映画-Movie Walker > 人物を探す > エスター・ハワード

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1952年 まで合計9映画作品)

1952年

地獄の銃火

  • 1952年11月15日(土)
  • 出演(Birdie 役)

「西部の怒り」と同じくウィリアム・J・オサリヴァンが製作、ダレルとスチュアート・マクゴワンが脚色、ウィリアム・エリオットとマリー・ウィンザーが主演した西部活劇1949年作品。助監督出身のR・G・スプリングスティーンが監督に当たり、撮影は「硝煙の新天地」のジャック・マータ、作曲はデール・バッツ。助演者はフォレスト・タッカー(「暴力帝国」)、ジム・デイヴィス、H・B・ワーナー、ポール・フィックスら。

監督
R・G・スプリングスティーン
出演キャスト
ウィリアム・エリオット マリー・ウィンザー フォレスト・タッカー ジム・デイヴィス
1936年

美しき野獣(1936)

  • 1936年
  • 出演(Fanny 役)

「わたし貴婦人よ」「罪じゃないわよ」と同じくメイ・ウェスト主演映画で、ウェスト作の劇とマリオン・モーガンとジョージ・B・ダウエル作の物語を基としてこの二映画同様ウェストが脚色し台詞を書いた。監督には「アメリカの恐怖」「夜毎八時に」のラウール・ウォルシュが当たり、「アメリカの恐怖」のジョージ・クレメンスが撮影した。相手役は「男の敵」「絢爛たる殺人」のヴィクター・マクラグレンが勤め、「愛の岐路」「白蛾」のフィリップ・リード、「愛の隠れ家」のハロルド・ヒューバー、「台風」のヘレン・ジェローム・エディー、「からくり珍裁判」のルシル・グリーソン、「クレオパトラ(1934)」のハリー・ベレスフォード、「支那海」のソー・ヨング、駒井哲等が助演。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
メイ・ウェスト ヴィクター・マクラグレン フィル・リード ハロルド・ヒューバー
1933年

魔の海底

  • 1933年
  • 出演(Lily 役)

「キング・コング(1933)」「肉の蝋人形(1933)」のフェイ・レイと「山に住む女」「大空の闘士」のラルフ・ベレミイが共演する映画で、「アメリカの暴露」「たそがれの女」のジョー・スワーリングが書き下ろした台本により「狂恋のつばさ」のアルバート・ロージェルが監督し、「たそがれの女」「狂恋のつばさ」のジョセフ・ウォーカーが撮影した。助演者はフレデリック・ヴォゲディング、エスター・ハワード、トレヴァー・プランド、ポール・ペイジ等である。

監督
アル・ベラミイ
出演キャスト
ラルフ・ベラミー フェイ・レイ フレデリック・ヴォゲディング エスター・ハワード
1932年

我等は楽しく地獄へ行く

  • 1932年
  • 出演(Vi 役)

クレオ・ルーカス筆になる小説家らエドウィン・ジャスタス・メイヤー・が脚色し「めくらの鼠」「夫無き妻」のドロシー・アーズナーが監督した映画でカメラは「ミラクルマン(1932)」「鉄窓と花束」のデイヴィッド・エーベルの担任。主なる出演者は「ミラクルマン(1932)」「鉄窓と花束」のシルヴィア・シドニー、「ジーキル博士とハイド氏(1932)」「借りた人生」のフレドリック・マーチ、「アメリカの悲劇」のアオリアン・アレン、スキーツ・ギャラガー、フロレンス・アリットン、エスター・ハワード等である。

監督
ドロシー・アーズナー
出演キャスト
シルヴィア・シドニー フレドリック・マーチ エイドリアン・アレン スキーツ・ギャラガー

武装ラグビー

  • 1932年
  • 出演(Sister_Carrie 役)

