TOP > 人物を探す > フランク・ハグニー

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1954年 まで合計23映画作品)

1954年

ディミトリアスと闘士

  • 1954年10月27日(水)
  • 出演(School_Gurd 役)

「聖衣」の続篇としてフランク・ロス(「聖衣」)が製作したシネマスコープ1954年作品で「聖衣」のフィリップ・ダンの脚本を「機動部隊」のデルマー・デイヴスが監督した。撮影は「悪の花園」のミルトン・クラスナー、音楽は「炎と剣」のフランツ・ワックスマン。「聖衣」のヴィクター・マチュア、「真紅の女」のスーザン・ヘイワード、「聖衣」のマイケル・レニー、「炎と剣」のデブラ・パジェット、アン・バンクロフト、ジェイ・ロビンソンらが出演する。

監督
デルマー・デイヴィス
出演キャスト
ヴィクター・マチュア スーザン・ヘイワード マイケル・レニー デブラ・パジェット
1937年

武器密輸船

  • 1937年
  • 出演(Slum 役)

「ギャング爆発」「仮面の人(1937)」と同じくジョージ・オブライエン主演する映画で、前者と同じくユーイング・スコットが監督に当たったもの。ストーリーはラウール・ヘイグ少佐が書き下ろし、右記2映画に協力したダイン・ジャーレットがジェームズ・グルーエンと協力脚色した。助演者は新顔のコンスタンス・ワース、「鉄人対巨人」「銀翼の戦慄」のウィリアム・ホール、「フランケンシュタインの花嫁」のゲビン・ゴードン、ブランドン・イバンス、スタンリー・ブライストン等で、撮影は「ギャング爆撃」「仮面の人(1937)」のフランク・B・グッドの担任である。

監督
ユーイング・スコット
出演キャスト
ジョージ・オブライエン コンスタンス・ウォース ウィリアム・ホール ブランドン・エヴァンス

空爆決死行

  • 1937年
  • 出演(Gillie 役)

「大陸の快男児」「仮面の人(1937)」のジョージ・オブライエン主演映画で、後者を共同脚色したダン・ジャーレットとユーイング・スコットが協力して脚本を書卸し、「イグルウ」「第二回パード少尉南極探検」と同じくユーイング・スコットが監督に当たり、オブライエン映画専属のフランク・B・グッドが撮影した。助演者は「噫初恋」「拾万ドル玉手箱」のセシリア・パーカーを始め、「人生は四十二から」のモード・エバーン、「東への道」のチャールズ・ミドルトン、ジョー・ケイツ、フランク・マイラン等の面々である。

監督
ユーイング・スコット
出演キャスト
ジョージ・オブライエン セシリア・パーカー モード・エバーン ジョー・ケイツ
1936年

闘争の丘

  • 1936年
  • 出演(Malone 役)

「超速大陸闘争」「沿岸警備船」と同じくジョン・ウェインが主演する映画で、「魔の航空路」「国際探偵X9号」のジーン・ロジャースが相手役を演じている。ジャック・ロンドン作の小説を「西部の掟」のチャールズ・ローグが脚色し、「仮面の人(1937)」「大陸の快男児」のデイヴィッド・ハワードが監督に当たり、「西部の旋風」「山塞の荒鷲」のアーチー・スタウトが撮影した。助演者は子役トミー・バップ、「黒地獄」のワード・ボンド、「有閑火遊び」のフランク・シェリダン、エディ・ボーデン、ハリー・ウッド、ブライヤント・ウォッシュバーン等である。

監督
デイヴィッド・ハワード
出演キャスト
ジョン・ウェイン ジーン・ロジャース トミー・バップ エディ・ボーデン
1933年

恐怖の甲板

  • 1933年
  • 出演(The_Mate 役)

「追いつめられた女」のポール・H・スローンが監督した映画で、ロバート・プレスネルの原作を「二秒間」「モンテ・カルロの女」のハーヴェイ・シュウがマニュエル・セフと共同して脚色した。撮影は「歓呼の涯」「六月十三日の夜」のハリー・フィッシュベックの担任。出演者は「追いつめられた女」のジョン・ハリディ、「動物園の殺人」のチャーリ・ラッグルズ、「十三号室の女」のニール・ハミルトン、「戦時特務機関」のシャーリー・グレイ、「豪華船」のヴェリー・ティーズデール、「追いつめられた女」のジャック・ラルー、「ドクターX」のリーラ・ベネット、「競馬天国」のトーマス・ジャクソン、「獣人島」のスタンリー・フィールズ、ウィリアム・ジャニー等。

監督
ポール・H・スローン
出演キャスト
ジョン・ハリデイ チャールズ・ラグルズ ニール・ハミルトン シャーリー・グレイ
1932年

テキサスの若武者

  • 1932年
  • 出演(Simms 役)

