映画-Movie Walker > 人物を探す > ボリス・モロス

年代別 映画作品( 1936年 ~ 1965年 まで合計20映画作品)

1965年

FBIモスクワに潜入せよ

  • 1965年2月5日(金)
  • 原作

実在の二重スパイをボリス・モロスがチャールズ・サミュエルとともに書いた「逆スパイの10年間」をジョン・カフカとバージニア・シャラーが共同で脚色、「シーザーの黄金」のアンドレ・ド・トスが監督したスパイ・セミ・ドキュメント。撮影はチャールズ・ロートン・ジュニア、アルバート・ベニッツ、ゲイン・レシャー、ピエール・ボアンカルドらが共同で担当、音楽は「ミスタア・パルバー」のジョージ・ダニング。出演は「バルバ」のアーネスト・ボーグナイン、「惨殺」のカーウィン・マシューズ、TVのコリーン・デューハースト、アレクサンダー・スコービー、グレン・コーベットほか。

監督
アンドレ・ド・トス
出演キャスト
アーネスト・ボーグナイン カーウィン・マシューズ コリーン・デューハースト アレクサンダー・スコービー
1952年

カーネギーホール

  • 1952年1月25日(金)
  • 製作

音楽会場として世界的に著名なニューヨークのカーネギー・ホールと、同堂に関係の深い演奏家とを紹介する半ば記録的な劇映画。「運命の饗宴」のボリス・モロスと「ロッキーの春風」のウィリアム・ルバロンが挙動製作に当たった1947年作品である。シーナ・オウエンのストーリーからカール・カムが脚色、「地獄から来た男」のエドガー・G・ウルマーが監督に当たった。撮影はウィリアム・ミラー、音楽指導はジグモンド・クラムゴールド、指揮はチャールズ・プレヴィンが担当している。劇部分では「塵に咲く花」のマーシャル・ハント、「シラノ・ド・ベルジュラック」のウィリアム・プリンス、「猿人ジョー・ヤング」のフランク・マクヒュー、「未完成交響楽」のハンス・ヤーライが共演する。

監督
エドガー・G・ウルマー
出演キャスト
マーシャ・ハント ウィリアム・プリンス フランク・マクヒュー マーシャ・オドリスコル
1940年

天国2人道中

  • 1940年6月6日(木)
  • 製作

パラマウント音楽部長だったボリス・モロスの独立第1回作品で、「極楽オペレッタ」「極楽双児合戦」と同じくスタン・ローレル、オリヴァー・ハーディー主演喜劇である。脚本はローレル・ハーディー喜劇に常に参加しているチャールズ・バディー・ロジャースが、喜劇俳優ハリー・ラングドン、ラルフ・スペンス、アルフレッド・シラーと協力して書き卸し、「シャムパン・ワルツ」「ダイヤモンド・ジム」のエドワード・サザーランドが監督し、ローレル・ハーディー劇専属のアート・ロイドが撮影した。助演は「真紅の森」のジーン・パーカーその他である。ビデオタイトル「ローレル&ハーディの天国二人道中」。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー ジーン・パーカー レジナルド・ガーディナー

駅馬車(1939)

  • 1940年6月29日(土)
  • 音楽監督

「台風」「男の敵」「肉弾鬼中隊(1934)」のジョン・フォードがウォルター・ウェンジャー・プロで監督した映画で、雑誌コリアース掲載のアーネスト・ヘイコックスス作「ローズバーグへの駅馬車」に基づき、右記3映画と同じくダドリー・ニコルズが脚本を執筆した。出演者は「デッド・エンド」「15処女街」のクレア・トレヴァー、「ビッグ・トレイル(1930)」以降西部劇専門のジョン・ウェインを始め、「翼の人々」のアンディ・デヴァイン、「サブマリン爆撃隊」「台風」のジョン・キャラダイン、「コンドル(1939)」「台風」のトーマス・ミッチェル、「北海の子」のルイズ・プラット、「サブマリン爆撃隊」のジョージ・バンクロフト、「わが家の楽園」のドナルド・ミーク、「牧童と貴婦人」のバートン・チャーチル、「ステラ・ダラス(1937)」のティム・ホルト、「硝煙牧場」のトム・タイラその他である。撮影は「台風」「虎鮫島脱獄」のバート・グレノンが主宰している。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
クレア・トレヴァー ジョン・ウェイン アンディ・デヴァイン ジョン・キャラダイン
1938年

セニョ・リタ

  • 1938年
  • 音楽監督

「山は笑う」「ワイキキの結婚」のボッB・バーンズ及びマーサ・レイ、「北海の子」「ハリケーン(1937)」のドロシー・ラムーア、及び「干潮」「ホノルル航空隊」のレイ・ミランドが共演する映画で、原作は「ワイキキの結婚」を書卸したドン・ハーマン、フランク・バトラー組が執筆し、脚色には更にジョン・C・モフィットとデューク・アッテベリーが応援して4人で当り、新進のシオドア・リードが監督し、「写真の殺人」「スイング」のテッド・テズラフが撮影した。助演者は「百万ドル大放送」のティトー・ギザール、「マルコ・ポーロの冒険」のビニー・バーンズ、エルヴィラ・リオスその他で、サン・クリストバルのマリバム・バンドも出演する。

