映画-Movie Walker > 人物を探す > 桑山和之

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2018年 まで合計8映画作品)

2018年

野球部員、演劇の舞台に立つ!

  • 2018年2月24日(土)公開
  • プロデューサー

福岡県八女市を舞台に価値観の異なる高校生たちの成長を綴る、実話を基にした青春ドラマ。県大会予選一回戦でエラーし敗退した野球部に、演劇部は部員レンタルを依頼。エラーした当人ら3人が助っ人に送り出され、互いに反発しながらも芝居を作りあげていく。監督は「あつい壁」の中山節夫。野球経験のある、「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」の渡辺佑太朗らが出演。

監督
中山節夫
出演キャスト
渡辺佑太朗 舟津大地 川籠石駿平 山田慎覇
2016年

ゆずの葉ゆれて

  • 2016年8月20日(土)公開
  • アソシエイトプロデューサー

松原智恵子の芸歴55周年を記念して製作されたヒューマンドラマ。隣家に住むジイちゃんが亡くなって悲しむ小学4年生の武。そこに見知らぬ少年ヒサオが現れ、宝探しに誘われた武は柚子の木の下から掘り出した古い煙草の缶をユウコという女性に渡すよう頼まれる。児童文学作家の佐々木ひとみによる椋鳩十児童文学賞受賞作『ぼくとあいつのラストラン』を原作に、本作が劇場用長編映画デビューとなる神園浩司監督が映画化。共演は「0.5ミリ」の津川雅彦、本作が映画初出演の山時聡真、「陰獣」の西村和彦、「おしん」の小林綾子、「飛べ!ダコタ」の芳本美代子、「陽光桜 YOKO THE CHERRY BLOSSOM」の真由子。

監督
神園浩司
出演キャスト
松原智恵子 津川雅彦 山時聡真 西村和彦
2009年

ララピポ

  • 2009年2月7日(土)公開
  • ライン・プロデューサー

人気作家・奥田英朗の小説を、成宮寛貫、森三中の村上知子ら個性派の共演で映画化したドラマ。風俗スカウトマンやAV女優といった“はみだし者”の姿をハイテンションに活写。

監督
宮野雅之
出演キャスト
成宮寛貴 村上知子 中村ゆり 吉村崇
2008年

天国はまだ遠く

  • 2008年11月8日(土)公開
  • 制作部応援

瀬尾まいこの同名小説を映画化したラブ・ストーリー。人生に疲れ果て田舎の街を訪れた女性と、地元青年との心の触れ合いを描く。加藤ローサとチュートリアルの徳井義実が共演。

監督
長澤雅彦
出演キャスト
加藤ローサ 徳井義実 河原さぶ 絵沢萠子
1995年

エイジアン・ブルー 浮島丸サコン

  • 1995年9月2日(土)公開
  • プロデューサー

1945年8月24日、京都舞鶴沖で爆沈した一艘の輸送船と、それを巡る親子の模様を描いた反戦ドラマ。監督は「花物語」の堀川弘通。脚本は「私が棄てた女」の山内久と、今井邦博の共同。主演は無名塾出身で、「遠き落日」の藤本喜久子。ちなみにタイトルのサコンとは、ハングルで事件を表す言葉。戦後50年作品。

監督
堀川弘通
出演キャスト
藤本喜久子 山辺有紀 益岡徹 佐藤慶
1990年

オーロラの下で

  • 1990年8月3日(金)公開
  • プロデューサー

シベリアを舞台に日本人のマタギとオオカミ犬との固い友情を描く。戸川幸夫原作の同名小説の映画化で、脚本は「傷だらけの勲章」の大和屋竺と「誓いの休暇」のイジョフ・ヴァレンティン・イワノヴィッチの共同執筆。監督は「イタズ 熊」の後藤俊夫。撮影は「公園通りの猫たち」の奥村祐治がそれぞれ担当。日本=ソ連合作。

監督
後藤俊夫
出演キャスト
役所広司 マリーナ・ズージナ 桜田淳子 ガッツ石松
1988年

上海バンスキング(1988)

  • 1988年3月13日(日)公開
  • プロデューサー

昭和初期から終戦まで上海に滞在したジャズメンたちの青春群像を描く。斎藤憐原作の同名舞台の映画化で、脚本・監督はこれが第一回作品となる串田和美、撮影は「刑事物語5 やまびこの詩」の丸池納がそれぞれ担当。

監督
串田和美
出演キャスト
吉田日出子 串田和美 笹野高史 今江冬子
1987年

イタズ 熊

  • 1987年公開
  • プロデューサー

老マタギと少年とイタズ(熊)の出会いを基に生命の大切さを描く。脚本は「結婚案内ミステリー」の小野竜之助、監督は原作も執筆した「マタギ」の後藤俊夫、撮影は同作の山崎尭也がそれぞれ担当。

監督
後藤俊夫
出演キャスト
田村高廣 桜田淳子 宮田浩史 小島三児
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 桑山和之