TOP > 映画監督・俳優を探す > 貞末麻哉子

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2020年 まで合計8映画作品)

2020年

普通に死ぬ ~いのちの自立~

重い障害をもった子と地域の中で暮らすために立ち上がった親たちの取り組みと自立への試みを記録したドキュメンタリー「普通に生きる~自立をめざして~」の続編。前作の後8年、年齢を重ねていく本人とその家族の人生、家族と支援者の葛藤や気付きを追う。前作から引き続き、「ゴンドラ」などの劇映画や「ぼくは写真で世界とつながる~米田祐二22歳~」などのドキュメンタリーを手がけてきた貞末麻哉子が監督。俳優の余貴美子がナレーターを務める。第25回あいち国際女性映画祭2020招待作品。2020年10月17日よりシネマスコーレ(愛知県名古屋市)を皮切りに各地で上映。

監督
貞末麻哉子
出演キャスト
2012年

普通に生きる

  • 2012年1月7日(土)
  • プロデューサー、撮影

“どんなに重い障害を持っていても、本人もその家族も普通に生きてゆける社会をめざす”という理念のもとつくられた、重症心身障害児者のための生活介護事業所のドキュメンタリー。2つ目の施設建設計画が持ち上がってからの5年間を追う。ナレーションは、「TAKAMINE アメリカに桜を咲かせた男」の長谷川初範。

監督
出演キャスト
小林不二也 小沢映子 小澤充 小澤ゆみ
2003年

朋の時間 母たちの季節

  • 2003年3月29日(土)
  • プロデューサー

映画監督・西山正啓が、3年半にわたって撮影してきた重症心身障害者を受け入れる施設“朋”に関わる人々を追ったドキュメンタリー。障害者本人やその家族の姿を映し出す。

監督
西山正啓
出演キャスト
2001年

梅香里(メヒャンニ)

  • 2001年12月1日(土)
  • 上映プロデューサー

米軍基地周辺に住む人々の姿を映すドキュメンタリー。韓国の梅香里、沖縄、湯布院の人々の交流から生まれた、日本と韓国の地域合作映画だ。

監督
西山正啓
出演キャスト
1995年

おてんとうさまがほしい

  • 1995年4月15日(土)
  • プロデューサー

映画の仕事に憧れて、照明技師の仕事を長年に渡ってしてきた渡辺生(77歳)。だが、最愛の妻・トミ子さんが、ある日突然アルツハイマーという病に冒されたのをきっかけに、彼はビデオと16ミリのカメラを持って、彼女と彼女を取り巻く人々の記録を撮り始めた。そうして撮り溜めた膨大なフィルムを構成、編集して完成したのが本作品。拙い映像ながら、夫婦愛、家族愛、人間愛にまで迫る内容のドキュメンタリー。病院での闘病日誌というより、シネマ・エッセイといった趣の作品に仕上がっている。構成、編集を『阿賀に生きる』の佐藤真が担当。劇場公開に際して様々なイベント、トークショウが行われた。優秀映画鑑賞会推薦。16ミリ。(16ミリ及びVHS-C、Hi-8での撮影)

監督
出演キャスト
坂本トミ子 渡辺生 日立梅ヶ丘病院の皆さん 日立市の皆さん
1993年

水からの速達

  • 1993年3月5日(金)
  • プロデューサー

東京都西多摩郡日の出町に、ざっくりと山を削って作られた巨大なゴミ捨て場周辺の住民たちの声を集めながら、汚染されていく水源と人々の姿を捉えたドキュメンタリー。監督・編集・ナレーターは「しがらきから吹いてくる風」の西山正啓。1984年以来この谷戸沢広域最終処分場には、三多摩地区26市1町に住む360万人から出る膨大な量のプラスチック破砕ゴミと焼却灰が埋め立てられてきた。その汚水浸出疑惑は現実のこととなり、周辺の井戸水や河川から人工化学物質が検出されたという事実は発覚後、日本中を震撼させたが、すぐ隣の谷沢入の沢に第二の広域処分場計画が進められている。映画は、ゴミが地下水を汚染するという深刻な現実に目を向け、処分場の近隣に暮らす人々の生活と肉声を8ケ月間にわたって記録したもので、美しい自然と人々の豊かな表情を織りまぜつつ、水汚染の危機をメッセージしている。16ミリ。

監督
西山正啓
出演キャスト
1991年

あーす(1991)

  • 1991年7月27日(土)
  • プロデューサー

大阪・十三のサンポードアップルシアターが創立80周年を記念して企画、一般公募原案 「ぼくは小さなごみ屋さん」を「君は裸足の神を見たか」の金秀吉が監督した。実話をもとにしたストーリーを少年たちが生き生きと演じている。

監督
金秀吉
出演キャスト
坂口昌裕 本田陽一 篠田三郎 田中実
1987年

ゴンドラ

  • 1987年10月12日(月)
  • プロデューサー

都会で出会った青年と少女の心の交流を描く。原案・脚本は伊藤智生と棗耶子が共同で執筆。監督はこれが第一回作品となる伊藤智生、撮影は「ロリータ・エクスタシー 肉あさり」の瓜生敏彦がそれぞれ担当。1987年10月12日より劇場初公開。2017年1月28日よりユーロスペースにてオリジナル35ミリフィルムで、2月11日よりポレポレ東中野にてデジタル・リマスター版が上映される。

監督
伊藤智生
出演キャスト
上村佳子 界健太 木内みどり 佐々木すみ江

貞末麻哉子の関連人物

細貝多津美  小澤ゆみ  小澤充  小沢映子  小林不二也 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 貞末麻哉子

ムービーウォーカー 上へ戻る