TOP > 映画監督・俳優を探す > ジョン・ロジャース

年代別 映画作品( 1930年 ~ 2007年 まで合計11映画作品)

2007年

トランスフォーマー

  • 2007年8月4日(土)
  • ストーリー

欧米を席巻した日本製ロボット玩具の設定をもとにしたSF超大作。監督は「アルマゲドン」のマイケル・ベイ、製作総指揮を「宇宙戦争」のスティーブン・スピルバーグが務めた。

監督
マイケル・ベイ
出演キャスト
シャイア・ラブーフ タイリース・ギブソン ジョシュ・デュアメル アンソニー・アンダーソン
2004年

キャットウーマン

  • 2004年11月3日(水)
  • 脚本

「バットマン」シリーズの人気キャラの誕生秘話を、アカデミー賞女優ハル・ベリー主演で映画化。ネコのように俊敏で、セクシーなヒロインが活躍するアクションだ。

監督
ピトフ
出演キャスト
ハル・ベリー ベンジャミン・ブラット ランベール・ウィルソン フランセス・コンロイ
2003年

ザ・コア

  • 2003年6月7日(土)
  • 脚本

人類の命運をかけた男女6人の冒険を描くスペクタクル大作。地球の核(コア)停止がもたらす大惨事と、それを阻止しようとする科学者の苦闘が壮大なスケールで展開する。

監督
ジョン・アミエル
出演キャスト
アーロン・エッカート ヒラリー・スワンク デルロイ・リンド スタンリー・トゥッチ

アメリカン・アウトロー

  • 2003年6月28日(土)
  • 脚本

アメリカ、西部開拓時代の英雄的なギャング、ジェシー・ジェームズと仲間の活躍を描いたウエスタン・アクション。虐げられた農民のために、権力に立ち向かう主人公の姿が痛快。

監督
レス・メイフィールド
出演キャスト
コリン・ファレル スコット・カーン アリ・ラーター ガブリエル・マクト
1951年

高原の夕焼

  • 1951年3月16日(金)
  • 出演(MacKenzie 役)

「ワイオミングの緑草」のスタッフ、監督ルイ・キング、製作ロバート・バスラー、撮影チャールズ・G・クラークの三人がその儘製作している1947年度作品の天然色映画。アルフレッド・オリヴァンの原作を「出獄」のジェローム・キャディが脚色し、例に依ってアルフレッド・ニューマンが音楽監督に当たった。出演者は「勝利の園」のロン・マッカリスター、「ブルックリン横町」のペギー・アン・ガーナー、「故郷の丘」のエドマンド・グウェンとレジナルド・オーウェンら。

監督
ルイ・キング
出演キャスト
ロン・マッカリスター ペギー・アン・ガーナー レジナルド・オーウェン チャールズ・アーウィン
1936年

美しき野獣(1936)

  • 1936年
  • 出演(Buddie 役)

「わたし貴婦人よ」「罪じゃないわよ」と同じくメイ・ウェスト主演映画で、ウェスト作の劇とマリオン・モーガンとジョージ・B・ダウエル作の物語を基としてこの二映画同様ウェストが脚色し台詞を書いた。監督には「アメリカの恐怖」「夜毎八時に」のラウール・ウォルシュが当たり、「アメリカの恐怖」のジョージ・クレメンスが撮影した。相手役は「男の敵」「絢爛たる殺人」のヴィクター・マクラグレンが勤め、「愛の岐路」「白蛾」のフィリップ・リード、「愛の隠れ家」のハロルド・ヒューバー、「台風」のヘレン・ジェローム・エディー、「からくり珍裁判」のルシル・グリーソン、「クレオパトラ(1934)」のハリー・ベレスフォード、「支那海」のソー・ヨング、駒井哲等が助演。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
メイ・ウェスト ヴィクター・マクラグレン フィル・リード ハロルド・ヒューバー
1934年

波止場の天使

  • 1934年
  • 出演(Goliath 役)

