映画-Movie Walker > 人物を探す > 浅田美代子

年代別 映画作品( 1973年 ~ 2019年 まで合計48映画作品)

2019年

いのちスケッチ

  • 2019年秋公開
  • 出演

夢を諦めた青年がアルバイト先の動物園で“命”に向き合いながら奮闘する青春ドラマ

監督
瀬木直貴
出演キャスト
佐藤寛太 藤本泉 芹澤興人 林田麻里

エリカ38

  • 2019年6月7日(金)公開予定
  • 出演

樹木希林が企画を手掛け、実際の事件をモチーフに制作された浅田美代子主演作品

監督
日比遊一
出演キャスト
浅田美代子 平岳大 窪塚俊介 山崎一

くもり ときどき 晴れ

  • 2019年3月2日(土)公開
  • 出演

フリーランスで映像製作に携わってきた板橋基之が、文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」で手掛けた作品。生き別れた父の生活保護扶養照会を受け取った晴子は、両親の離婚以来、25年ぶりに父と再会。優しかった父を思い出すが……。出演は「ニート・ニート・ニート」のMEGUMI、「あん」の浅田美代子。

出演キャスト
MEGUMI 浅田美代子 水橋研二 有福正志

君がまた走り出すとき

  • 2019年3月2日(土)公開
  • 出演(日野芳美 役)

『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭』15周年を記念し、地元である埼玉県川口市を舞台に制作されたヒューマンドラマ。日本人男性で初めて世界6大マラソンを走破した川口在住の市民ランナーの実話をモチーフに、人生に行き詰まった男女6人の出会いと再生を綴る。出演は「菊とギロチン」の寛一郎、「寝ても覚めても」の山下リオ、「ケアニン あなたでよかった」の菜葉菜、「えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。」の辻本祐樹、「破裏拳(はりけん)ポリマー」の長谷川初範、「あん」の浅田美代子、「ゆずの葉ゆれて」の松原智恵子。脚本を「25 NIJYU-GO」の岡芳郎、撮影を「覚悟はいいかそこの女子。」の栢野直樹、音楽を「触れたつもりで」の大橋征人が担当。監督は「4/猫 ねこぶんのよん」の中泉裕矢。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 オープニング作品。2019年2月8日よりMOVIX川口にて先行上映。

監督
中泉裕矢
出演キャスト
寛 一 郎 山下リオ 松原智恵子 菜葉菜
2017年

リンキング・ラブ

  • 2017年10月28日(土)公開
  • 出演

萩島宏による同名ネット小説を「ガメラ」シリーズの金子修介監督が実写映画化。両親の離婚危機を阻止するため、2017年からバブル終焉直後の世界へとタイムスリップした女子大生・美唯が、若き日の母親やその友人たちと共にアイドルグループ・ASG16を結成する。出演は、アイドルグループAKB48の田野優花、「22年目の告白 私が殺人犯です」の石橋杏奈、「Dance!Dance!Dance!!」の白洲迅、「超高速!参勤交代 リターンズ」の中尾明慶、「笑う招き猫」の落合モトキ。脚本は、金子修介と「太陽の蓋」の長谷川隆。

監督
金子修介
出演キャスト
田野優花 石橋杏奈 白洲迅 中尾明慶
2015年

あん

「萌の朱雀」でカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を、「殯の森」では同グランプリを獲得した河瀬直美監督が、作家やパフォーマーとして活躍するドリアン助川が人はなぜ生きるのかという根源的な問いに迫った同名小説を映画化。小さなどら焼き屋で粒あん作りを任された元ハンセン病患者の女性の姿を、四季の情景を織り交ぜながら描く。偏見にさらされ続けても精一杯生きようとする女性を「わが母の記」で第36回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した樹木希林が、人生につまずいた雇われ店長を「KANO 1931海の向こうの甲子園」の永瀬正敏が、女性の良き理解者を「黒い雨」の市原悦子が演じる。

監督
河瀨直美
出演キャスト
樹木希林 永瀬正敏 市原悦子 内田伽羅

さいはてにて やさしい香りと待ちながら

  • 2015年2月28日(土)公開
  • 出演(山崎由希子 役)

