TOP > 映画監督・俳優を探す > 諏訪敦彦

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2020年 まで合計18映画作品)

2020年

風の電話

  • 1月24日(金)
  • 監督、脚本

岩手県大槌町に実在する電話ボックス“風の電話”をモチーフにしたヒューマンドラマ。大槌町で東日本大震災に遭い、家族を失った高校生のハルは、広島県に住む叔母の家に身を寄せている。ある日、叔母が倒れ、病院へ運ばれると、ハルは故郷を目指し旅に出る。監督は、「ライオンは今夜死ぬ」の諏訪敦彦。出演は、「ブラック校則」のモトーラ世理奈、「空母いぶき」の西島秀俊、「任侠学園」の西田敏行、「羊と鋼の森」の三浦友和。

監督
諏訪敦彦
出演キャスト
モトーラ世理奈 西島秀俊 三浦友和 西田敏行
2018年

ライオンは今夜死ぬ

  • 2018年1月20日(土)
  • 監督、脚本

ヌーヴェルヴァーグを代表する名優ジャン=ピエール・レオを主演に迎え、諏訪敦彦監督が「ユキとニナ」以来8年ぶりに撮り上げた人間ドラマ。老優ジャンは、昔愛した女性を訪ねて古い屋敷にたどり着くが、そこで映画撮影ごっこをする地元の子どもたちと出会う。共演は「ジュリーと恋と靴工場」のポーリン・エチエンヌ、「ことの次第」のイザベル・ヴェンガルテン。

監督
諏訪敦彦
出演キャスト
ジャン=ピエール・レオ ポーリン・エチエンヌ イザベル・ヴェンガルテン
2014年

家路

  • 2014年3月1日(土)
  • 企画協力

東日本大震災の影響で故郷を失いバラバラになってしまった家族が、20年近く音信不通だった弟の帰郷をきっかけに、再び絆を深めていく姿をオール福島ロケで撮影した人間ドラマ。鬱々とした毎日を過ごす兄を内野聖陽、その弟を松山ケンイチが演じる。メガホンを握るのはドキュメンタリー作品で数々の受賞歴を持つ久保田直。

監督
久保田直
出演キャスト
松山ケンイチ 田中裕子 安藤サクラ 内野聖陽
2019年

そこにあるもの

  • 2019年11月16日(土)
  • 助言

東京都青梅市にある盲養護老人ホーム聖明園曙荘で生活する人々に密着したドキュメンタリー。先天盲や後天性失明、ロービジョン者の方ら約100名が暮らす聖明園曙荘での日常や、人と人とのふれあいにフォーカスを合わせ、見えないとはどういうことか考える。監督は「モラトリアム」の澤佳一郎。映画美学校ドキュメンタリー科修了制作として制作された本作は、映画美学校セレクションに選出された。音声ガイドを「カメラを止めるな!」のしゅはまはるみが担当する。

監督
澤佳一郎
出演キャスト
2010年

ユキとニナ

  • 2010年1月23日(土)
  • 監督、脚本

「不完全なふたり」の諏訪敦彦監督が、「パリ、ジュテーム」などのフランスの名優イポリット・ジラルドと共同で監督したドラマ。両親の離婚で揺れる少女の心を描き出す。

監督
諏訪敦彦 イポリット・ジラルド
出演キャスト
ノエ・サンピ アリエル・ムーテル ツユ・シミズ イポリット・ジラルド
2007年

パリ、ジュテーム

  • 2007年3月3日(土)
  • 監督、脚本

全編パリで撮影された、パリの街が主役のラブ・ストーリー。ヌーヴェルヴァーグ全盛の65年、エリック・ロメールやジャン=リュック・ゴダールなど6人の監督がそれぞれの視点でパリを描いた「パリところどころ」の現代版ともいえる、新たなパリ映画。監督にはコーエン兄弟、ガス・ヴァン・サント、アルフォンソ・キュアロン、ウォルター・サレス、イサベル・コイシェ、諏訪敦彦、オリヴィエ・アサヤス、シルヴァン・ショメ、ジェラール・ドパルデューなど、出演者にはナタリー・ポートマン、イライジャ・ウッド、スティーヴ・ブシェミ、ジュリエット・ビノシュ、リュディヴィーヌ・サニエ、ジーナ・ローランズなど。

