映画-Movie Walker > 人物を探す > ブランシュ・スウィート

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1930年 まで合計15映画作品)

1930年

銀鱗に躍る

  • 1930年当年公開
  • 出演(Queenie 役)

かつても映画化されたことのあるレックス・ビーチ原作のアラスカ小説「白銀の魚群」のトーキー化で、「火の翼」と同じくウォーレス・スミスが脚色して台詞を書き、ジョージ・アーチェンボードが監督に当たり、レオ・トーヴァーがカメラを受け持っている。出演者は「桃色の盗賊」「暗い部屋」のイヴリン・ブレント、「南海の却火」「火の翼」のジョエル・マクリー、「西部戦線異状なし」のルイス・ウォルハイム、「珍暗黒街」のジーン・アーサー、「戦時特務機関」のギャヴィン・ゴードン、「西部鉄拳王」のレイモンド・ハットン等である。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
イヴリン・ブレント ルイス・ウォルハイム ジョエル・マクリー レイモンド・ハットン

ハリウッド盛衰記

  • 1930年当年公開
  • 出演(Donna_Harris 役)

アリス・ホワイト嬢の第1回主演映画「高速度娘」の続編でJ・P・マッケヴォイ氏が特にホワイト嬢のために執筆した物語を「アンクル・トムス・ケヴィン」「恋のサーカス」のハーヴェイ・シュウ氏がジェームズ・A・スター氏と共同して脚色し、「レヴュー時代」「高速度娘恋愛合戦」のマーヴィン・ルロイ氏が監督し、「レヴュー時代」「愛欲の人魚」のソル・ポリート氏が撮影した。相手役は「闇の巷」「歓楽地帯」のジャック・マルホール氏が勤め、「外交」「世界の寵児」のブランシュ・スウィート嬢、「恋の花園」「紳士は金髪がお好き(1928)」のフォード・スターリング氏、ヴァージニア・セールル嬢、ジョン・ミルジャン氏等が助演している。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
アリス・ホワイト ジャック・マルホール ブランシュ・スウィート フォード・スターリング
1927年

身を焦がして

  • 1927年当年公開
  • 出演(Dolly_Wall 役)

アデラ・ロジャース・セント・ジョン女史の原作を、ガートルード・オール女史が脚色し、「風雲急を告ぐ」「地獄町四百丁目」と同じくジョン・グリフィス・レイ氏が監督した映画。主役は「世界の寵児」「動員一下」出演のブランシュ・スウィート嬢と「ある男の一生」「モダンガールと山男」出演のワーナー・バクスター氏とで、その他メアリー・マカリスター嬢、アルフレッド・アレン氏、クラーク・コムストック氏などが出演している。

監督
ジョン・グリフィス・レイ
出演キャスト
ブランシュ・スウィート ワーナー・バクスター ジェームズ・ウォン アルフレッド・アレン
1926年

外交

  • 1926年当年公開
  • 出演(Dora 役)

ヴィクトリエン・サルドウがサラ・ベルナアルのために作った舞台劇の一をベンジャミン・ブレーザー氏が現代化して脚色し「受難のテス」「スポーツの女神」等と同じくマーシャル・ニーラン氏が監督したもので、主役は前記二映画及び「海の洗礼」等出演のブランシュ・スウィート嬢が演じ、「沙漠颪(1926)」「ある乞食の話」等出演のニール・ハミルトン氏、「西部魂(1926)」「イスラエルの月」等出演のアルレット・マルシャル嬢を始、マット・ムーア氏、アール・ウィリアム氏、グスタフ・フォン・セイフェルティッツ氏、アーサー・エドモンド・カリュー氏、ジュリア・スウェイン・ゴードン嬢、上山草人氏等のオール・スター・キャストである。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ブランシュ・スウィート ニール・ハミルトン アルレット・マルシャル マット・ムーア
1925年

歓楽の舞姫

  • 1925年当年公開
  • 出演(Carla_King 役)

メイ・エジントン女史作の小説「終わりなき世界」を映画化したもので、「ダーク・エンゼル(1925)」「楽園の盗賊」と同じくフランセス・マリオン女史が脚色しジョージ・フィッツモーリス氏が監督した。主役は前記二映画出演のロナルド・コールマン氏と、「動員一下」「世界の籠児」等出演のブランシュ・スウィート嬢が勤め、ウァーナー社やユ社で今売り出しのジェーン・ウィントン嬢、「ステラ・ダラス(1925)」のベル・ベネット嬢、「アイアン・ホース」のシリル・チャドウィック氏等が共演する、素晴らしい役割の人情劇で、所々にテクニカラーが使用してある。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ブランシュ・スウィート ロナルド・コールマン ジェーン・ウィントン ベル・ベネット