「女は要らねえ」「藪睨み武勇伝」のヴィクター・マクラグレンが過日危禍に他界した新人ドロシー・デルと「フープラ」「女囚の意気地」のブレストン・フォスターを相手に主演する映画で、フレデリック・シュリックの原作を「恋の凱歌」のサミュエル・ホッフェンシュタインと「路傍」のフランク・パートスが共同脚色し、「チャンドウ」「街の令嬢」のウィリアム・キャメロン・メンジースと「419号室の女」「深夜の紳士」のジョージ・サムンズが共同監督し、「生活の設計」「恋の凱歌」のヴィクター・ミルナーが撮影に当たった。主役三人を助けて「ヒョットコ夫婦」のアリスン・スキプワース、デイヴィッド・ランドー、ジョン・ロジャース、フランク・シェリダン等が出演。

監督
ウィリアム・キャメロン・メンジース ジョージ・サムンズ
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン ドロシー・デル プレストン・フォスター アリソン・スキップワース

帰らぬ船出

  • 1934年
  • 出演(Smoky 役)

「ルムバ」「ラッパは響く」のジョージ・ラフトが主演する映画で、「若草物語(1933)」「キャラバン」のジーン・パーカーが共演する。原作はアーサー・フィリップスが書き下ろしたもので自ら「類猿人ターザン(1932)」のシリル・ヒュームと共同して脚色し、「可愛いマーカちゃん」「坊やが盗まれた」のアレクサンダー・ホールが監督に当たり、「ラッパは響く」「女は要らねえ」のハリイ・フィッシュベックが撮影した。助演は「朱金昭」のアンナ・メイ・ウォン、「明日なき抱擁」のケント・テイラー、「ロイドの大勝利」のE・アリン・ウォーレン、「恋の手ほどき(1933)」のビリー・ビーヴァン、モンタギュー・ラヴ、ロバート・ロレーンという顔ぶれである。

監督
アレクサンダー・ホール
出演キャスト
ジョージ・ラフト ジーン・パーカー アンナ・メイ・ウォン ケント・テイラー
1931年

怪探偵張氏

  • 1931年
  • 出演(Martin 役)

「熱砂果つるところ」と同じくアール・ディア・ビッガース作のチャリー・チャン・シリーズの一篇を映画化したもので脚色は「盗まれた接吻」のフィリップ・クライン及びバリー・コナーズ。の二者が受持ち、監督は「盗まれた接吻」のハミルトン・マクファッデンがあたっった。主演者は「フーマンチュウ博士」「放浪の王者(1930)」のワーナー・オーランドで「ビッグ・トレイル(1930)」「巴里見るべし」のマーゲリット・チャーチル、「我が心の歌(1930)」のジョン・ギャリック、「河上の別荘」のウォーレン・ハイマー、「トレスパサー」のウィリアム・ホールデンその他が助演、カメラは「悪に咲く華」「拳銃の洗礼」のジョージ・シュナイダーマンが担当である。

監督
ハミルトン・マクファッデン
出演キャスト
マーゲリット・チャーチル ジョン・ガーリック ワーナー・オーランド ウォーレン・ハイマー
1930年

ラッフルズ

  • 1930年
  • 出演(Crawshaw 役)

米国の探偵小説家E・W・ホーナング作の短編集を基として「ブルドッグ・ドラモンド」のシドニー・ハワードが脚本を組み立て「愛欲の人魚」「彼の捕えし女」のジョージ・フィッツモーリスが監督しジョージ・バーンズ、グレッグ・トーランドが撮影にあたった映画で、主演者は「ブルドッグ・ドラモンド」「海のロマンス」のロナルド・コールマン。助演者は「戦争と貞操」のケイ・フランシス、その他ブラムウェル・フレッチャー、フランセス・デード、デイヴィッド・トーレンスなどである。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ロナルド・コールマン ケイ・フランシス ブラムウェル・フレッチャー フランセス・デード
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジョン・ロジャース

ムービーウォーカー 上へ戻る