映画-Movie Walker > 人物を探す > 八千草薫

年代別 映画作品( 1951年 ~ 2018年 まで合計84映画作品)

2018年

MIFUNE:THE LAST SAMURAI

  • 2018年5月12日(土)公開
  • 出演

“世界のミフネ”こと俳優・三船敏郎の偉業とその波乱に満ちた生涯に迫るドキュメンタリー。香川京子、司葉子らの共演者を始め、スティーヴン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった巨匠まで、三船に魅せられた人々の言葉からその魅力を解き明かす。監督は「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したスティーブン・オカザキ。

監督
スティーヴン・オカザキ
出演キャスト
香川京子 司葉子 土屋嘉男 加藤武
2015年

ゆずり葉の頃

  • 2015年5月23日(土)公開
  • 出演(市子 役)

一枚の画への想いを胸に軽井沢へ来た老母と周囲の人々が織りなす現代のメルヘン。監督・脚本は、故・岡本喜八監督夫人にして映画プロデューサーの中みね子(岡本みね子)。76歳にして挑んだ初監督作品。出演は八千草薫、風間トオル、岸部一徳、仲代達矢ほか。2014年10月31日より、鳥取県米子市ガイナックスシアターにて2週間先行公開。2015年5月全国公開。

監督
中みね子
出演キャスト
八千草薫 風間トオル 岸部一徳 仲代達矢
2014年

ジョバンニの島

  • 2014年2月22日(土)公開
  • 出演(声)(現代の佐和子 役)

終戦後の北方四島で起きた実話を基に、幼い兄弟に降りかかる過酷な運命を描き出した感動アニメ。『攻殻機動隊』シリーズなどで知られるスタジオ、Production I.Gがアニメーション制作を担当し、クオリティの高い映像で物語がつづられる。原作・脚本を手がけたのは「北の国から」シリーズの演出で知られる杉田成道。

監督
西久保瑞穂
出演キャスト
市村正親 仲間由紀恵 柳原可奈子 ユースケ・サンタマリア
2013年

くじけないで

  • 2013年11月16日(土)公開
  • 出演(柴田トヨ 役)

90歳をすぎてから詩作を始め、98歳で出版した処女詩集がベストセラーとなる反響を呼んだ詩人・柴田トヨ。13年1月に101歳で亡くなった彼女が詩を書きはじめたきっかけのエピソードなど、その半生をつづるヒューマンドラマ。晩年の彼女を八千草薫、若かりし日の姿を檀れい、芦田愛菜が演じる。監督は『60歳のラブレター』の深川栄洋。

監督
深川栄洋
出演キャスト
八千草薫 武田鉄矢 伊藤蘭 檀れい

舟を編む

  • 2013年4月13日(土)公開
  • 出演

2012年度の本屋大賞で第1位に輝いた、三浦しをんの同名ベストセラーを松田龍平&宮崎あおいの主演で映画化したヒューマンドラマ。15年の歳月をかけて、24万語収録の一冊の辞書を作り上げていく主人公と、老若男女揃った個性豊かな辞書編集部の仲間たちの姿を丁寧に描き出す。監督は『ハラがコレなんで』の石井裕也。

監督
石井裕也
出演キャスト
松田龍平 宮﨑あおい オダギリジョー 黒木華
2012年

ツナグ

  • 2012年10月6日(土)公開
  • 出演(ツル 役)

吉川英治文学新人賞に輝いた女流作家・辻村深月の同名小説を、若手注目株の松坂桃李主演で映画化したファンタジーテイストのヒューマンドラマ。死んだ人に1度だけ会わせてくれるという“ツナグ”の見習いの青年の目を通し、死者と生者の特別な絆を描き出す。監督は『ROOKIES 卒業』の平川雄一朗。

監督
平川雄一朗
出演キャスト
松坂桃李 樹木希林 桐谷美玲 橋本愛

明日に架ける愛

  • 2012年3月31日(土)公開
  • 出演(佐伯茂子 役)

日中友好40周年を記念して製作された心あたたまるヒューマンドラマ。元モーニング娘。の市井紗耶香を主演に迎え、中国残留日本人孤児だった祖母を持つシングルマザーと中国人青年との恋模様を描く。北京、東京、青森でのロケ映像、日中ファッション業界の裏側、東日本大震災の復興と盛り沢山の内容で人間愛を謳い上げる。

監督
香月秀之
出演キャスト
市井紗耶香 アレックス・ルー 大森絢音 林遼威
2011年

日輪の遺産

  • 2011年8月27日(土)公開
  • 出演(金原久枝 役)

