映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ガーリック

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1947年 まで合計10映画作品)

1947年

オペレッタの王様

  • 1947年10月
  • 出演(Warner_Bryant 役)

「ショウボート(1936)」「恋の密使」のアラン・ジョーンズ、喜劇劇界のスター女優メ エリー・マーティン、「或る夜の出来事」の故ウォルターコノリーが主演する映画で、アンドリュー・L・ストーンが製作、監督したもので、ビクター・バートの曲が数曲使われている。ストーリーはストーンがロバート・ライヴリーと協力して書き下ろし、ライヴリーとラッセル・クラウズが脚本を書いた。助演者は「医者は金を取るべからず」のリー・ボウマン、新顔のスザンナ・フォスター、その他ジュディス・バートレット、ジェローム・コウアン等である。撮影は「大平原」のヴィクター・ミルナーが指揮した。

監督
アンドリュー・L・ストーン
出演キャスト
アラン・ジョーンズ メアリー・マーティン ウォルター・コノリー リー・ボウマン
1934年

朱金昭

  • 1934年
  • 出演(Nur-al-din 役)

英国で最多の上演回数を持つオスカー・アッシュ作オペレット『チュウ・チン・チャウ』に基いて「南欧横断列車510」のウォルター・フォードが監督したもの。脚色台詞は「キスメット」「三銃士」のエドワード・ノブロックがシドニー・ギリアット及びL・デュ・ガード・ピーチと協同して執筆し、音楽はフレデリック・ノートン、撮影はドイツに在ったH・グリーンバウム、装置は「炭坑」「アトランティド」のエルネ・メツナーが担当している。出演者はロンドンミュージック・ホールの人気俳優ジョージ・ロビー、「龍の娘」のアンナ・メイ・ウォン、「カラマゾフの兄弟」のフリッツ・コルトナー、イギリス映画界の新進女優パール・アージル、「五十年後の世界」のジョン・ガーリック、低音歌手のジェットサム、「薔薇のワルツ」のギブ・マクローリン、原作上演の際の主演者フランク・コクレーンなどの面々である。

監督
ウォルター・フォード
出演キャスト
ジョージ・ロビー フリッツ・コルトナー アンナ・メイ・ウォン ジョン・ガーリック
1931年

街の令嬢

  • 1931年
  • 出演(Cyril 役)

ケイト・マクローリンの筆になるストオリイを「盗まれた接吻」「女に賭けるな」のリン・スターリングが脚色し、台詞を付し、俳優たるしケネス・マッケンナと舞台装置として知られたウィリアム・キャメロン・メンジースの両人が監督にあたった映画で「肉と霊」のエリッサ・ランディ、「近代エロ双紙」「ビッグ・ハウス」のルイス・ストーンが主演し「夜霧の女」のポール・ガヴァナー、ジョン・ギャリック、フレデリック・カーその他が助演する。カメラは「ビッグ・トレイル」「再生の港」のアーサー・エディソンが担当。

監督
ケネス・マッケンナ ウィリアム・キャメロン・メンジース
出演キャスト
エリッサ・ランディ ルイス・ストーン ポール・カヴァナー ジョン・ガーリック

怪探偵張氏

  • 1931年
  • 出演(MarkKennaway 役)

「熱砂果つるところ」と同じくアール・ディア・ビッガース作のチャリー・チャン・シリーズの一篇を映画化したもので脚色は「盗まれた接吻」のフィリップ・クライン及びバリー・コナーズ。の二者が受持ち、監督は「盗まれた接吻」のハミルトン・マクファッデンがあたっった。主演者は「フーマンチュウ博士」「放浪の王者(1930)」のワーナー・オーランドで「ビッグ・トレイル(1930)」「巴里見るべし」のマーゲリット・チャーチル、「我が心の歌(1930)」のジョン・ギャリック、「河上の別荘」のウォーレン・ハイマー、「トレスパサー」のウィリアム・ホールデンその他が助演、カメラは「悪に咲く華」「拳銃の洗礼」のジョージ・シュナイダーマンが担当である。

監督
ハミルトン・マクファッデン
出演キャスト
マーゲリット・チャーチル ジョン・ガーリック ワーナー・オーランド ウォーレン・ハイマー
1930年

我が心の歌(1930)

  • 1930年
  • 出演(Fergus 役)

テノール歌手として世界的に最も有名なジョン・マッコーマック氏が主演する映画で、J・J・マッカーシー氏とトム・バリー氏が書き下ろし、「幸運の星」「熱沙果つるところ」のソニア・レヴィーン女史が撮影台本を作り、「幸運の星」「河(1928)」のフランク・ボーゼージ氏が監督し、「幸運の星」「地の極みまで」のチェスター・ライオンズ氏が撮影したものである。助演者はアイルランド生まれのモーリン・オサリヴァン嬢とトミー・クリフォード君とが初お目見えし、舞台劇俳優として名のあるJ・M・ケリガン氏、「ツェペリン倫敦襲撃」「ホリウッド結婚」のジョン・ギャリック氏、「ソレルとその子」「獄中日記」のアリス・ジョイス嬢で、J・ファーレル・マクドナルド氏、エフィー・エルスラー嬢、エミリー・フィッツローイ嬢、エドウィン・シュナイダー氏等も出演している。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
ジョン・マッコーマック モーリン・オサリヴァン J・M・ケリガン ジョン・ガーリック