監督
ブリュノ・ポダリデス ジーナ・ローランズ ジェラール・ドパルデュー トム・ティクヴァ
出演キャスト
フロランス・ミュレール ブリュノ・ポダリデス ジーナ・ローランズ ベン・ギャザラ

不完全なふたり

  • 2007年6月30日(土)
  • 監督、構成

海外で高い評価を受ける「H story」の諏訪敦彦監督の最新作は破局の危機を迎えた夫婦の物語。11日間というハードスケジュールで撮影された全編フランス語セリフによる意欲作。

監督
諏訪敦彦
出演キャスト
ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ ブリュノ・トデスキーニ ナタリー・ブトゥフー ルイ=ドー・ド・ランクザン
2005年

帰郷(2004)

  • 2005年6月11日(土)
  • 出演(医者 役)

実力派の西島秀俊&片岡礼子共演による心温まるロードムービー。我が子かもしれない少女とささやかな冒険を繰り広げる青年の心のうつろいを繊細に捉えていく。

監督
萩生田宏治
出演キャスト
西島秀俊 片岡礼子 守山玲愛 光石研
2003年

AFTER WAR

  • 2003年1月26日(日)
  • 監督

デジカム撮影による短篇オムニバス。韓国映画の枠内ではなく、アジアの俊英監督3人による「戦後」をコンセプトとした作品集。自らも息子と共に出演している諏訪敦彦監督の「広島からの手紙」(36分)は、韓国女優キム・ホジョン(「バタフライ」)と落ち合うまでを綴ったドキュメンタルなフィクション。「バタフライ」のムン・スンウク監督作「サバイバル・ゲーム」(38分)は、株式不正の主犯に祭り上げられそうになったビジネスマンの混乱を、サバイバル・ゲームの狂騒の中で描く寓話劇。中国第六世代のワン・シャオシュアイ監督作「ニュー・イヤー」(32分)は、病状が悪化した父と、ニューヨークテロの影響で米国からの上海帰省が遅れた娘の交流を描く。2003年1月25日より、東京・テアトル池袋にて開催された「辛 韓国映画祭2003」にて上映。

監督
諏訪敦彦 ムン・スンウク ワン・シャオシュアイ
出演キャスト
キム・ホジュン チャン・ヒョンソン

H story

  • 2003年8月2日(土)
  • 監督、出演

「M/OTHER」の諏訪敦彦監督の長編第3作。ある映画の本編とメイキングを同じカメラで収めるという実験的な形式で、虚実の境界が曖昧な人間模様をスリリングに描く。

監督
諏訪敦彦
出演キャスト
ベアトリス・ダル 町田康 馬野裕朗 諏訪敦彦

関連ニュース

話題の即興映画『無限ファンデーション』に賛辞が続々!
諏訪敦彦、西川美和らも絶賛!南沙良主演『無限ファンデーション』に賛辞が続々 7月30日 17:00

『お盆の弟』(15)の大崎章監督が西山小雨の楽曲「未来へ」を原案に、台本なしの即興芝居で紡いだ『無限ファンデーション』が、8月24日(土)から公開される。このたび、諏訪敦彦、西川美和ら錚々たるメンバーからのコメントが到着…

諏訪敦彦が18年ぶりに日本で監督『風の電話』の制作が決定
映画『風の電話』でモトーラ世理奈、西島秀俊、三浦友和、西田敏行が傷ついた心を癒やす 4月11日 08:00

東日本大震災で被災した岩手県大槌町で、会えなくなった人に思いを伝える「風の電話」。朝日新聞やNHKスペシャルをはじめ、数多くの媒体で取り上げられ、被災した方が訪れては、受話器を握り、心の内を語るなど、いまもなお多くの方の…

『ユキとニナ』の監督、諏訪敦彦(左)、イポリット・ジェラルド
9歳の主演女優に完敗!?  諏訪敦彦監督の新境地 1月8日 10:58

国際的評価の高い諏訪敦彦監督が、名優イポリット・ジラルドと共に監督を務めた新作『ユキとニナ』(1月23日公開)。本作は、フランス人の父と日本人の母を持つ、ハーフで9歳の少女ユキが、両親の離婚をきっかけに成長する姿を描いた…

諏訪敦彦の関連人物

西島秀俊  光石研  高橋隆大  田中要次  石井育代 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 諏訪敦彦

ムービーウォーカー 上へ戻る