TOP > 映画監督・俳優を探す > リリアン・エリオット

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1934年 まで合計9映画作品)

1934年

ラッパは響く

  • 1934年
  • 出演(Senora_Ramirez 役)

「ボレロ」「わたしのすべてを」のジョージ・ラフトが出演する映画で、ポーター・エマースン・ブラウンとJ・パーカー・リード・ジュウニア共作の物語に基づいて「恐怖の四人」「新世紀」のバートレット・コーマックが映画脚色し、「ある日曜日の午後」「暴風の処女」のスティーブン・ロバーツが監督にあたり、「鷲と鷹(1933)」「女は要らねえ」のハリー・フィッシュベックが撮影したもの。助演は「戦場よさらば」「犯罪都市(1931)」のアドルフ・マンジュウ、「ボレロ」のフランセス・ドレイク、「密林の王者」「恋の手ほどき(1933)」のニディア・ウェストマン及びシドニー・トーラー、「絶対の秘密」のエドワード・エリス、セシル・B・デミルの娘キャサリン・デミル等である。

監督
スティーブン・ロバーツ
出演キャスト
ジョージ・ラフト アドルフ・マンジュウ フランセス・ドレイク シドニー・トーラー
1932年

地獄のサーカス

  • 1932年
  • 出演(Mr._McNamara 役)

「恋愛古典風景」「恋愛戦線」のアリオン・デーヴィスが主演する映画で、「太平洋爆撃隊」「男性の血潮」のクラーク・ゲーブルが相手役を勤める。原作はマーガレット・メイヨの古い舞台劇で、「やくざ者(1930)」「彼の捕えし女」のケイリー・ウィルソンが脚色し、「陽炎の春」「肉と霊」のアルフレッド・サンテルが監督し、「国際盗賊ホテル」「天国の一夜」のジョージ・バーンズが撮影している。助演者は「類人猿ターザン」のC・オープリイ・スミス「七万人の目撃者」のデイヴィッド・ランドー、「砂漠の生霊」のレイモンド・ハットン、ルース・セルウィン、モード・エバーン、ギン・ウィリアム等である。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
マリオン・デイヴィス クラーク・ゲーブル C・オーブリー・スミス レイモンド・ハットン
1930年

リリオム(1930)

  • 1930年
  • 出演(Aunt_Hulda 役)

劇作家として有名なフェレンク・モルナール原作の同名戯曲を映画化したもので主演者は「友愛天国」「サニー・サイド・アップ」のチャールズ・ファーレルである。「海の狼(1930)」の台詞を書いた劇作家のS・N・ベールマンが潤色した脚本及び台詞により、「我が心の歌(1930)」「巴里見るべし」を同じくソニア・レヴィーンが撮影台本を作り、フランク・ボーゼージが監督にあたり、チェスター・ライオンズが撮影を担当している。主演者を助けて出演するのは舞台出のローズ・ホバート、「キング・オブ・キングス(1927)」のH・B・ワーナー、「ドン・ファン(1926)」のエステル・テイラー、リー・トレイシー、その他である。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
チャールズ・ファーレル ローズ・ホバート H・B・ワーナー エステル・テイラー

女房盗塁

  • 1930年
  • 出演(Mrs._Marshall 役)

「アイスクリーム艦隊」「高等恋愛術」と同じくフランク・タトル氏が監督したクララ・ボウ嬢主演映画で、故エイヴァリー・ホップウッド氏作の喜劇をヘンリー・マイヤース氏が脚色したものである。助演者は「黄金の世界へ」「学窓を出でて」のラルフ・フォーブス氏「春宵巴里合戦」「河宿の夜」のチャールズ・ラグルズ氏、「高等恋愛術」「極楽島満員」のスキーツ・ギャラガー氏を始め、ロジタ・モレノ嬢、ジェネヴァ・ミッチェル嬢及びナタリー・キングストン嬢で、キャメラは「ワイオミングの男」「悪魔の日曜日」のハリー・フィッシュベック氏が担任している。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
クララ・ボウ ラルフ・フォーブス チャールズ・ラグルズ スキーツ・ギャラガー
1926年

お前とならば空までも

  • 1926年
  • 出演(Rosie_Potash 役)

