映画-Movie Walker > 人物を探す > レオ・ロビン

年代別 映画作品( 1930年 ~ 1955年 まで合計32映画作品)

1955年

艦隊は踊る

  • 1955年7月31日(日)公開
  • 作詞

「皇太子の初恋」のジョー・パスターナクが1955年に製作したミュージカル映画。「アニーよ銃をとれ」のハーバート・フィールズ作・ヴィンセント・ユーマンス作曲のミュージカル・プレイから「皇太子の初恋」のソニア・レヴィーンとウィリアム・ルドウィグのティームが脚色し、「幌馬車隊」のロイ・ローランドが監督した。撮影は「掠奪された7人の花嫁」のジョージ・フォルシー、音楽監督は「皇太子の初恋」のジョージ・ストールである。出演者は「掠奪された7人の花嫁」のジェーン・パウエル、「マルクス兄弟 デパート騒動」のトニー・マーティン、「奥様は芳紀17才」のデビー・レイノルズ、「雨の朝巴里に死す」のウォルター・ピジョン、ヴィク・ダモン、ジーン、レイモンド、「踊る大紐育」のアン・ミラー、「あの高地を取れ」のラス・タンブリン、J・キャロル・ナイシュなど。

監督
ロイ・ローランド
出演キャスト
ジェーン・パウエル トニー・マーティン デビー・レイノルズ ウォルター・ピジョン
1953年

紳士は金髪がお好き(1953)

  • 1953年8月19日(水)公開
  • 音楽、作曲

「栄光何するものぞ」のソル・C・シーゲルが製作したテクニカラーのミュージカル・コメディ、1953年作品。1928年に映画化されたアニタ・ルーズの原作小説より、ルーズとジョセフ・フィールズが舞台用に書いた台本を、「死の接吻(1947)」のチャールズ・レデラーが脚色し、「果てしなき蒼空」のハワード・ホークスが監督した。撮影は「腰抜け 二挺拳銃の息子」のハリー・J・ワイルド、音楽監督は「ナイアガラ」のライオネル・ニューマンの担当。主演は「人生模様」のマリリン・モンローと「ならず者」のジェーン・ラッセルで、チャールズ・コバーン「パラダイン夫人の恋」、エリオット・リード、トミー・ヌーナン、ジョージ・ウィンスロウ、マルセル・ダリオらが助演する。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ジェーン・ラッセル マリリン・モンロー チャールズ・コバーン エリオット・リード
1949年

迷路

  • 1949年12月公開
  • 作詞

「望郷」として好評を博したデテクティヴ・アシェルベの「ペペ・ル・モコ」のハリウッドにおける2度目の映画化で、脚色には「新婚第一歩」のラディスラウス・ブス・フェケテとアーノルド・マノフが協力し監督には「初恋時代」のジョン・ベリィが当たった。撮影はアーヴィング・グラスバーグである。主役は「美人劇場」のトニー・マーティンで、彼はナット・C・ゴールドストーンと共にこの映画のプロデューサーで彼の歌を聞かせるのが主なので、音楽台本は「会議は踊る」のエリック・シャレルが書き、いくつかの歌曲はレオ・ロビン作詩、ハロルド・アーレン作曲である。我がスクリーンには初お目見得のイヴォンヌ・デ・カーロと、スエーデンから来たマルタ・トーレン、「毒薬と老嬢」のピーター・ローレがマーティンと共に主演し新顔のトーマス・ゴメス、「美しき被告」のダグラス・ディック、キャサリン・ダンハム等が助演する1948年度作品。

