映画-Movie Walker > 人物を探す > ジミー・マクヒュ

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1960年 まで合計14映画作品)

1936年

ボビーの初舞台

  • 1936年当年公開
  • 音楽、作詞

少年テナー歌手として米国のラジオ界で人気あるボビー・ブリーンが主演する映画である。脚本は「大陸の快男児」のダン・ジャーレットとドン・スイフトが協力書卸し「水兵がんばれ」「歓呼の夜」のカート・ニューマンが監督に当たり、ハリー・ニューマンが撮影した。助演は「少年G戦線」「僕は軍人」のヘンリー・アーメッタ、「忘れじの歌」のジョージ・ヒューストン、「男子牽制」のヴィヴィエン・オスボーン、「猛獣国横断」のグラント・ウィザース、「放送豪華版」のイネズ・コートニー、「人生は四十二から」のルシエン・リツルフィード等である。

監督
カート・ニューマン
出演キャスト
ボビー・ブリーン ヘンリー・アーメッタ ジョージ・ヒューストン ヴィヴィエン・オスボーン
1935年

青春万歳(1935)

  • 1935年当年公開
  • 音楽

「シュヴァリエの巴里っ子」「八点鐘」のアン・サザーンと「蛍の光」「我が妻を見よ」のジーン・レイモンドが主役を勤める映画で、マーク・ラックマン原作、ローレンス・ハザード及びレイ・ハリス共同脚色、「曲芸団」「カーニバル」のウォルター・ラング監督、「紅雀」のルシエン・アンドリオ撮影になるもの。助演者はタップ・ダンサーとして名あるビル・ロビンソン、「歌の翼」のサーストン・ホール、「バワリイ」のパート・ケルトン、「恋のセレナーデ」のジョージア・ケイン、「心の痛手」のサム・ハーディ等である。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
アン・サザーン ジーン・レイモンド ビル・ロビンソン サーストン・ホール
1933年

駄法螺男爵

  • 1933年当年公開
  • 音楽

ミュージカル・コメディー界のスタージャック・パールが「キートンの麦酒王」のジミー・デューランドと共演する喜劇で、パールが放送で大当たりを取ったラジオ・ドラマ「晩餐八時」のハーマン・J・マンキーウィッツと「アフリカは笑ふ」のノーマン・クラスナが共同してソトーリーを書き、「駄々っこキャグニー」と同じくアレン・リヴキンとP・J・ウルフソンが共同脚色し、「女性暴君」「紅蘭」のウォルター・ラングが監督に当たり、「ハリウッドは大騒ぎ」のアレン・G・シーグラーが撮影下。助演者は「ナイヤガラ珍婚旅行」のザス・ピッツ、「胡蝶となるまで」のテッド・ヒーリー、「不思議の国のアリス(1933)」のエドナ・メイ・オリヴァー、「失踪者三万人」のヘンリー・コルカー、ベン・バード、ウィリアム・B・デイヴィッドソン等である。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
ジャック・パール ジミー・デューラント ザス・ピッツ テッド・ヒーリー
1932年

ゴルフ狂時代

  • 1932年4月14日(木)公開
  • 音楽

アル・ウッズ演出のもとのニューヨークに上演された映画劇を映画化したもので、脚色は「ブロードウェイ・メロディー」のサラ・Y・メイソン、台詞はジョー・ファーナムとロバート・E・ホプキンスが受け持ち、「俺は渡り鳥」「ホリウッド・レビュー」のチャールズ・ライズナーが監督にあたった。主なる出演者は「ビッグ・ハウス」のロバート・モンゴメリー、「月光の曲」のドロシー・ジョーダン、「歓楽の孤児」のベニー・ルービン、「エロチック艦隊」のJ・C・ニュージェント、ドロシー・マクナルティ等でカメラは「スピードウェイ」「鉄路の王者」のヘンリー・シャープ担任。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
ロバート・モンゴメリー ドロシー・ジョーダン ベニー・ルービン J・C・ニュージェント
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジミー・マクヒュ