映画-Movie Walker > 人物を探す > じんのひろあき

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2010年 まで合計10映画作品)

2010年

おまえ うまそうだな

  • 2010年10月16日(土)公開
  • 脚本

宮西達也の人気絵本「ティラノサウルス・シリーズ」を映画化した感動アニメ。草食恐竜に育てられた凶暴な肉食恐竜ティラノサウルスの主人公と、彼を父親だと思い込む草食恐竜の子供との交流を描く心温まるストーリー。草食恐竜の子供ウマソウ役を加藤清史郎、肉食恐竜の育ての母親役を原田知世が演じている。

監督
藤森雅也
出演キャスト
原田知世 加藤清史郎 山口勝平 別所哲也
2001年

天使の火遊び

  • 2001年6月2日(土)公開
  • 監督、製作、脚本、撮影、編集

「櫻の園」の脚本家・じんのひろゆき監督のファンタジー。架空の街“東京24番目の区、桃宿”を舞台に不思議な少女たちの群像劇を、フルデジタル合成による独創的な映像で描く。

監督
じんのひろあき
出演キャスト
前田綾花 田辺奈央 加藤奈緒美 坪井一広
1998年

もう、ひとりじゃない

  • 1998年1月24日(土)公開
  • 監督、脚本

多重人格症の男女が繰り広げる騒動を描いたコメディ。監督・脚本は「月より帰る」のじんのひろあき。撮影を松宮龍也が担当している。主演は舞台出身の長谷川圭と「エコエコアザラクIII」の佐伯日菜子、「修羅之介斬魔剣 妖魔伝説」の今村理恵。キネコ。

監督
じんのひろあき
出演キャスト
長谷川圭 今村理恵 佐伯日菜子 ラブリー北村
1996年

勝手にしやがれ!! 成金計画

  • 1996年9月7日(土)公開
  • 脚本

偶然手に入れたヘロインを巡ってのドタバタ騒動を描く、雄次と耕作の便利屋コンビによるシリーズ第5弾。監督は「DOORIII」の黒沢清。脚本は黒沢と「月より帰る」のじんのひろあきの共同。撮影は「「物陰に足拍子」より MIDORI」の喜久村徳章が手掛けている。主演はおなじみの哀川翔と前田耕陽で、今回のマドンナは“Wink”の活動停止宣言後初の映画出演となる鈴木早智子。

監督
黒沢清
出演キャスト
哀川翔 前田耕陽 鈴木早智子 塩野谷正幸
1994年

月より帰る

  • 1994年12月10日(土)公開
  • 監督、脚本、企画、撮影、人生相談室デザイン

「ノーライフキング」や「櫻の園」のシナリオ・ライターとして知られるじんのひろあきが、自身の主宰する劇団″マントル・マリン・シアター″の役者を起用して初監督したSF作品。16ミリ。

監督
じんのひろあき
出演キャスト
満田幸一郎 高橋祐子 菅原務 石川秀樹
1991年

12人の優しい日本人

  • 1991年12月14日(土)公開
  • 企画

もし日本にも陪審員制度があったらという仮定に基づいて、ある殺人事件の審議に奮闘する12人の陪審員の姿をユーモラスに描く。東京サンシャインボーイズによる同名戯曲の映画化で、脚本は同劇団主宰の三谷幸喜が執筆。監督は「櫻の園」の中原俊。撮影監督は「風の国」の高間賢治がそれぞれ担当。

監督
中原俊
出演キャスト
塩見三省 相島一之 上田耕一 二瓶鮫一
1990年

櫻の園(1990)

  • 1990年11月3日(土)公開
  • 脚本

毎年創立記念日にチェーホフの「櫻の園」を上演する女子高演劇部を舞台に、それに携わる少女たちの開演までの2時間の出来事を描く。吉田秋生原作の同名漫画の映画化で、脚本は「ノーライフキング」のじんのひろあきが執筆。監督は「猫のように」の中原俊。撮影は「君は僕をスキになる」の藤沢順一がそれぞれ担当。

監督
中原俊
出演キャスト
中島ひろ子 つみきみほ 白島靖代 宮澤美保
1989年

ノーライフキング

  • 1989年12月16日(土)公開
  • 脚本

呪われたゲームソフト「ライフキングの伝説IV」をめぐって成長してゆく少年の姿を描く。いとうせいこう原作の同名小説の映画化で、脚本は「童貞物語4 ボクもスキーに連れてって」のじんのひろあきが執筆、監督は「会社物語 MEMORIES_OF_YOU」の市川準、撮影は「花物語」の丸池納がそれぞれ担当。

監督
市川準
出演キャスト
高山良 原田慎也 山崎康平 大友大輔

童貞物語4 ボクもスキーに連れてって

  • 1989年9月16日(土)公開
  • 脚本

スキーの好きな高校生男女6人の恋模様を描く。原作は学研「MOMOCO」の「童貞物語」で、シリーズ第4弾。脚本は「ラスト・キャバレー」のじんのひろあき、監督は「聖熟女」の廣木隆一、撮影は「菊池エリ 巨乳責め」の遠藤政史がそれぞれ担当。主題歌は、大西結花(「好きにして」)。

監督
廣木隆一
出演キャスト
大西結花 南渕一輝 白石美樹 林泰文
1988年

ラスト・キャバレー

  • 1988年4月23日(土)公開
  • 脚本

都市開発のため経営不振に陥ったキャバレーを舞台に、経営の父親の苦悩と娘の自立を描く。脚本はじんのひろあきが執筆。監督は「1999年の夏休み」の金子修介、撮影は同作の高間賢治がそれぞれ担当。

監督
金子修介
出演キャスト
かとうみゆき 大地康雄 渡辺航 橋本杏子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > じんのひろあき