スポーツの女神

  • 1925年当年公開
  • 出演(Lady_Gwendolyn 役)

ジェラルド・ボーモン氏作の小説をチャールズ・E・ウィティカー氏が映画的に改作しトム・ジェラティー氏が執筆した台本によって「受難のテス」「海の洗礼」等主演のブランシュ・スウィート嬢で、「ロモラ」「ステラ・ダラス(1925)」等出演のロナルド・コールマン氏と「奇跡の薔薇」「極光に踊る女」等出演のリュ・コディー氏が共演し、ジョージ・フォーセット氏ハンク・マン氏、ジョセフィン・クロウェル嬢、アーサー・ホイト氏等が助演している。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ブランシュ・スウィート ロナルド・コールマン ルー・コディ ジョセフィン・クロウェル

世界の寵児

  • 1925年当年公開
  • 出演(Juliet 役)

ブランシュ・メリル女史とポール・ショーフィールド氏とが合作した台本によって、「甘い親爺」「自動車恋愛」等と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したもので、「荒み行く女性」「動員日一下」等出演のベン・ライオン氏と「滅び行く民族」「ベラ・ドンナ」等出演のロイス・ウィルソン嬢とが出演し「動員一下」「海の洗礼」等出演のブランシュ・スウィード嬢、ルシー・フォックス嬢、ウィルフレッド・ライテル氏等が助演している。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
ロイス・ウィルソン ベン・ライオン ドロシー・セバスチャン サム・ハーディ
1924年

受難のテス

  • 1924年当年公開
  • 出演(Tess 役)

イギリスの文豪トーマス・ハーディー原作の「ダーバーヴィルのテス」に基いて、ドロシー・ファーナム女史が脚色し「ミニー」「富に群がる者」等と同じくマーシャール・ニーラン氏が監督したもので、主役は氏の夫人で「パレスの騎士」に出演したフランシュ・スウィート嬢と「真夏の狂乱」「嵐に散る花」等出演のコンラッド・ネーゲル氏である。その他「救いを求むる人々」出演のスチュアート・ホームズ氏やパラマウント映画でお馴染みのジョージ・フォーセット氏等も主要な役を演じている。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ブランシュ・スウィート コンラッド・ネーゲル スチュアート・ホームズ ジョージ・フォーセット
1923年

海の洗礼

  • 1923年当年公開
  • 出演(Anna_Christie 役)

米国第一流の劇作家ユージーン・オニール氏の傑作「アンナ・クリスティ」を故トーマス・H・インス氏総監督の下に映画化されたもので、脚色はブラッドリー・キング氏が担当し「女性を讃えよ」「巨象怒れば」等と同じくジョン・グリフィス・レイ氏が監督し、「受難のテス」「快男子ソーヤー」等主演のブランシュ・スウィート嬢がアンナに扮し、アンナの父親クリスには舞台に於いて同じくジョージ・マリオット氏が扮し、活劇俳優ウィリアムス・ラッセル氏がマットを演じて最初の性格演出を見せユージェニー・ベッセラー嬢がマーサを演ずる。

監督
ジョン・グリフィス・レイ
出演キャスト
ブランシュ・スウィート ジョージ・マリオン ウィリアム・ラッセル ユージェニー・ベッセラー

パレス

  • 1923年当年公開
  • 出演(Dolores_Mendoza 役)

「ホワイト・シスター(1923)」の原作者たるアメリカの小説家マリオン・クローフォード氏の書いた小説を、ジューン・メイシス女史が脚色しフォックス社で「巌窟王(1922)」「或る愚者有りき」「ラスト・トレイル」等を監督したエメット・J・フリン氏が監督したもの。主役は「快男子ソーヤー」等出演のブランシュ・スウィート嬢「沈黙の命令」等のエドモンド・ロウ氏「虚栄の市(1923)」等のホバート・ボスウォース氏「南海の情火」等のポーリン・スターク嬢「ロビン・フッド(1922)」等のサム・ド・グラッス氏等である。十六世紀のスペイン王廷を背景にした壯大なロマンスである。

監督
エメット・J・フリン
出演キャスト
ブランシュ・スウィート エドモンド・ロウ ホバート・ボスウォース ポーリン・スターク
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ブランシュ・スウィート