映画-Movie Walker > 人物を探す > 大方斐紗子

年代別 映画作品( 1966年 ~ 2020年 まで合計32映画作品)

2020年

山中静夫氏の尊厳死

南木佳士による同名小説を映画化したヒューマンドラマ。末期癌を宣告された山中静夫は、生まれ育った信州の地へ帰り、妻にも内緒で自らの墓を故郷に造り始める。一方、彼を見守る医師・今井は、その思いを遂げさせようと決意するが、自らもうつ病を患ってしまう。出演は「釣りバカ日誌」シリーズの中村梅雀、「名前」の津田寛治、「終わった人」の高畑淳子。監督は「ある取り調べ」の村橋明郎。2019年9月、長野県佐久市にて先行上映。

監督
村橋明郎
出演キャスト
二代目中村梅雀 大島蓉子 津田寛治 中西良太
2019年

雪子さんの足音

  • 2019年5月18日(土)
  • 出演(高梨秋江 役)

芥川賞候補となった木村紅美の同名小説を実写映画化。月光荘という洋館で2階を下宿人に貸す大家の川島雪子は、居間をサロンとして開放していた。その常連の小野田香織と雪子は下宿人の男子大学生・薫をサロンに招き、ご馳走やお小遣いなど過剰な援助をする。出演は、「家族はつらいよ」シリーズの吉行和子、「赤い雪 Red Snow」の菜葉菜、「チワワちゃん」の寛一郎。監督は、「百合子、ダスヴィダーニヤ」の浜野佐知。

監督
浜野佐知
出演キャスト
吉行和子 菜葉菜 寛 一 郎 大方斐紗子

閉鎖病棟―それぞれの朝―

山本周五郎賞を受賞した帚木蓬生のベストセラー小説「閉鎖病棟」を、『エベレスト 神々の山嶺』の平山秀幸監督が映画化した人間ドラマ。長野県のとある精神科病院を舞台に、世間から遠ざけられ居場所を失った人々の心の交錯を映しだす。笑福亭鶴瓶が『ディア・ドクター』以来10年ぶりに主演を務め、綾野剛、小松菜奈らと共演する。

監督
平山秀幸
出演キャスト
笑福亭鶴瓶 綾野剛 小松菜奈 坂東龍汰

みとりし

  • 2019年9月13日(金)
  • 出演(清水キヨ 役)

本人の希望に沿い温かい死を迎えられるようサポートする看取り士を取り上げた人間ドラマ。看取り士として第二の人生を歩む久生のもとに、新人のみのりが赴任。三人の子を持ちながら余命宣告を受けた母親を受け持ち葛藤する彼女を、久生は温かく導こうとする。一般社団法人日本看取り士会の代表理事・柴田久美子の経験を原案にしている。監督は「ママ、ごはんまだ?」の白羽弥仁。主演の榎木孝明は企画から携わった。

監督
白羽弥仁
出演キャスト
榎木孝明 村上穂乃佳 高崎翔太 斉藤暁

ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave

  • 2019年5月31日(金)
  • 出演(松本シメ 役)

2005年に公開された故・大杉漣主演「ライフ・オン・ザ・ロングボード」の続編。主演に吉沢悠を迎え、サーファーとしては一流だが、良い波を見ると仕事も約束も放り出してしまうその日暮らしの男が、サーフィンを通して自分と向き合い再生していく姿を映し出す。共演は「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」の馬場ふみか、「うさぎドロップ」の香里奈。監督は前作に続き、喜多一郎が務める。

監督
喜多一郎
出演キャスト
吉沢悠 馬場ふみか 香里奈 立石ケン

よこがお

  • 2019年7月26日(金)
  • 出演(大石塔子 役)

第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞に輝いた『淵に立つ』の監督&主演コンビによるヒューマンサスペンス。無実の罪ですべてを失った女性の復讐劇が描かれる。筒井真理子がすべてを失い、別人となって復讐を果たそうとするヒロインを好演する。市川実日子、池松壮亮ら実力派キャストが脇を固める。

監督
深田晃司
出演キャスト
筒井真理子 市川実日子 池松壮亮 吹越満
2017年

おじいちゃん、死んじゃったって。

  • 2017年11月4日(土)
  • 出演(ハル 役)

数々のヒットCMを手掛けてきた森ガキ侑大の長編映画監督デビュー作。ある夏の地方都市。吉子の祖父が亡くなり、父を始めとした家族が葬儀のために集まる。悲しむ間もなく、葬儀の準備を進めていた最中、それぞれの厄介な事情が明らかになるが……。主演は「太陽を掴め」の岸井ゆきの。共演は「22年目の告白-私が殺人犯です-」の岩松了、「ポエトリーエンジェル」の美保純、『ひよっこ』の岡山天音、「彼女の人生は間違いじゃない」の光石研。

監督
森ガキ侑大
出演キャスト
岸井ゆきの 岩松了 美保純 岡山天音
2018年

西北西

  • 2018年9月15日(土)
  • 出演

「菊とギロチン」の韓英恵やイラン出身のサヘル・ローズらが出演、マイノリティの女性たちの揺れる心を写し取ったラブストーリー。イスラム教徒のナイマの生き方に触れ心の疼きを感じるレズビアンのケイ。やがてケイや恋人のアイ、ナイマの関係性が変化する。緑朗名義で監督した「TAITO」にて第33回ぴあフィルムフェスティバル審査員特別賞を獲得した中村拓朗が、3人のぶつかり合う生の感情を引き出した。劇場公開に先駆け、第25回レインボー・リール東京 ~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~にて上映。

監督
中村拓朗
出演キャスト
韓英恵 サヘル・ローズ 山内優花 林初寒
2016年

SHADOW KIDS シャドーキッズ

  • 2016年2月27日(土)
  • 出演(国子 役)

新宿を舞台に、悪と戦う謎の少年グループ“シャドーキッズ”の存在を巡って2人の少年が冒険を繰り広げる。監督は、テレビ朝日のディレクターとして『エースをねらえ!』などのドラマを手掛け、現在はフリーとして活動する六車俊治。出演は子役の神田健栄、島田隆誠に加え、「愛のむきだし」の大久保鷹、「TOKYO TRIBE」の大方斐紗子など、ベテラン俳優が脇を固める。

監督
六車俊治
出演キャスト
神田健栄 島田隆誠 大久保鷹 大方斐紗子
2015年

Bad Moon Rising

  • 2015年8月1日(土)
  • 出演

母を殺して故郷に向かう中年男と、記憶を失い、家族を探す女の旅を描くロードムービー。監督は、「鏡の中の笑顔たち」の喜多一郎。出演は、「GONIN サーガ」の菅田俊、「ヨコハマ物語」の菜葉菜、「鏡の中の笑顔たち」の瀬古千裕、「ハジマリノオワリ おわりのはじまり」の結城貴史、「じんじん」の大方斐紗子。

監督
喜多一郎
出演キャスト
菅田俊 菜葉菜 瀬古千裕 結城貴史
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
スキャンダル
スキャンダル

2016年に実際に起きたスキャンダルの裏側を描いたシャーリーズ・セロン主演の物語

1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

チャーリーズ・エンジェル
チャーリーズ・エンジェル

2000年、2003年に公開されたアクションシリーズの出演者を一新したリブート版

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 大方斐紗子