『鉄道員』の浅田次郎原作、『半落ち』の佐々部清監督による歴史ミステリー。軍の密令を受けてGHQ最高司令官マッカーサーの財宝を盗んだエリート将校と20人の少女がたどる壮絶な運命を描く。『武士の家計簿』の堺雅人をはじめ、中村獅童、八千草薫ら豪華キャストの競演で日本人の矜持を骨太に描き切った感動作だ。

監督
佐々部清
出演キャスト
堺雅人 中村獅童 福士誠治 ユースケ・サンタマリア
2009年

引き出しの中のラブレター

  • 2009年10月10日(土)公開
  • 出演(松田晶子 役)

常盤貴子主演のヒューマン・ドラマ。ラジオを通じて、さまざまな人々の伝えたくても伝えられなかった"想い"を届けようとする人気パーソナリティの姿を描き、感動を誘う。

監督
三城真一
出演キャスト
常盤貴子 林遣都 中島知子 岩尾望

ディア・ドクター

  • 2009年6月27日(土)公開
  • 出演

「ゆれる」の西川美和によるミステリアスな人間ドラマ。山あいの村で、人々から慕われていた医師の失踪の原因とは? 数々の作品で独特な存在感を示してきた笑福亭鶴瓶が映画初主演。

監督
西川美和
出演キャスト
笑福亭鶴瓶 瑛太 余貴美子 井川遙

関連ニュース

『舟を編む』に池脇千鶴、八千草薫ら追加出演者発表!特報&場面写真も公開
『舟を編む』に池脇千鶴、八千草薫ら追加出演者発表!特報&場面写真も公開(2012年9月14日)

三浦しをんの同名小説を映画化した『舟を編む』(2013年4月13日公開)に、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草薫、小林薫、加藤剛が出演すること…

松坂桃李、『ツナグ』舞台挨拶で多くの観客に感激!「言うことを忘れてしまいました」
松坂桃李、『ツナグ』舞台挨拶で多くの観客に感激!「言うことを忘れてしまいました」(2012年9月11日)

辻村深月の同名小説を映画化した『ツナグ』(10月6日公開)の完成披露舞台挨拶が、9月11日に東京国際フォーラムで開催。主演の松坂桃李、樹木希林、桐谷美玲、橋本愛…

『ツナグ』の松坂桃李、会いたい人は宮本武蔵。大野いとは大塩平八郎!?
『ツナグ』の松坂桃李、会いたい人は宮本武蔵。大野いとは大塩平八郎!?(2012年9月11日)

松坂桃李主演のヒューマンファンタジー映画『ツナグ』(10月6日公開)の完成披露記者会見が、9月11日に東京国際フォーラムで開催。主演の松坂、樹木希林、桐谷美玲、…

巨大な絵馬を掲げ、松坂桃李と樹木希林が『ツナグ』の大ヒットを祈願!
巨大な絵馬を掲げ、松坂桃李と樹木希林が『ツナグ』の大ヒットを祈願!(2012年8月13日)

第32回吉川英治文学新人賞に輝いた女性作家・辻村深月の同名小説を実写化したヒューマンドラマ『ツナグ』(10月6日公開)。その大ヒット祈願を兼ねた完成報告会が8月…

辻村深月原作「ツナグ」が、松坂桃李主演×樹木希林共演で映画化!
辻村深月原作「ツナグ」が、松坂桃李主演×樹木希林共演で映画化!(2012年3月31日)

吉川英治文学新人賞受賞した、辻村深月のベストセラー小説「ツナグ」が、松坂桃李主演、樹木希林共演で映画化されることがわかった。松坂の単独主演はこれが初。『陰日向に…

堺雅人や八千草薫らが戦争や東日本大震災について熱い想いを吐露
堺雅人や八千草薫らが戦争や東日本大震災について熱い想いを吐露(2011年4月19日)

「鉄道員」「地下鉄に乗って」などのベストセラー作家、浅田次郎の小説を映画化した『日輪の遺産』(8月27日公開)の完成報告会見が4月19日にスペースFS汐留で開催…

監督も絶賛!笑福亭鶴瓶の芝居での“間”の話芸とは?
監督も絶賛!笑福亭鶴瓶の芝居での“間”の話芸とは?(2009年6月26日)

『ゆれる』(06)で各映画賞を総なめにし、注目を集める西川美和監督の最新作『ディア・ドクター』(6月27日公開)で、映画初主演を飾った落語家・笑福亭鶴瓶に撮影裏…

役所広司が初監督作『ガマの油』で“脂汗”!?
役所広司が初監督作『ガマの油』で“脂汗”!?(2009年2月4日)

日本だけではなく、『SAYURI』(05)、『バベル』(07)で世界を股にかけるビッグ・スターとなった役所広司が、『ガマの油』(6/6公開)で監督デビュー! 本…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 八千草薫