映画-Movie Walker > 人物を探す > ナット・ペンドルトン

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1951年 まで合計37映画作品)

1951年

北西への道

  • 1951年5月8日(火)公開
  • 出演(Cap_Huff 役)

「影なき男の影」のハント・ストロンバーグが製作し、「摩天楼」のキング・ヴィダーが監督に当った1940年度作品のテクニカラー映画。ベスト・セラーとなったケネス・ロバーツの歴史小説を「地球を駈ける男」のローレンス・ストーリングスと「情炎の海」のタルボット・ジェニングスが脚色、撮影はテクニカラー会社付きのシドニー・ワグナーとウィリアム・V・スコールが当り、音楽は「仔鹿物語」の故ハーバート・ストサートが作曲指揮している。主演は「火の女」のスペンサー・トイレシー、「花嫁売ります」のロバート・ヤング、「西部の男」のウォルター・ブレナンの三人で、「大編隊」のルース・ハッシー、「巨星ジーグフェルド」のナット・ペンドルトン、ルイズ・ヘクター、「ジャンヌ・ダーク」のロバート・バラット、「ラヴ・レター」のラムスデン・ヘーアらが助演している。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
スペンサー・トレイシー ロバート・ヤング ウォルター・ブレナン ルース・ハッシー

大編隊

  • 1951年3月20日(火)公開
  • 出演(Spike_Knowles 役)

ハーヴェイ・ハイスリップ海軍中佐とジョン・サザーランドの協同のストーリーから、中佐と「剣なき闘い」のウェルズ・ルートが脚色、「海賊バラクーダ」のフランク・ボーゼージが監督した1940年度作品で、製作は監督出身のJ・ウォルター・ルーベン(「剣なき闘い」)。「甦る熱球」のハロルド・ロッソンが撮影を、「花の合唱(コーラス)」のフランツ・ワックスマンが音楽をそれぞれ担当する。「哀愁」のロバート・テイラー、「北西への道」のルース・ハッシー、「赤いダニューヴ」のウォルター・ピジョンを中心に、ポール・ケリー、シェパード・ストラドウィック、さらにレッド・スケルトンらが共演する。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
ロバート・テイラー ルース・ハッシー ウォルター・ピジョン ポール・ケリー
1940年

第三の影

  • 1940年11月2日(土)公開
  • 出演(Lieutenant_Guild 役)

「影無き男(1934)」「夕陽特急」に次ぐシン・マン・シリーズの第3作で、原作はダシール・ハメット、脚色はフランセス・グッドリッチ、アルバート・ハケット組、監督はW・S・ヴァン・ダイク2世、主演はウィリアム・パウエルとマーナ・ローイ、製作はハント・ストロンバーグと同一スタッフに成っており撮影だけが「夕陽特急」のオリヴァー・T・マーシュと「踊る不夜城」のウィリアム・ダニエルスが協同している。助演は新人ヴァージニア・グレイ、C・オーブリー・スミス、ルース・ハッシー、オット・クルーガーその他。

監督
W・S・ヴァン・ダイク
出演キャスト
ウィリアム・パウエル マーナ・ローイ C・オーブリー・スミス ヴァージニア・グレイ
1938年

群衆は叫ぶ

  • 1938年当年公開
  • 出演(Pug_Walsh 役)

「響け凱歌」「踊る不夜城」のロバート・テイラーが主演する映画で、「海の若人」を原作脚色したジョージ・ブルースが書下ろし、作者自ら「探偵合戦」のトーマス・レノン及び「響け凱歌」「結婚クーデター」のジョージ・オッペンハイマーと協力脚色し、「結婚十字路」「夜はかならず来る」のリチャード・ソープが監督し「海の若人」のジョン・サイツが撮影した。助演は「わが家の楽園」のエドワード・アーノルド、「響け凱歌」のもリーン・オサリヴァン、「サラトガ」のフランク・モーガン、「スイングの女王」のウィリアム・ガーガン、「ロイドのエジプト博士」のライオネル・スタンダード、「高圧線」のジェーン・ワイマン、「大学3人男」のナット・ペンドルトン、「シカゴ」のジーン・レイノルズその他の面々である。

監督
リチャード・ソープ
出演キャスト
ロバート・テイラー エドワード・アーノルド フランク・モーガン モーリン・オサリヴァン

大学3人男

  • 1938年当年公開
  • 出演(George_Black 役)

「陽気な街」「銀盤の女王」のリッツ兄弟の大1回主演映画で、ダーレル・ウエーア作の大衆小説をカール・タンバークとドン・エトリンガーが脚色し「靴を脱いだ女」「死刑か無罪か」のウィリアム・A・サイターが監督に当り、「氷上乱舞」「モヒカン族の最後(1936)」のロバート・プランクが撮影した。助演者は「氷上乱舞」のジョーン・デイヴィス、「艦隊を追って」のトニー・マーティン、「虎鮫島脱獄」のグロリア・スチュアート「楽天伯爵」のフレッド・ストーン、「歓楽の女王」のナット・ペンドルトン、新人ジョック・ボールドウイン、「三角の月」のジョーン・マーシュその他である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
リッツ兄弟 ジョーン・デイヴィス トニー・マーティン グロリア・スチュアート
1936年

