映画-Movie Walker > 人物を探す > 安部譲二

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2005年 まで合計16映画作品)

2005年

サンサーラ

  • 2005年1月29日(土)公開
  • 出演(ジョージ 役)

監督・脚本・撮影・音楽と1人4役をこなしたフランスの異才ジークフリートが、とある青年の放浪の旅をつづるロード・ムービー。日本を含む14か国でロケを敢行し、世界中の人々のリアルな日常が描かれている。

監督
シグフリード
出演キャスト
ロシュディ・ゼム イヴリー・ギトリス 藤谷文子 安部譲二
2004年

極道はクリスチャン 修羅の抗争

  • 2004年3月24日(水)公開
  • 出演(末松健児 役)

 「修羅がゆく」のコンビ、監督・小澤啓一と主演・哀川翔によるアクション・ドラマ。かつては札つきのチンピラだったクリスチャンの回想劇。暴力団と激しい抗争を繰り返していた日々を描く。

監督
小澤啓一
出演キャスト
哀川翔 石橋保 川本淳市 今井恵理
1999年

新・極道渡世の素敵な面々 きりとりブルース

  • 1999年10月23日(土)公開
  • 原作、出演(大八木 役)

半人前のチンピラの恋と友情を描く青春極道アクション。監督は「惚れたらあかん 代紋の掟」の和泉聖治。安部譲二による原作を基に、「平成金融道 裁き人」の松本功と「借王6」の岩澤勝己が共同脚色。撮影を「殺人者 KILLER OF PARAISO」の近森眞史が担当している。主演は「皆月」の北村一輝。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
和泉聖治
出演キャスト
北村一輝 高橋かおり 木下ほうか 小松政夫
1998年

新・極道渡世の素敵な面々 女になった覚えはねぇ

  • 1998年11月7日(土)公開
  • 原作

バブル崩壊、暴対法の成立など刻々と変化する極道社会で生きる修行中のチンピラと、その周りの個性豊かな面々の生き様を描いたヤクザ映画。監督は和泉聖治、脚本は松本功と岩澤勝巳。主演は原田龍二、哀川翔、坂上香織。

監督
和泉聖治
出演キャスト
原田龍二 哀川翔 坂上香織 中野英雄

極道の妻たち 決着

  • 1998年1月17日(土)公開
  • 出演(江頭 役)

夫を罠にはめ、暴利を貪る傘下の悪徳ヤクザに闘いを挑む、極妻の活躍を描いた人気シリーズの第10弾にして最終作。監督は「極道の妻たち危険な賭け」の中島貞夫。脚本は「まむしの兄弟」の高田宏治。撮影を「鉄と鉛 STEEL&LEAD」の仙元誠三が担当している。主演は「瀬戸内ムーンライト・セレナーデ」の岩下志麻。

監督
中島貞夫
出演キャスト
岩下志麻 かたせ梨乃 とよた真帆 中条きよし
1997年

借王

  • 1997年10月11日(土)公開
  • 出演(沢栄次 役)

借金に苦しむ男女3人組が、巧妙な騙しの手口で大金を得ようとする姿を描いたコメディ。監督は「実録新宿の顔 新宿愚連隊物語」の和泉聖治。土山しげると平井りゅうじによる同名コミックを、松本功と旺季志ずかが共同脚色。撮影を「実録新宿の顔 新宿愚連隊物語」の鈴木耕一が担当している。主演は「うなぎ」の哀川翔と、「ピエタ」の志賀勝、「紳士同盟」の夏樹陽子。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
和泉聖治
出演キャスト
哀川翔 志賀勝 夏樹陽子 三谷昇

借王2

  • 1997年10月11日(土)公開
  • 出演(沢栄次 役)

借金に苦しむ3人組が、再び集結して手強い敵相手に詐欺を働くコメディ・シリーズの第2弾。監督は「借王」の和泉聖治と「不法滞在」の香月秀之の共同。土山しげると平井りゅうじによる同名コミックを、前作同様、松本功と旺季志ずかが共同脚色。撮影も前作と同じく鈴木耕一があたっている。主演も前作同様、哀川翔、志賀勝、夏樹陽子の3人。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
和泉聖治 香月秀之
出演キャスト
哀川翔 志賀勝 夏樹陽子 中野英雄

修羅がゆく4 東京大戦争

  • 1997年1月10日(金)公開
  • 出演(鬼塚厳 役)

場外馬券場の利権争いにつけこんで関東進出を企む関西ヤクザが仕掛けた戦争に立ち向かっていく男たちの姿を描いた極道アクションの第4弾。監督は前作までの和泉聖治に代わり、「餓狼伝」の佐々木正人が担当している。川辺優と山口正人による同名コミックを、佐々木と「修羅がゆく2 戦争勃発」の井上鉄勇が共同脚色。撮影には菊池亘があたっている。主演は「勝手にしやがれ!! 英雄計画」の哀川翔。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
佐々木正人
出演キャスト
哀川翔 萩原流行 曽根英樹 白竜
1994年

第2回欽ちゃんのシネマジャック

  • 1994年9月23日(金)公開
  • 原案、出演(看守 役)

15分映画の5本立、1本300円、料金は見た本数分だけ自己申告で払うというユニークな上映方式で93年大きな話題を集めた、萩本欽一の製作総指揮による「欽ちゃんのシネマジャック」の第2弾。第1回に続き、萩本欽一監督による「なんかへん?」の第2作、「生きる」に続く山本晋也監督の「食べる」の他、アニメーションなど全6作。おまけとして前回一般公募した新人監督による1分間映画も。

監督
萩本欽一 山本晋也 さだまさし 石黒昇
出演キャスト
渡哲也 宮沢りえ 仲代達矢 関根勤
1993年

第1回欽ちゃんのシネマジャック

  • 1993年4月17日(土)公開
  • 出演(島本洋一 役)

一本十五分の短編を五本立て、一本につき三百円の入場料を自己申告制で見るというユニークなシステムによるオムニバス作品集。萩本欽一が発案し製作総指揮を務めたもので、その萩本が監督する「港」と「なんかヘン?」のほか、黒沢直輔監督「探偵 ハーレム・ノクターン」、オーストラリア製の「ドリーム・ライダー」、山本晋也監督「生きる ある臨死」の五本を、適宜順序を変えて上映した。他に三宅恵介による三分のおまけ「大激走」も併映。その後、「元禄女太陽伝」「ダライラマの母」「きっと来るさ」「女とおんな」の四作品も参加した。

監督
黒沢直輔 ジェームス・ボーグル 萩本欽一 山本晋也
出演キャスト
橋爪功 ハロルド・ホプキンス ジェームス・ブランデル 渡哲也
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 安部譲二