年秋、日生劇場で上演され4万人を動員した大ヒット舞台が、ライブ感たっぷりの映像で再生。劇団☆新感線ならではの歌あり、踊りありのど派手なステージが繰り広げられる。

出演キャスト
市川染五郎 鈴木杏 池内博之 高田聖子
2003年

ゲロッパ!

  • 2003年8月16日(土)公開
  • 出演(高井 役)

激辛映画批評でおなじみの井筒和幸監督が3年ぶりに放つ最新作。収監間際のヤクザの組長の夢を叶えるため、スターの誘拐を企てる子分たちの奮闘をユーモラスに描く。

監督
井筒和幸
出演キャスト
西田敏行 常盤貴子 山本太郎 岸部一徳
2000年

通貨と金髪

  • 2000年1月22日(土)公開
  • 出演(ホームの男 役)

金髪フェチの大学助教授の転落を描いたエロティック・コメディ。監督は「皆月」の望月六郎。脚本も望月監督が執筆。撮影を「なで肩の狐」の安藤庄平が担当している。主演は、「大いなる幻影」の諏訪太朗と映画初出演の木村衣里。尚、本作は「エロス」をテーマに5人の監督が手腕を競うプロジェクト「MOVIE STORM」の1本として製作された。VTR作品。ビデオプロジェクターによる上映。

監督
望月六郎
出演キャスト
諏訪太朗 木村衣里 ソフィア ラサール石井
1999年

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE

  • 1999年12月23日(木)公開
  • 出演(声)(両津勘吉 役)

コミックやテレビでお馴染みの亀有公園前派出所勤務の両津巡査長が、爆弾魔と悪徳企業を相手に大暴れする人情コメディ・アニメーション。監督は同作のテレビ・シリーズを手がけている高松信司で、本作が初の劇場用作品となった。117巻という驚異的な記録を持つ秋本治による同名コミックを下敷きに、「ザ・ヤクザ 炎の復讐」の大川俊道が脚本を執筆。撮影監督は清水泰宏が担当している。声の出演は「ガメラ2 レギオン襲来」のラサール石井。ゲスト・スターに「金田一少年の事件簿 上海魚人伝説」のともさかりえ。

監督
高松信司
出演キャスト
ラサール石井 ともさかりえ 伊東四朗 森尾由美
1996年

ガメラ2 レギオン襲来

  • 1996年7月13日(土)公開
  • 出演(NTT名崎送信所の職員 役)

おなじみ大怪獣ガメラと、宇宙からの異生物レギオンとの壮絶な戦いを描いたモンスター・パニック・ムービーの復活シリーズ第2弾。監督は前作「ガメラ 大怪獣空中決戦」を手がけ好評を博した金子修介。脚本も前作と同じく伊藤和典が担当し、撮影の戸澤潤一、特技監督の樋口真嗣など前作の主要スタッフが再び顔を揃えた。主演は「大失恋。」の水野美紀と「GONIN2」の永島敏行、「LUNATIC」の吹越満。また前作でデビューした藤谷文子が同じ浅黄役で再び出演するほか、長谷川初範、螢雪次朗、渡辺裕之らが前作と同じ役どころで顔を見せている。2016年7月9日より4Kデジタル復元版が劇場公開される。

監督
金子修介
出演キャスト
水野美紀 永島敏行 石橋保 吹越満

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ラサール石井