監督
ジョン・ベリー
出演キャスト
イヴォンヌ・デ・カーロ トニー・マーティン ペーター・ローレ マータ・トーレン
1948年

氷上の花

  • 1948年11月公開
  • 作詞

「銀嶺セレナーデ」「氷上乱舞」のソーニャ・ヘニー主演映画。脚色はアーサー・コーバー、リン・スターリング、リリー・ヘイワードが協力して書きおろし、「謎の下宿人」のジョン・ブラームが監督に当り、「荒野の決闘」のジョー・マクドナルドが撮影を監督した。歌曲はレオ・ロビン作詞、ナシオ・ハーブ・ブラウン作曲、音楽指揮はアルフレッド・ニューマンとチャールズ・ヘンダーソンである。ヘニーを助けて、「バーレクスの王様」のジャック・オーキー、最近「永遠のアンバー」に主演の新人コーネル・ワイルド、「運命の饗宴」のシーザー・ロメロ、「結婚スクラム」のキャロル・ランディス、「カサブランカ」のS・Z・サコールらが出演するほか、ウーディ・ハーマンとその管弦団が出演している。ウイルアム・ルバロン製作の1943年度作品。

監督
ジョン・ブラーム
出演キャスト
ソニヤ・ヘニー ジャック・オーキー セザール・ロメロ キャロル・ランディス

ガリバー旅行記(1939)

  • 1948年4月13日(火)公開
  • 音楽、作詞

18世紀英国の風刺文学作家ジョナサン・スイフトが1727年に著した「レミュエル・ガリバーの僻遠諸国旅行記」の第一部小人国リリパットの話しを漫画化したテクニカラー色彩映画で、エドモンド・シュワードが改作、自らダン・ゴードン、キャル・ハワード、テッド・ピアース、I・スパーバーと協力脚色し、「ポパイ」「ベティ・プープ」シリーズで知られているマックス・フライシャー、デイヴ・フライシャー兄弟が製作監督した1939年作品。なお王女グローリーの歌う歌はジェシカ・ドラゴネット、王子デイヴィッドの歌はラニー・ロスが夫々担当し、ラルフ・レインジャー、レオ・ロビンが主題歌を作詞作曲し、伴奏楽はヴィクター・ヤングが作曲指揮している。作画は11人の作画監督、34人のアニメーター、4人の背景作画家が担当し、チャールズ・シェットラーが撮影した。

監督
デイヴ・フライシャー
出演キャスト
Jessica Dragonette ラニー・ロス
1938年

100万ドル大放送

  • 1938年当年公開
  • 音楽

「1937年の大放送」に次いでの38年度の大放送もので、同じくミッチェル・ライゼンが監督に当っている。出演は「かぼちゃ太夫」「南瓜おやじ」のW・C・フィールズ、「ワイキキの結婚」「麗人遁走曲」のマーサ・レイ及びシャーリー・ロス、「北海の子」「ハリケーン(1937)」のドロシー・ラムーア、舞台・ラジオの人気俳優ボッブ・ホープ「画家とモデル(1937)」のベン・ブルー、「青春ホテル」のリーフ・エリクソン、リン・オヴァーマン、グレイス・ブラッドリー、ルーフ・デイヴィス等で、メトロポリタン・オペラのソプラノ歌手カーステン・フラグスタッド、メキシコのテナー、ティト・ギザール、シェップ・フィールズのリップリング・リズム管弦楽団が特別出演している。原作はフレデリック・ハズリット・ブレナンが書き、「山は笑う」のハワード・リンゼイ、ラッセル・クラウズ組が潤色、「ワイキキの結婚」「1937年の大放送」のウォルター・デレオン、フランシス・マーティン組とケン・イングランドが協力脚色に当った。作詞作曲はラルフ・レインジャー、レオ・ロビン組で、キャメラは「犯罪王」のハリー・フィッシュベック擔任。

監督
ミッチェル・ライゼン
出演キャスト
W・C・フィールズ マーサ・レイ ドロシー・ラムーア シャーリー・ロス
1937年

画家とモデル(1937)

