映画-Movie Walker > 人物を探す > 黒柳徹子

年代別 映画作品( 1958年 ~ 2012年 まで合計18映画作品)

2012年

いわさきちひろ 27歳の旅立ち

  • 2012年7月14日(土)公開
  • 出演

『窓ぎわのトットちゃん』(黒柳徹子・著)の絵などで知られ、世代を超え愛され続ける絵本画家いわさきちひろの知られざる人生に迫ったドキュメンタリー。監督・編集は「Beautiful Islands ビューティフル アイランズ」の海南友子。

監督
海南友子
出演キャスト
黒柳徹子 高畑勲 中原ひとみ 松本善明
2006年

死者の書

  • 2006年2月11日(土)公開
  • 出演(声)(當麻の語部の媼(声) 役)

日本を代表する人形アニメ作家・川本喜八郎による作品に宮沢りえ、江守徹ら豪華俳優が声優として参加。奈良時代、非業の死をとげた大津皇子の魂を鎮めようとする姫の物語だ。

監督
川本喜八郎
出演キャスト
岸田今日子 宮沢りえ 観世銕之丞 黒柳徹子
2002年

くぐつ

  • 2002年3月9日(土)公開
  • 語り

現代手遣い人形劇の第一人者、故・水田外史の芸道に迫る記録映画。人形芝居の創作に生涯を捧げた彼の半生を、黒柳徹子のナレーションを交えて温かく見つめる。

出演キャスト
水田外史 中島咲枝 荻野義幸 若林久美子
1999年

アイ・ラヴ・ユー(1999)

  • 1999年11月6日(土)公開
  • 出演(黒柳徹子 役)

手話での演劇を目指す耳の不自由な女性と、彼女を巡る人たちとの心の触れ合いを描くヒューマン・ドラマ。監督は、「GAMA/月桃の花」の大澤豊と”日本聾者劇団”の演出家である米内山明宏。脚本は、自身による原作を基に岡崎由起子が執筆。撮影を「GAMA/月桃の花」の岡崎宏三が担当している。主演はNHK『のっぽさんの手話入門』への出演経験を持つ、新人の忍足亜希子。芸術文化進行基金助成作品。

監督
大澤豊 米内山明宏
出演キャスト
忍足亜希子 岡崎愛 田中実 不破万作
1995年

アンネの日記(1995)

  • 1995年8月19日(土)公開
  • 出演(声)(ペネロトラ(声) 役)

戦争の狂気と人種差別の犠牲となった、少女アンネ・フランクのあまりにも有名な日記をアニメ化した感動作。監督は「それいけ!アンパンマン 恐竜ノッシーの大冒険」の永丘昭典。声の出演は、アンネ役に“グリコBIGプッチンプリン”のCMモデルで知られる高橋玲奈ほか、加藤剛、樫山文枝、SMAPの草なぎ剛、黒柳徹子、坂上二郎ら。また「ピアノ・レッスン」のマイケル・ナイマンが作曲した悲しげなピアノのメロディも印象的。

監督
永丘昭典
出演キャスト
高橋玲奈 加藤剛 樫山文枝 草なぎ剛
1989年

善人の条件

  • 1989年5月3日(水)公開
  • 出演(出前のおばさん 役)

潔癖性の学者が田舎の市長選挙に立候補し、やがて金権腐敗の泥沼に堕ちていく姿を描く。原作・脚本・監督は「四月の魚」(原作・脚本のみ)のジェームス三木、撮影は「女咲かせます」の坂本興隆がそれぞれ担当。

監督
ジェームス三木
出演キャスト
津川雅彦 すまけい 小林稔侍 橋爪功
1987年

トットチャンネル

  • 1987年公開
  • 原作、ナレーション

NHKが日本で初めてのテレビ放送を始め、その専属俳優となった少女が失敗をしながらも成長していく様を描く。黒柳徹子が自分の体験を基に綴った同名小説の映画化で、脚本・監督は「恋する女たち」の大森一樹、撮影は「映画女優」の五十畑幸勇がそれぞれ担当。

監督
大森一樹
出演キャスト
斉藤由貴 渡辺典子 村上里佳子 網浜直子
1977年

春男の翔んだ空

  • 1977年12月19日(月)公開
  • 出演(あだち書店の客 役)

献身的に障害児と共に生き、飛行機事故で、志しなかばで倒れた身障児学級教師・野杉春男とその教え子たちの生活を描く。脚本・演出は「はだしのゲン 涙の爆発」の山田典吾、撮影も同作の小林節雄がそれぞれ担当。

監督
山田典吾
出演キャスト
永六輔 佐藤オリエ 愛川欽也 原知佐子
1972年

サマー・ソルジャー

  • 1972年3月25日(土)公開
  • 出演(谷川夫人 役)

ベトナム反戦、沖縄闘争など、流動する現実世界で、闘い悩む人々、自己の生を主張しさすらう人々、実在の二人の脱走兵を匿まった協力家庭で起こった実際の出来事をドキュメンタリー・タッチで描く。脚本を執筆したジョン・ネースンは日本文学研究家として著名。監督は「燃えつきた地図」の勅使河原宏。撮影は大鳥満洲夫が担当。

監督
勅使河原宏
出演キャスト
キース・サイクス 李礼仙 岸輝子 北村和夫
1968年

サンダーバード6号

  • 1968年8月3日公開
  • 出演(声)(ペネロープ 役)

脚本をゲリー・アンダーソンとシルヴィア・アンダーンン、監督がデイヴィッド・レイン、特殊技術の視覚効果監督をデレック・メディングスと前作「サンダーバード」とほぼ同じスタッフで作られたSF人形劇映画。撮影はハリー・オークス。音楽は、バリー・グレイが担当している。製作も、「サンダーバード」のシルヴィア・アンダーソン。なお日本語版のふきかえを、小沢重雄、大泉滉、黒柳徹子らが行なっている。テクニカラー、テクニスコープ。

監督
デイヴィッド・レイン
出演キャスト
小沢重雄 大泉滉 黒柳徹子

関連ニュース

黒柳徹子や高畑勲が語る、女流絵本画家いわさきちひろの秘められた素顔とは? 
黒柳徹子や高畑勲が語る、女流絵本画家いわさきちひろの秘められた素顔とは? (2012年5月23日)

幼い頃、学校や家で親しんだことがある絵本。誰もが一つくらいはお気に入りの作品があったはず。戦後から1970年代にかけて、多くの絵本や、童謡の挿絵を手がけた、いわ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 黒柳徹子