映画-Movie Walker > 人物を探す > 佐藤好春

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2016年 まで合計6映画作品)

2016年

シンドバッド

  • 2016年5月14日(土)公開
  • 総作画監督、キャラクターデザイン

『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』と『シンドバッド 魔法のランプと動く島』のダイジェスト版に完全新作のエピソードを加えた長編アニメ。魔法族の姫サナとの出会いを機に、冒険の旅に出るシンドバッドの活躍が描かれる。「未来少年コナン」の日本アニメーションと『STAND BY ME ドラえもん』の白組がアニメーション制作を手がける。

監督
宮下新平
出演キャスト
村中知 田辺桃子 永澤菜教 宮澤正

シンドバッド 魔法のランプと動く島

  • 2016年1月16日(土)公開
  • 総作画監督、キャラクター・デザイン

船乗りを夢見る少年シンドバッドが仲間たちと共に不思議な冒険を繰り広げる劇場オリジナルアニメ3部作の第2弾。魔法族を求めて大海原に乗り出したシンドバッドは、嵐で損傷した船を修理するため島に上陸するがそこは大地が動く謎の島だった……。声の出演は『ワールドトリガー』の村中知、「1/11 じゅういちぶんのいち」の田辺桃子、「キズナ一撃」の宮澤正、「想いのこし」の鹿賀丈史。日本アニメーション40周年記念作品。

監督
宮下新平
出演キャスト
村中知 田辺桃子 宮澤正 青山穣
2015年

シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島

  • 2015年7月4日(土)公開
  • 総作画監督、キャラクターデザイン

古くから何世紀にも渡り語り継がれ、数多くの映像化作品を生んだ物語集『アラビアンナイト(千夜一夜物語)』のうち、船に乗り世界各地で珍しい体験をするシンドバッドの冒険譚を映画化。フジテレビ系列で放映されていたテレビアニメ『世界名作劇場』シリーズや『ちびまる子ちゃん』を手がけた日本アニメーションがアニメーション制作を手がけている。監督は「ドラえもん のび太の恐竜2006」に演出として参加した宮下新平。作画およびキャラクターデザインを「となりのトトロ」の佐藤好春が、脚本を「紙の月」の早船歌江子が担当。企画・プロデュースには「STAND BY ME ドラえもん」の白組も加わっている。日本アニメーション創業40周年記念作品。

監督
宮下新平
出演キャスト
村中知 田辺桃子 永澤菜教 宮澤正
1997年

フランダースの犬(1997)

  • 1997年3月15日(土)公開
  • 作画監督、キャラクター・デザイン

75年にフジテレビ『世界名作劇場』で放送され多くの視聴者に感動を与えた、少年ネロと愛犬パトラッシュの友情を描いた物語『フランダースの犬』を、構想も新たに劇場版としてリメイクした長編アニメーション。監督は『世界名作劇場』で同作の演出をつとめていた黒田昌郎。ウィーダの原作を、多くのテレビ・アニメの脚本を手掛けている丸尾みほが脚色した。

監督
黒田昌郎
出演キャスト
津村まこと 丹下桜 八木光生 山本圭
1991年

おもひでぽろぽろ

  • 1991年7月20日(土)公開
  • 作画監督

人生の節目を迎えた27歳の女性が小学校のころの自分を思い出しながら、田舎の人々と自然に触れ、自らの生き方を見つけていくまでを描く。岡本螢、刀根夕子原作の同名コミックの映画化で、「魔女の宅急便」の宮崎駿がプロデュース。脚本・監督は「火垂るの墓」の高畑勲。作画監督は「魔女の宅急便」の近藤喜文、近藤勝也、佐藤好春が共同でそれぞれ担当。

監督
高畑勲
出演キャスト
今井美樹 本名陽子 柳葉敏郎 伊藤正博
1988年

となりのトトロ

  • 1988年4月16日(土)公開
  • 作画監督

田舎に引っ越してきた子供たちと、そこに住むオバケたちの心のふれあいを描くアニメ。原作・脚本・監督は「天空の城ラピュタ」の宮崎駿で、作画監督は佐藤好春がそれぞれ担当。

監督
宮崎駿
出演キャスト
日高のり子 坂本千夏 糸井重里 島本須美
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 佐藤好春

ムービーウォーカー 上へ戻る