魅惑を賭けて

  • 1930年
  • 出演

ハーバート・ストサートの原作を「第一の恋」のホレース・ジャクスンが脚色し、ハワード・エメット・ロジャースが撮影台本及び台詞を執筆し、「三面記事の女」「他言は御無用」のポール・L・スタインが監督し「紐育の囁き」「アリバイ」のレイ・ジューンが撮影した映画で、主なる出演者は「ラヴ・アレイド」「モンテカルロ」のジャネット・マクドナルド、「ツェッペリン倫敦襲撃」「我が心の歌(1930)」のジョン・ギャリック「女が第一」「天下無敵」のジョー・E・ブラウン、「モンテカルロ」「アルプスの悲劇」のザス・ピッツ、ロバート・チスホルム、ジョセフ・マコーレイ、ハリ-・グリボン、キャロル・ナイなどである。

監督
ポール・L・スタイン
出演キャスト
ジャネット・マクドナルド ジョン・ガーリック ジョー・E・ブラウン ザス・ピッツ

50年後の世界

  • 1930年
  • 出演(J-21 役)

デ・シルヴァ、リュー・ブラウン、レイ・ヘンダーソンの3人組が原作、脚色、台詞、作曲すべてを共同執筆し「サニー・サイド・アップ」と同じくデイヴィッド・バトラー監督、アーネスト・パーマーが撮影を担任した映画で、「ビッグ・トレイル(1930)」のエル・ブレンデル、「春ひらく(1930)」のモーリン・オサリヴァン、「友愛天国」のマージョリー・ホワイト、ジョン・ギャリック、フランク・アルバートソン、ホバート・ボスウォース、ケネス・トンプソン主なる出演者である。

監督
デイヴィッド・バトラー
出演キャスト
エル・ブレンデル モーリン・オサリヴァン ジョン・ガーリック マージョリー・ホワイト

腕はたしかか

  • 1930年
  • 出演(Geoffry 役)

舞台出のピートリス・リリーが主演する音楽映画で「大乱痴気」のハーラン・トンプソンが「怪探偵張氏」のハミルトン・マクファッデンが監督、「ルンペンの天国」のジョーゼフ・ヴァレンティンが撮影した。助演者は「偽りのマドンナ」「怪探偵張氏」のジョン・ギャリック、「ウォール街の狼」のオルガ・バクラノヴァ、ジョージ・グロスミス、ジリアン・サンド、グスタフ・フォン・セイファティッツ等である。

監督
ハミルトン・マクファッデン
出演キャスト
ベアトリス・リリー ジョン・ガーリック オルガ・バクラノヴァ ジョージ・グロスミス
1929年

ホリウッド結婚

  • 1929年
  • 出演(Stage_Prince 役)

トーキー・オペレッタとして特に書卸されたもので、レオポールド・ジャコブソン氏ブルーノ・ハート・ウォードゥン氏及びハーラン・トンプソン氏が原作を書き、トンプスン氏が歌詞を他の2者が台本を執筆し、「ムービートーン・フォーリス」のレヴュー場面を監督したマーセル・シルヴァー氏が監督した。歌曲はオスカー・ストラウス氏、デーヴ・スタンパー氏、アーサー・ケイ氏が分担し、歌舞場面はエドワード・ロイス氏が指揮した。撮影は「ムービートーン・フォーリス」「踊るカレッヂ」のチャールズ・ヴァン・エンジャー氏がソル・ホルペリン氏と共同担任している。主役はブロードウェイの人気俳優J・ハロルド・マレイ氏とノーマ・テリス嬢が勤め、「浮気発散」のウォルター・カトレット氏、「ツエッペリン倫敦襲撃」のジョン・ギャリック氏、匈牙利から来た舞台女優アイリーン・パラスティー嬢、トム・パトリコラ氏、「藪睨みの世界」のレイラ・カーネリー嬢、レノックス・ポール氏、イヴリン・ホール嬢等が助演している。

監督
マーセル・シルヴァー
出演キャスト
J・ハロルド・マレイ ノーマ・テリス ウォルター・カトレット アイリーン・パラスティー

ツエッペリン倫敦襲撃

  • 1929年
  • 出演(Jack_Fardell 役)

「疑惑晴れて」「母ぞよく知る」と同じくジョン・G・ブライストーン氏の監督作品で、リュウェリン・ヒューズ氏作の戦争小説をヒューズ氏自らキャンベル・ガラン氏と共同して脚色し、ガラン氏が台詞を執筆した。主役は英国劇壇の人気俳優たりしジョン・ギャリック氏が勤め「最敬礼」「悲恋の楽聖」のヘレン・チャンドラー嬢、「熱沙果つるところ」のギルバート・エメリー氏、「最敬礼」のジョイス・コンプトン嬢、「黒時計聯隊」のラムズデン・ヘーア氏、「想夫舞曲」のダフネ・ポラード嬢、短篇喜劇スターのビリー・ビーヴァン氏、レノックス・ポール氏等が助演している。キャメラは「熱沙果つるところ」「巴里酔語」のコンラッド・ウェルズ氏が担任している。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ジョン・ガーリック ヘレン・チャンドラー ギルバート・エメリー ラムスデン・ヘーア
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ガーリック