巨星ジーグフェルド

  • 1936年当年公開
  • 出演(Sandow 役)

米国レビュー界の第1人者であったフローレンツ・ジーグフェルドの生涯を映画化したもので「第三階級」「羅馬太平記」のウィリアム・アンソニー・マクガイアが脚本を書き下ろし、「ある夜の特ダネ」「ダンシング・レディ」のロバート・Z・レナードが監督にあたり、「小都会の女」「男子索制」のオリヴァー・T・マーシュが撮影したもの。なお、ジョージ・フォルシー、カール・フロイント、レイ・ジューン、メリット・B・ガースタッドの4名がレビュー場面を分担撮影した。音楽は編曲フランク・スキナー、指揮アーサー・ランジである。主演は「米国の機密室」「無軌道行進曲」のウィリアム・パウエル、「妻と女秘書」「諾?否?」のマーナ・ロイ、オーストリアから招かれたルイゼ・ライナーで「お人好しの仙女」のフランク・モーガンを始め、「歓楽の女王」のヴァージニア・ブルース、「ローズ・マリイ(1936)」のレジナルド・オーウェン、「真珠の首飾」のアーネスト・コサート、「無軌道行進曲」のナット・ペンドルトン等が助演するほか、ファニイ・ブライス、レイ・ボルガー、ハリエット・ホクター等の芸人が特別出演している。なお振付はシーマー・フェリックスが担当。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
ウィリアム・パウエル マーナ・ローイ ルイゼ・ライナー フランク・モーガン

幸福は空から

  • 1936年当年公開
  • 出演(Flynn 役)

「アメリカの恐怖」「ミシシッピ」のジョーン・ベネットと「この三人」「マンハッタン夜話」のジョール・マクリーが主演する映画で、ルイス・R・フォスターが自らの原作を「不在証明なき犯罪」のドリス・マロイと「やりくり宝船」のアール・スネルと協力脚色し、「舗道の青春」「青春の抗議」のアルフレッド・E・グリーンが監督に当たり、「不在証明なき犯罪」のジョゼフ・ヴァレンタインが撮影した。助演者は「少年G戦線」のヘンリー・アーメック、「姫君海を渡る」のアリソン・スキップワース、「痴人の愛」のレギノルド・デニー、舞台から招かれたエライシャ・クック・ジュニア、「小牧師(1934)」のアンディー・クライド、ナット・ペンドルトン、ドナルド・ミーク等である。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
ジョーン・ベネット ジョエル・マクリー エライシャ・クック・ジュニア アリソン・スキップワース

令嬢見学

  • 1936年当年公開
  • 出演(Dugan 役)

「脱獄鬼」「女は求む」のジェーン・ワイアットと「晩春」「ソレルとその子」のルイス・ヘイワードが主役を勤める映画でアン・ジョーダン作の小説を「処女散歩」のハーバート・フィールズが「進めオリンピック」のヘンリー・マイヤースと協力脚色し、「ニューヨーク→桑港」「からくり珍裁判」のエドワード・バゼルが監督し、「オペラは踊る」のメリット・B・ガースタッドが撮影したもの。助演は「高飛び成層圏」のナット・ペンドルトン、「幽霊西へ行く」のユージーン・ポーレット、「この三人」のガザリン・ダウセット、「モヒカン族の最後(1936)」のフィリップ・リード、ヴァイオラ・カラハンの面々である。

監督
エドワード・バゼル
出演キャスト
ジェーン・ワイアット ルイス・ヘイワード ナット・ペンドルトン ユージン・ポーレット
1935年

歓楽の女王

  • 1935年当年公開
  • 出演(Mack 役)

「空の軍隊」に端役を演じたロバート・テイラーが「暗黒街全滅」「曲芸団」のヴァージニア・ブルースと共に主演する第2回映画(第1回はSociety Doctor)で、アルバート・J・コーエンとロバート・シャノンが書き卸し、「南国の河唄」「戦慄を追う男」のジョージ・B・サイツが監督に当たり、「世界拳闘王」のレスター・ホワイトが撮影した。助演者は「坊やはお寝み」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ、「影無き男(1934)」のナット・ペンドルトン、「悪夢」のイザベル・ジュウェル、映画初出演の歌手・作曲者ピンキー・トムリン、ヘンリー・コルカー、レイモンド・ハットン、フレッド・コーラー等である。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ロバート・テイラー ヴァージニア・ブルース ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ イザベル・ジュウェル

高飛び成層圏

  • 1935年当年公開
  • 出演(Henry_Potke 役)

「踊るブロードウェイ」のジャック・ベニーが主演する映画で、「大空の地獄」の脚色者バイロン・モーガンがリュウ・リプトンと協力して書き下ろした台本により「街の果報者」のチャールズ・F・ライズナーが監督し、チャールズ・エドガー・シェーンバウムが撮影した。助演は「港に異常なし」のユーナ・マーケル、「無軌道行進曲」のテッド・ヒーリーおよびナット・ペンドルトン、「魔の超特急」のメアリー・カーライル、「悪夢」のハーヴェイ・スティーブンス、「一対二」のグラント・ハッチェルその他である。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
ジャック・ベニー テッド・ヒーリー ウナ・マーケル ナット・ペンドルトン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ナット・ペンドルトン