ワーナー・ブラザーズ社の発売する第一回西部劇で、主役は「ビッグ・トレイル(1930)」「歓呼の涯」のジョン・ウェインが勤める。原作はゲネス・パーキンスが執筆し、スコット・メースンが脚色、フレッド・アレンが監督に当たり、ケン・メイナード西部劇を殆ど全部クランクしたデッド・マッコードが撮影している。相手女優は「インチキ兆倍」「選手の後に娘あり」のルース・ホールで、ヘンリー・B・ウォルソール、オーティス・ハーランが助演している。

監督
テッド・マッコード
出演キャスト
ジョン・ウェイン デューク ルース・ホール ヘンリー・B・ウォルソール

全米軍

  • 1932年
  • 出演(Hop_McComb 役)

「蹴球大学」「楽園の大河」のラッセル・マックが監督した蹴球映画で、全米国の有名な蹴球選手を網羅して出演させている。俳優では主役が「タッチダウン」「虎鮫」のリチャード・アーレンで「大空の闘士」のグロリア・スチュアート、「蹴球大学」「男子入用」のアンディ・デヴァイン、「ドクターX」「二秒間」のブレストン・フォスター、「米国撃滅艦隊」「歓呼の涯」のジェームズ・グリースン、「地獄の天使(1930)」のジョン・ダーロウ、「浮気合戦」のマーナ・ケネディ、ジューン・クライド、マーガレット・リンゼイ、エセル・クレイトン、アール・フォックス、ロバート・エリスその他が助演している。原作は「蹴球大学」「ボルネオの東」と同じくリチャード・スカイヤーとデール・ヴァンエヴリイの合作で、「太平洋爆撃隊」「大空の闘士」のフランク・ウィード少佐がフェルディナンド・ライハーと共同で脚色に当たった。撮影も「蹴球大学」「ボルネオの東」のジョージ・ロビンソンの担当である。

監督
ラッセル・マック
出演キャスト
リチャード・アーレン アンディ・デヴァイン グロリア・スチュアート ジェームズ・グリースン

空中飛行便の秘密

  • 1932年
  • 出演(Ma_on 役)

エラ・オノールのストーリーをベイジル・ディッキー、ジョージ・プリンプトン、ージ・モーガンの三人が脚色した連続映画で監督は「冒険島」のレイ・テイラー、撮影者はジョン・ヒックソン。主たる出演者は新進のジェームズ・フレイヴィン、「親父は若い」「街のをんな」のルシル・ブラウン、「高速度尖端娘」のホイーキラー・オークマン、フランク・ハグニー、ネルソン・マクドウェル、ブルウス・ミッチェル、アル・プレ、等である。

監督
レイ・テイラー
出演キャスト
ジェームズ・フレイヴィン ルシル・ブラウン ウィーラー・オークマン フランク・ハグニー

海底マラソン

  • 1932年
  • 出演(Holt's_manager 役)

「ブラウン野球虎の巻」と同じくロイド・ベーコンが監督したジョー・E・ブラウン主演喜劇で、ウィリアム・B・ドヴァーの原作を「母」「拳闘のキャグネー」のロバート・ロードがボルトン・マロリイと共同して脚色した。助演者は「劇場王ブラウン」「軟派ガール」のジンジャー・ロジャース、「ドクターX」「二秒間」のプレストン・フォスター、「曉の耕地」のシーラ・テリー、アワー・ギャング喜劇に居たファリーナ、「緑の処女地」のグィン・ウィリアムス、ハリー・グリボン、オスカー・アッフェル、エドウィン・マクスウェル等で、キャメラは「ドクターX」のリチャード・タワースの担任である。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン ジンジャー・ロジャース プレストン・フォスター シーラ・テリー
1931年

北海の漁火

  • 1931年
  • 出演(Big_Bill 役)

「砂漠の生霊」「嵐」のウィリアム・ワイラーの監督作品である。オリヴ・エデンスの原作から「蹴球大学」のデール・ヴァン・エヴァリー、「アパートの女」のジョン・B・クライマーが協力して脚色し、ジョン・ヒューストンが台詞を執筆し、「假の塒」のチャールズ・ステューマーが撮影に当たったもので、出演者は「戦争と貞操」「世界の英雄」のウォルター・フーストンを始め「ウォタルウ橋」のケント・ダグラス、「魔人ドラキュラ」のヘレン・チャンドラー、メアリー・フォイ、フランク・ハグニー、ロイド・イングレアム、チャールズ・ミドルトンなどの面々。

監督
ウィリアム・ワイラー
出演キャスト
ウォルター・ヒューストン ケント・ダグラス ヘレン・チャンドラー メアリー・フォイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > フランク・ハグニー