映画-Movie Walker > 人物を探す > オランプ・ブラドナ

年代別 映画作品( 1936年 ~ 1938年 まで合計4映画作品)

1938年

乙女の曲

  • 1938年当年公開
  • 出演(Stffi 役)

「世界の歌姫」「靴を脱いだ女」のジーン・レイモンドと「海の魂」「マドリッド最終列車」のオランプ・ブラドナが主演する映画で、「娘は否と言った」を監督したアンドリュー・L・ストーンが自らストーリーを書き、監督に当ったもので、脚本は「命を懸ける男」のイヴ・グリーンと「新天地」のフレデリック・ジャクスンが共同執筆した。助演者は「ハリウッドホテル」「踊る37年」のグレンダ・ファーレル、「拾三番目の椅子(1937)」「悪漢の町」のルイス・ストーン、「新天地」のボーター・ホール、「アリババ女の都へ行く」のダグラス・ダンブリルル、「北半球SOS」のジョセフ・ソーヤーその他で、キャメラは「明日は来らず」「シャムパン・ワルツ」のウィリアム・C・メラーの担当である。

監督
アンドリュー・L・ストーン
出演キャスト
ジーン・レイモンド オランプ・ブラドナ グレンダ・ファレル ルイス・ストーン
1937年

海の魂

  • 1937年当年公開
  • 出演(Babsie 役)

「平原児」「ベンガルの槍騎兵」のゲイリー・クーパーと「ボレロ」「親分はお人好し」のジョージ・ラフトが主演する映画で、「丘の一本松」「ベンガルの槍騎兵」のヘンリー・ハサウェイが監督に当たったもの。原作はテッド・レッサーが書き、「丘の一本松」のグローヴァ・ジョーンズと「さらば海軍兵学校」のデール・ヴァン・エヴァリーとが協力脚色した。助演者は「若草物語(1933)」のフランセス・ディー、「十字軍」のヘンリー・ウウィルコックスン、「マドリッド最終列車」のオランプ・ブラドナ、及びロバート・カミングス、「情熱への反抗」のハリー・ケイリー、「平原児」のポーター・ホール、等である。撮影は「真珠の首飾」のチャールズ・ラングと「当たり屋勘太」のメリット・B・ガースタッドが協力した。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
ゲイリー・クーパー ジョージ・ラフト フランセス・ディー ヘンリー・ウィルコクスン

マドリッド最終列車

  • 1937年当年公開
  • 出演(Maria 役)

「ジャングルの女王」「スイング」のドロシー・ラムーア、「写真の殺人」「嵐の戦捷旗」のルー・エイヤース、「あたしは別よ」のギルバート・ローランド、「黎明の丘(1937)」「爆破光線」のカレン・モーリー、「スペイン狂想曲」「再び逢う日」のライオネル・アトウィル、「ロイドの牛乳屋」のヘレン・マック、「麗人遁走曲」のロバート・カミングス、新顔のオランプ・ブラドナ、「スイング」のアンソニー・クイン、「パリで逢った男」のリー・ボウマンが共演する映画で、ポール・ハーヴェイ・フォックスとエルシー・フォックスとが共作したオリジナルを「Gウーマン」のルイス・スティーヴンスとロバート・ワイラーが協力脚色し、「夜霧の怪盗」のジェームズ・P・ホーガンが監督に当たり「医者の日記」のハリー・フィッシュベックが撮影した。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
ドロシー・ラムーア ルー・エイヤース ギルバート・ローランド カレン・モーリー
1936年

素晴らしき求婚(1936)

  • 1936年当年公開
  • 出演(Frenchy 役)

「恋と胃袋」のジョージ・マリオン・ジュニアが書き下ろし、バリー・トリヴァースが脚色に当たり、「放送豪華版」と同じくレイ・マッケリーが監督、ハリー・フィッシュベックが撮影したもの。主なる出演者は「将軍暁に死す」のウィリアム・フローリー、「真珠の首飾」のジョン・ハリデイ、「特急二十世紀」のロスコー・カーンス、「宝石と女賊」のエリザベス・パターソン、「海は桃色」のグレイス・ブラッドリー、「放送豪華版」のエリノア・ウィットニー、及びロバート・カミングス、子役ビリー・リーである。

監督
レイ・マッケリー メルヴィル・A・ショーアー
出演キャスト
エリノア・ウィットニー ロバート・カミングス ウィリアム・フローリー エリザベス・パターソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > オランプ・ブラドナ