TOP > 映画監督・俳優を探す > 桜緋紗子

年代別 映画作品( 1953年 ~ 1988年 まで合計3映画作品)

1988年

さくら隊散る

  • 1988年4月30日(土)
  • 出演(証言者 役)

昭和20年8月6日、広島で原爆のため命を落とした移動演劇隊「櫻隊」の九人の演劇人の足跡を再現ドラマと縁の人々の証言で描くドキュメンタリー。江津萩枝原作のルポルタージュ『櫻隊全滅』の映画化で、脚本・監督は「ハチ公物語」(脚本のみ)の新藤兼人、撮影は、「落葉樹」の三宅義行がそれぞれ担当。

監督
新藤兼人
出演キャスト
古田将士 未来貴子 八神康子 川島聡互
1954年

春琴物語

  • 1954年6月27日(日)
  • 出演(みや 役)

谷崎潤一郎の小説「春琴抄」から、「山椒大夫」の八尋不二が脚色し、「番町皿屋敷 お菊と播磨」の伊藤大輔が監督する。撮影は「春雪の門」の山崎安一郎が、音楽は「足摺岬」の伊福部昭が夫々担当する。出演者は「或る女」の京マチ子、「山椒大夫」の花柳喜章、「こんな美男子見たことない」の船越英二、「晩菊」の杉村春子に、青山杉作、進藤英太郎などで、語り手の老女の声は東山千栄子である。

監督
伊藤大輔
出演キャスト
京マチ子 間野聡代 石野千恵子 桜緋紗子
1953年

親分の青春

  • 1953年1月15日(木)
  • 出演(俊子 役)

東京映画目黒スタジオ作品で製作は「春の囁き」の加藤譲雑誌オール読物掲載の林房雄原作『鑵詰結婚事件』から「ハワイの夜」の松浦健郎が脚本を書き、村田武雄が監督、撮影は「浮雲日記」の山崎一雄。出演者は「春の囁き」の二本柳寛、「底抜け青春音頭」の清川虹子、「夫婦」の木匠マユリに久しぶりの桜緋紗子や徳川夢声などである。

監督
村田武雄
出演キャスト
二本柳寛 清川虹子 木匠マユリ 加藤春哉

桜緋紗子の関連人物

杉村春子  飯田弘子  石野千恵子  間野聡代  青山杉作 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/31更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 桜緋紗子

ムービーウォーカー 上へ戻る