  • 1937年当年公開
  • 音楽

「青春ホテル」「1937年の大放送」のジャック・ベニーが主演する音楽映画で、シッグ・ハージッグとジーン・サックレーの原作を「親分はお人好し」のイヴ・グリーン及びハーラン・ウェーアが書き改め、「ワイキキの結婚」のウォルター・デレオン及びフランシス・マーティンが脚色し、「美しき野獣」「浪費者」のラウール・ウォルシュが監督に当たり、「たくましき男」のヴィクター・ミルナーが撮影した。助演者は「歌へ陽気に」のアイダ・ルピノ、「三角の月」のリチャード・アーレン、「命を賭ける男(1937)」のゲイル・パトリック、「月を消しましょ」のベン・ブルー、ラジオ界の人気女優ジュディ・キャノーバ、「スイング」のセシル・カニンガム、新進のキャスリン・ケイ等で、その他ヨットクラブ・ボーイス、アンドレ・コステラネッツと管弦団、歌手としてのコニー・ボスウェル及びマーサ・レイ、新進のサンドラ・ストームが出演するほか人気画家六名、芸人多勢も顔を見せる。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
ジャック・ベニー アイダ・ルピノ リチャード・アーレン ゲイル・パトリック

海の魂

  • 1937年当年公開

「平原児」「ベンガルの槍騎兵」のゲイリー・クーパーと「ボレロ」「親分はお人好し」のジョージ・ラフトが主演する映画で、「丘の一本松」「ベンガルの槍騎兵」のヘンリー・ハサウェイが監督に当たったもの。原作はテッド・レッサーが書き、「丘の一本松」のグローヴァ・ジョーンズと「さらば海軍兵学校」のデール・ヴァン・エヴァリーとが協力脚色した。助演者は「若草物語(1933)」のフランセス・ディー、「十字軍」のヘンリー・ウウィルコックスン、「マドリッド最終列車」のオランプ・ブラドナ、及びロバート・カミングス、「情熱への反抗」のハリー・ケイリー、「平原児」のポーター・ホール、等である。撮影は「真珠の首飾」のチャールズ・ラングと「当たり屋勘太」のメリット・B・ガースタッドが協力した。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
ゲイリー・クーパー ジョージ・ラフト フランセス・ディー ヘンリー・ウィルコクスン

干潮

  • 1937年当年公開

「愛国者」「真紅の恋」に出演後英国ゴーモン・ブリティッシュの専属となっているオスカー・ホモルカ、「富豪一代」「愉快なリズム」のフランセス・ファーマーおよび「天使の花園」「夜霧の怪盗」のレイ・ミランドが主演するテクニカラー映画でロバート・ルイ・スチブンソン、ロイド・オスボーン合作の小説に基づいて「偽者紳士」「相寄る魂」のバートラム・ミルハウザーが脚本を書き、「マドリッド最終列車」「夜霧の怪盗」のジェームズ・P・ホーガンが監督に当たり、「パリで逢った男」「セイルムの娘」のレオ・トーバーと「虚栄の市(1935)」のレイ・レナハンとが協力撮影した。助演者は「犯罪王」「ニューヨークの顔役」のロイド・ノーラン、愛国アベイ劇場付きのバリー・フィッツジェラルドを始め、チャールズ・ジューデルス、デイヴィッド・トーレンス、チャールズ・スティーヴンス、リナ・バスケット等の面々である。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
オスカー・ホモルカ フランセス・ファーマー レイ・ミランド ロイド・ノーラン

スイング

  • 1937年当年公開

「春を手さぐる」「姫君海を渡る」と同じくキャロル・ロンバードとフレッド・マクマレイが主演する映画で、監督には「春を手さぐる」「一九三七年の大放送」のミッチェル・ライゼンが当たった。原作はジョージ・マンカー・ウォッタースとアーサー・ホプキンスが合作した戯曲で、「楽天伯爵」のヴアジニア・ヴァン・アップと「ショウ・ボート」のオスカー・ハマースタイン2世が協力脚色した。助演者は「ジャングルの女王」のドロシー・ラムーア、「愛と光」のチャールズ・バターウォース、「鉄人対巨人」のジーン・ディクソン、「セイルムの娘」のハーヴェイ・スティーブンス等である。撮影は「春を手さぐる」「姫君海を渡る」のデッド・テヅラフが担当した。

監督
ミッチェル・ライゼン
出演キャスト
キャロル・ロンバード フレッド・マクマレイ チャールズ・バターウォース ジーン・ディクソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レオ・ロビン