「滑稽ホリウッド」と同じくモンタギュー・グラス氏とジュールス・エッカート・グッドマン氏との合作舞台劇をフランセス・マリオン女史が脚色し、「ステラ・ダラス(1925)」「ロモラ」等と同じくヘンリー・キング氏が監督したもので主役は「滑稽ホリウッド」と同じくジョージ・シドニー氏とアレクサンダー・カー氏とが演じ「ドロシー・ヴァーノン」「王様万歳」等出演のアラン・フォレスト氏、「沈黙の命令」等出演のベティー・ジュウエル嬢、リリアン・エリオット嬢、ロバート・シェプール氏等が助演する愉快なる笑劇である。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ジョージ・シドニー アレクサンダー・カー ベティー・ジュウエル アラン・フォレスト
1925年

古着屋クーガン

  • 1925年
  • 出演(Mrs._Burke 役)

「屑屋の大将」に続いて製作されたジャッキー・グーガン君主演映画で、「屑屋の大将」の続編としてウイラード・マック氏が再びクーガン君のために執筆した物語をケネス・B・クラーク氏が脚色し、「屑屋の大将」「少年ロビンソン」等と同じくエドワード・クライン氏が監督した。相手役は「屑屋の大将」出演のマックス・デイヴィッドソン氏が勤め、「初陣ハリー」出演のジョーン・クローフォード嬢を始め、アラン・フォレスト氏、リリアン・エリオット嬢、ジェームズ・メイスン氏等が助演している。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
ジャッキー・クーガン マックス・デイヴィッドソン ジョーン・クロフォード アラン・フォレスト

三人の踊子

  • 1925年
  • 出演(Mrs._O'Dare 役)

「パリ」と同じくエドモンド・グールディング氏の監督サック品で、エドワード・ドゥリング氏の原作を氏自ら脚色して監督完成したものである。主役たる三人の踊子に扮するのは、「マイク」「滑れケリー」主演をサリー・オニール嬢、「密輸入者の恋」「パリ」のジョーン・クローフォード嬢、「我が子」「鷲鳥飼う女」のコンスタンス・ベネット嬢、の三人で、そのじょか「滑れケリー」「マイク」のウィリアム・ヘインズ氏、「パリ」のダグラス。ギルモア氏「笑う男」のサム・ド・グラッス氏、「勇肌美人女給」のヘンリー・コルカー氏、等も主演している。

監督
エドモンド・グールディング
出演キャスト
コンスタンス・ベネット ジョーン・クロフォード サリー・オニール ウィリアム・ヘインズ

腕自慢

  • 1925年
  • 出演(Mrs._Casey 役)

ローレンス・ライジング氏作の小説をハリー・ベーン氏とアグネス・クリスティン・ジョンストン女史が脚色し「男子凱旋」「君が名呼べば」等と同じくキング・ヴィダー氏が監督したもので「富に群る者」「売られて行く魂」等出演のエリナー・ボードマン嬢「パンの問題」「美人懸賞」等出演のパット・オマリー氏「建国の乙女」「虚栄の市(1923)」等出演のハリソン・フォード氏が主演しジョージ・ニコルズ氏、プリシラ・ボーナー嬢、上山草人氏等が助演する。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
エリナー・ボードマン パット・オマリー ハリソン・フォード トリクシー・フリガンザ
1924年

コーラス・ガール

  • 1924年
  • 出演(Mrs._Patrick_O'Brien 役)

「サンライズ」「アメリカ美人」「太洋の狼」等出演のマーガレット・リヴィングストン嬢の出演する映画で、「第一曲馬団」「太洋の狼」等と同じくラルフ・インス氏が監督している。原作はジェームズ・フォーブス氏の舞台劇で、ブラッドリー・キング女史が映画へと脚色した。相手役「マダムX」「異郷の露」等出演のアラン・ロスコー氏で、そのほかヴァージニア・リー・コービン嬢フィロ・マッカロー氏、イヴ・サザーン嬢、近ごろは監督をしているロイド・イングレアム氏や、マーヴィン・ルロイ氏等が出演している。

監督
ラルフ・インス
出演キャスト
マーガレット・リヴィングストン アラン・ロスコー ヴァージニア・リー・コービン リリアン・エリオット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > リリアン・エリオット

ムービーウォーカー 上へ戻る