能登を舞台に心に傷を抱えた2人の女性の出会いと再生を描く、永作博美&佐々木希主演の人間ドラマ。一杯のコーヒーがつなぐ心温まるドラマを手がけたのは、ホウ・シャオシェンの弟子で世界中で高い評価を受けている台湾人の女性監督チアン・ショウチョン。

監督
姜秀瓊
出演キャスト
永作博美 佐々木希 桜田ひより 保田盛凱清
2014年

0.5ミリ

  • 2014年11月8日(土)公開
  • 出演(真壁久子 役)

生活のため町で見かけた訳ありの老人の家に押しかけ身の回りの世話をするヘルパーと、彼女と触れ合ううちに固く閉ざした心を開き生の輝きを取り戻していく老人たちを描いた人間ドラマ。デビュー作「カケラ」で満たされない女心を描いた安藤桃子監督が、8年におよぶ介護体験に着想を得た自身の小説を映画化。癖の強い老人たちと真正面からぶつかっていくヘルパーを「かぞくのくに」で第86回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞を、「愛と誠」他で同助演女優賞のダブル受賞を果たした実妹の安藤サクラが演じる。ほか、「カンゾー先生」の柄本明、漫才師の坂田利夫、「沈まぬ太陽」の草笛光子、「マルサの女」の津川雅彦らが出演。高知県・高知城西公園内『0.5ミリ』特設劇場にて先行公開された。

監督
安藤桃子
出演キャスト
安藤サクラ 織本順吉 木内みどり 土屋希望

カラアゲ★USA

  • 2014年9月20日(土)公開
  • 出演(辛島清子 役)

カラアゲ専門店発祥の地である大分県宇佐市を舞台に、ある事情を抱え5年ぶりに帰郷した女性が実家のカラアゲ店を守ろうと奮闘するドラマ。監督は「ROUTE42」「Watch with Me ~卒業写真~」など地域に根差した作品を多く手がける瀬木直貴。カラアゲ店で育ちながらカラアゲが嫌いな女性をアイドルグループ・モーニング娘。第6代リーダーを務め映画「シェアハウス」やテレビドラマ『Q.E.D.証明終了』などに出演した高橋愛が、彼女に密かに思いを寄せる幼馴染を「黒執事」「海猿 ウミザル」の海東健が演じる。「綱引いちゃった!」の石丸謙二郎、「釣りバカ日誌」シリーズの浅田美代子、「感染列島」のダンテ・カーヴァーらが出演。2014年9月6日より、大分県宇佐市、大分市にて先行公開。

監督
瀬木直貴
出演キャスト
高橋愛 海東健 浅田美代子 石丸謙二郎
2012年

ツナグ

  • 2012年10月6日(土)公開
  • 出演

吉川英治文学新人賞に輝いた女流作家・辻村深月の同名小説を、若手注目株の松坂桃李主演で映画化したファンタジーテイストのヒューマンドラマ。死んだ人に1度だけ会わせてくれるという“ツナグ”の見習いの青年の目を通し、死者と生者の特別な絆を描き出す。監督は『ROOKIES 卒業』の平川雄一朗。

監督
平川雄一朗
出演キャスト
松坂桃李 樹木希林 桐谷美玲 橋本愛

関連ニュース

辻村深月原作「ツナグ」が、松坂桃李主演×樹木希林共演で映画化!
辻村深月原作「ツナグ」が、松坂桃李主演×樹木希林共演で映画化!(2012年3月31日)

吉川英治文学新人賞受賞した、辻村深月のベストセラー小説「ツナグ」が、松坂桃李主演、樹木希林共演で映画化されることがわかった。松坂の単独主演はこれが初。『陰日向に…

ドラマもバラエティーも“現場主義”が浅田美代子流!
ドラマもバラエティーも“現場主義”が浅田美代子流!(2009年11月5日)

映画、ドラマ、バラエティー番組と多方面で活躍する浅田美代子が、余命半年と知った主人公が旧友を誘ってバンドを再結成し、本当に大切なものに気づいていく映画『僕らのワ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 浅田美代子