監督
シオアド・リード
出演キャスト
ドロシー・ラムーア ボブ・バーンズ マーサ・レイ レイ・ミランド

乙女の曲

  • 1938年
  • 音楽監督

「世界の歌姫」「靴を脱いだ女」のジーン・レイモンドと「海の魂」「マドリッド最終列車」のオランプ・ブラドナが主演する映画で、「娘は否と言った」を監督したアンドリュー・L・ストーンが自らストーリーを書き、監督に当ったもので、脚本は「命を懸ける男」のイヴ・グリーンと「新天地」のフレデリック・ジャクスンが共同執筆した。助演者は「ハリウッドホテル」「踊る37年」のグレンダ・ファーレル、「拾三番目の椅子(1937)」「悪漢の町」のルイス・ストーン、「新天地」のボーター・ホール、「アリババ女の都へ行く」のダグラス・ダンブリルル、「北半球SOS」のジョセフ・ソーヤーその他で、キャメラは「明日は来らず」「シャムパン・ワルツ」のウィリアム・C・メラーの担当である。

監督
アンドリュー・L・ストーン
出演キャスト
ジーン・レイモンド オランプ・ブラドナ グレンダ・ファレル ルイス・ストーン
1937年

ワイキキの結婚

  • 1937年
  • 音楽監督

「愉快なリズム」で顔を合わせたビング・クロスビー、ボブ・バーンズ及びマーサ・レイが、更に、「麗人遁走曲」のシャーリー・ロスを加えて共演する映画である。原作は「シャムパン・ワルツ」を共同脚色したフラング・バトラー、ドン・ハートマン二人組が共作し、更に「愉快なリズム」を共同脚色したウォルター・デレオン、フランシス・マーティン二人組と四人協力して脚色し、「青春ホテル」「今宵は二人で」のフランク・タトルが監督に当たり、「愉快なリズム」のカール・ストラッスが撮影した。助演者は「浪費者」のジョージ・バービア、「青春ホテル」のリーフ・エリクソン、グレイディ・サットン、ニック・ルカッツその他の面々である。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
ビング・クロスビー ボブ・バーンズ マーサ・レイ シャーリー・ロス

山は笑う

  • 1937年
  • 音楽監督

「愉快なリズム」「ワイキキの結婚」のコメディ・チーム、ボップ・バーンズとマーサ・レイが主演する映画で、マッキンレー・カンターの原作を「愉快なリズム」のジョン・C・モフィットがデューク・アテベリー、ラッセル・クラウズ、チャールズ・レデラーと協力脚色し、「犯罪王」「ハリウッド大通り」のロバート・フローリーが監督し、「愉快なリズム」「ワイキキの結婚」のカール・ストラッスが撮影した。助演者は「情熱への反抗」「空中非常線」のジョン・ハワード、新人女優テリー・ウォーカー、ヴォードヴィル芸人のルーフ・デイヴィス等である。

監督
ロバート・フローリー
出演キャスト
ボブ・バーンズ マーサ・レイ ジョン・ハワード テリー・ウォーカー

紐育の顔役

  • 1937年
  • 音楽監督

「愛怨二重奏」「ガルシアの伝令」のバーバラ・スタンウィックと「この三人」「幸福は空から」のジョエル・マクリーが主演する映画で「目撃者(1936)」「ある女の一生」のアルフレッド・サンテルが監督したもの。マックス・ブランドの原作を「四十二番街」のライアン・ジェームズがセオドア・リーヴスと協力脚色した。助演者は「テキサス決死隊(1936)」「無法地獄」のロイド・ノーランを始め「生きているモレア」のスタンリー・リッジス、「壁の穴(1929)」のバリー・マッカラム、新顔のリー・ボウマン、「ガラスの鍵」のアーヴィング・ベーコンその他の面々で、撮影は「一九三七年度の大放送」「青春ホテル」のテオドル・スパークールが担当した。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック ジョエル・マクリー ロイド・ノーラン スタンリー・リッジス

たくましき男

  • 1937年
  • 音楽監督

「ショウボート(1936)」「花嫁凱旋」のアイリーン・ダンが主演する映画で、「ショウボート(1936)」と同じくオスカーハンマーシタイン二世が脚本と歌詞を書き、ジェローム・カーンが作曲したもので、監督には「歌へ陽気に」「虚栄の市(1935)」のルーベン・マムーリアンが当たった。助演者は「ロバータ」「浮気名女優」のランドルフ・スコット、「スイング」「マドリッド最終列車」のドロシー・ラムーア、「浮気名女優」のエリザベス・パターソン、「結婚気象台」のレイモンド・ウォルバーン、「平原児」のチャールズ・ビックフォード、「将軍暁に死す」のエイキム・タミロフ及びウィリアム・フローリー、「月を消しましょ」のベン・ブルー等で、撮影は「平原児」のヴィクター・ミルナーと「親分はお人好し」のテオドル・スパークールの担任。

監督
ルーベン・マムーリアン
出演キャスト
アイリーン・ダン ランドルフ・スコット ドロシー・ラムーア エリザベス・パターソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ボリス・モロス