映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・グロスミス

年代別 映画作品( 1930年 ~ 1933年 まで合計5映画作品)

1933年

装へる夜

  • 1933年当年公開
  • 出演(Lord Oswill 役)

「外人部隊(1933)」のマリー・ベルとかつて「カルメン(1926)」「嘆きのピエロ」に出演したジャン・ミュラーとが主演する映画で、「アッシャー家の末裔」と同じくジャン・エプスタンが監督した作品。原作は「帝王の道」と同じくピエール・フロンデェの小説である。助演者は「婦人に御給仕」に出演したイギリス俳優の故ジョージ・グロスミスを始めとして「にんじん」「モンパルナスの夜」のルイ・ゴーチエ、ガストン・モージェエ、など。撮影には「にんじん」「商船テナシチー」のアルマン・ティラールを主に、ジョゼフ・バルトが協力して当たり、作曲は「白き処女地」「商船テナシチー」のジャン・ヴィーネが行った。

監督
ジャン・エプスタン
出演キャスト
マリー・ベル ジャン・ミュラー ジョージ・グロスミス ジョーン・ヘルダ
1932年

婦人に御給仕(1932)

  • 1932年当年公開
  • 出演(King 役)

無声映画時代にアドルフ・マンジュウ主演で作られたエルネスト・ヴァイダ書き卸のストーリーのトーキー化で、監督には「トロイ情史」「ゴンドラの唄」のアレクサンダー・コルダが当った。主演者は「永遠に微笑む」「自由の魂」のレスリー・ハワードで、イギリス劇壇の名優ジョージ・グロスミス、イギリス映画界では人気あるベニタ・ヒューム、エリザベス・アレン等が共演している。

監督
アレクサンダー・コルダ
出演キャスト
レスリー・ハワード ジョージ・グロスミス ベニタ・ヒューム エリザベス・アレン
1930年

女給時代

  • 1930年当年公開
  • 原作、出演(Aristide_Brown 役)

「ホリウッド結婚」「生命の切り札」のJ・ハロルド・マ-レイと「巴里見るべし」「巴里よいとこ」のフィフィ・ドルセイとが出演する映画で、原作はジョージ・グロスミス、ゾルタン・コルダ両氏の筆になるもの、それをハーラン・トンプソンとラヨス・ビロが共同で脚色し「ゴンドラの歌」「姫百合の花」のアレクサンダー・コルダが監督した。助演者は原作者のジョージ・グロスミス、「ラヴ・パレイド」のクライド・クック、ローズ・ディオン、往年鳴らしたラルフ・ケラードで撮影は「河(1928)」「都会の女」のアーネスト・パーマー担任。

監督
アレクサンダー・コルダ
出演キャスト
J・ハロルド・マレイ フィフィ・ドルセイ ジョージ・グロスミス クライド・クック

腕はたしかか

  • 1930年当年公開
  • 出演(Duke_of_St._Pancras 役)

舞台出のピートリス・リリーが主演する音楽映画で「大乱痴気」のハーラン・トンプソンが「怪探偵張氏」のハミルトン・マクファッデンが監督、「ルンペンの天国」のジョーゼフ・ヴァレンティンが撮影した。助演者は「偽りのマドンナ」「怪探偵張氏」のジョン・ギャリック、「ウォール街の狼」のオルガ・バクラノヴァ、ジョージ・グロスミス、ジリアン・サンド、グスタフ・フォン・セイファティッツ等である。

監督
ハミルトン・マクファッデン
出演キャスト
ベアトリス・リリー ジョン・ガーリック オルガ・バクラノヴァ ジョージ・グロスミス

夜歩き巴里雀

  • 1930年当年公開
  • 出演(Earl_of_Ippleton 役)

デール・ヴァン・エヴァリーとアーサー・フリードが合作したストーリーを「モンタナの月」のシルヴィア・サルバーグとフランク・バトラーが脚色し、撮影台本を作り、ユーモリストとして著名な P・G・ ウォドハウスが台詞を執筆し「スピードウェイ」「歓楽の孤児」のハリー・ボーモンが監督したもので主演者は「マダム・サタン」「飛び入り婿君」のレジナルド・デニーと「鉄骨エロ騒動」「巴里見るべし」のフィフィ・ドルセイ。助演者として「有頂天時代(1930)」のクリフ・エドワーズ、「西部戦線異状なし」のヨーラ・ダヴリル、サンドラ・レイヴェル、ジョージ・グロスミス、エドワード・ブロフィーが出演する。カメラは「黎明の剣士」「エロチック艦隊」のメリット・B・ガースタッドが担任である。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
フィフィ・ドルセイ レジナルド・デニー クリフ・エドワーズ ヨーラ・ダヴリル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・グロスミス