TOP > 人物を探す > 原保美

年代別 映画作品( 年 ~ 1988年 まで合計59映画作品)

1948年

武装警官隊

  • 1948年8月10日(火)
  • 出演(八木光男 役)

「夜の女たち」につぐ依田義賢の脚本を「彼と共に去りぬ」の小倉浩一郎、大曾根辰夫、服部幹夫が企画、演出、撮影を担当、出演者は「秘密(1948)」の原保美「男を裁く女」の徳大寺伸「美しき豹」の岡譲二(松竹映画十年ぶりの出演)「追跡者」の幾野道子「それでも私は行く」の佐伯秀男に山口勇、星ひかるの実弟青山宏の他流行歌手の田端義夫(M・S・C)が「踊り子劇場」についで特別出演する。

監督
大曾根辰夫
出演キャスト
岡譲司 原保美 徳大寺伸 幾野道子

秘密(1948)

  • 1948年4月25日(日)
  • 出演(浅井 役)

「愛情十字路」についで柳井隆雄が製作、脚色を担当し、「消えた死体」につぐ瑞穂春海の原作・監督。撮影の布戸章、録音の新楠元、音楽の仁木他喜雄も全て「消えた死体」の協同者である。主演は「それでも私は行く」「愉快な仲間(1947)」の原保美、「金色夜叉(1948)」「酔いどれ天使」の木暮実千代、「リラの花忘れじ」の井川邦子、「誘惑(1948)」の神田隆らである。

監督
瑞穂春海
出演キャスト
原保美 木暮実千代 井川邦子 神田隆
1947年

愉快な仲間(1947)

  • 1947年12月30日(火)
  • 出演(片岡直次郎 役)

「長崎物語」につぐ小倉浩一郎の企画。脚本は「淑女とサーカス」「シミキンの拳闘王」「長崎物語」の斎藤良輔で「淑女とサーカス」につぐマキノ正博監督の正月作品。カメラは「女優須磨子の恋」「淑女とサーカス」の三木滋人が担当する。主演は「象を喰つた連中」「非常線(1947)」「それでも私は行く」の原保美「非常線(1947)」「婦人警察官」「それでも私は行く」の月丘夢路(MSC)で、それに「新馬鹿時代」の古川緑波「誰か夢なき」「幸福への招待」の大河内傳次郎(新東宝)、「生活の樹」「長崎物語」の折原啓子(大映)、「リラの花忘れじ」の村田知英子、その他花菱アチャコ(吉本)、藤井貢、河村黎吉などが共演する。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
原保美 月丘夢路 花菱アチャコ 高田稔

それでも私は行く

  • 1947年11月23日(日)
  • 出演(梶鶴雄 役)

清水浩美の第一回企画の織田作之助の原作を「街の野獣」「裁かれる愛情」「激怒」の柳川真一が脚色、「朗らか週間 抓って頂戴」「モデルと若様」の高木孝一が監督する。クランクは「モデルと若様」「猿飛佐助忍術千一夜」の竹野治夫が担当。「処女は真珠の如く」「象を喰つた連中」「非常線(1947)」の原保美の他、沢村貞子が久々に出演する。「バラ屋敷の惨劇」「非常線(1947)」「婦人警察官」の月丘夢路、「看護婦の日記」の見明凡太郎「処女は真珠の如く」「女優須磨子の恋」の朝霧鏡子らが助演。

監督
高木孝一
出演キャスト
原保美 沢村貞子 月丘夢路 藤井貢

非常線(1947)

  • 1947年5月13日(火)
  • 出演(弟千代太 役)

「バラ屋敷の惨劇」の沢村勉の脚本を「待ちぼうけの女」「のんきな父さん」のマキノ正博が演出する。撮影の三木滋人は「歌麿をめぐる五人の女(1946)」「満月城の歌合戦」のカメラマン。出演者はMSCの月丘夢路、楠かほる、轟夕起子の他、「地獄の顔」の水島道太郎、月丘千秋、「わが恋せし乙女」の原保美、斎藤達雄、見明凡太朗(大映)、佐伯秀男、田端義夫(MSC)ら。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
斎藤達雄 月丘夢路 椿三四郎 武田竜

処女は真珠の如く

  • 1947年6月17日(火)
  • 出演(兄進 役)

「待ちぼうけの女」「お光の縁談」「結婚(1947)」等の新藤兼人と新人光畑碩郎の協同脚本を、「愛の先駆者」「お光の縁談」(池田忠雄と協同)の中村登監督の本年度第一回作品。撮影は「愛の先駆者」「お光の縁談」「象を喰つた連中」の生方敏夫が当る。「金ちやんのマラソン選手」の幾野道子、「象を喰つた連中」の原保美と朝霧鏡子、「深夜の市長」の空あけみらが出演。

監督
中村登
出演キャスト
幾野道子 原保美 朝霧鏡子 坂本武

象を喰つた連中

  • 1947年2月11日(火)
  • 出演(馬場 役)

戦前「暖流」「花」などを発表、昨年復員した吉村公三郎の帰還第一回監督作品。「人生画帖」「金ちやんのマラソン選手」の斎藤良輔と「お光の縁談」で監督に転向した池田忠雄の共同脚本。撮影は「女性の勝利」「愛の先駆者」「お光の縁談」などの生方敏夫。なお植田曜子は本映画が初出演である。

監督
吉村公三郎
出演キャスト
横尾泥海男 植田曜子 神田隆 村田知栄子
1946年

わが恋せし乙女

  • 1946年10月29日(火)
  • 出演(兄甚吾 役)

「大曽根家の朝」に次ぐ木下恵介の演出作品。

監督
出演キャスト
原保美 井川邦子 勝見庸太郎 東山千栄子

爆進

  • 出演(息子一郎 役)

製作は「一寸法師(1948)」の小倉浩一郎、「一寸法師(1948)」に次ぐ沢村勉の脚本を「われ泣きぬれて」の芦原正が演出する。カメラはベテラン伊佐山三郎の担当。「五人の目撃者」の小杉勇「武装警官隊」の原保美「肖像」の菅井一郎「偉大なるX」の津島恵子「肖像」の藤原釜足「夜の女たち」で不良少年にふんした青山宏が出演する。

監督
芦原正
出演キャスト
小杉勇 原保美 菅井一郎 吉川満子

原保美の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 原保美