「曠原の伊達男」「狂へる銀翼」のアルフレッド・ワーカーが監督した映画で、主役は「巴里の丑満時」「悪魔の富籤」のヴィクター・マクラグレンが勤め、「大西洋横断」「沈黙の証人」のグレタ・ニッセン、「キング・オブ・ジャズ」のネル・オデイ、「街の狼」「鉄窓の女」のアラン・ダインハート、「恋を食べる女」「夫を殺すまで」のアーサー・ビアスン「虎鮫」のヴィンス・バーネット、マージェリー・ビービ、エスター・ハワード、アイヴァン・リノウ、スタンリー・フィールズ等が助演している。ジョエル・セイヤーの原作をベン・マークソンとルウ・ブレスロウが共同して脚色に当たったもので、撮影は「反逆者」「春ひらく(1930)」のL・ウィリアム・オコンネルが担当である。

監督
アルフレッド・ワーカー
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン グレタ・ニッセン ネル・オデイ アーサー・ピアソン

拳闘のキャグネー

  • 1932年
  • 出演(Ann 役)

「群集の喚呼」に次ぐジェームル・キャグネー主演映画で、監督は「腕の男」「タクシー」等キャグネー映画をものしているロイ・デル・ルースが当たった。ジェラルド・ポーモンが書卸したストーリーをウィルソン・ミズナーと「男子入用」「支配する声」のロバート・ロードが脚色している。カメラは「シンガポール航路」「夜の大統領」のロバート・カール。助演者は「ほほえみの街」「狼火」主演のマリアン・ニクソンを始め、「母」「ブロンド・ビィナス」のディッキー・ムーア、「ルンペン紳士」「群集の喚呼」のガイ・キッビー、「空の花嫁」のヴァージニア・プルース、「腕白大将」のクラレンス・ミューズ等である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー マリアン・ニクソン ガイ・キッビー クラレンス・ミューズ

活動屋往来

  • 1932年
  • 出演(Mrs._Kelly 役)

「象狩り二人行脚」「流行スコッチ縞」と同様ジョージ・シドニー、チャーリー・マレーの共演喜劇。ハワード・J・グリーンの脚本によって「無冠の帝王」「キスメット(1930)」のジョン・フランシス・ディロンが監督し、「東は西」「猫は這い寄る」のジェリー・ブッシュが撮影したもので、助演者は「女学生の日記」のノーマン・フォスター、「尖端脚化粧」のジューン・クライド、エマ・ダン、エスター・ハワード、アイリン・パーシー等々。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
ジョージ・シドニー チャーリー・マレイ ジューン・クライド ノーマン・フォスター
1931年

鉄窓と花束

  • 1931年
  • 出演(Clara_Newman 役)

「アメリカの悲劇」「市街」のシルヴィア・シドニーが主演する映画で、「暗黒街の女(1928)」のアーネスト・ブースが書き下ろした物語を、「タッチダウン」「腕白大将」と同じくウィリアム・スレヴンス・マクナットとグローヴァー・ジョーンズとが共同で脚色して台詞をつけ「二十四時間」「失われた抱擁」のマリオン・ガーリングが監督し、「鉄壁の男」「腕白大将」のデイヴィッド・エーベルが撮影した。助演者は「小間使(1931)」のジーン・レイモンド、「キック・イン」「市街」のウィン・ギブソンを始め「大西洋横断」のアール・フォックス、「影を売る男」のロックリフ・フェローズ、「暗黒街に踊る」のパーネル・プラット、フランク・シェリダン、ジョージ・アーヴィング、フリッツィ・リッジウェイ、エスター・ハワード等。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
シルヴィア・シドニー ジーン・レイモンド ウィン・ギブソン アール・フォックス

影を売る男

  • 1931年
  • 出演(Jesie 役)

「非常線(1928)」「命を賭ける男(1930)」の原作者として、また「市街」の脚色者として知られたオリヴァー・H・P・ギャレットが組み立てられた脚本により「トム・ソーヤーの冒険」のジョン・クロムウェルが監督し、「愛する権利(1930)」「サラアと其の子」のチャールズ・ラングが撮影した映画で、主演者は「市街」「愛する権利(1930)」のポール・ルーカス。助演者として「赤新聞」「戦争と貞操」のケイ・フランシス、依然ヘレン・ジョンソンの名で「百貨店」に出たことのあるジュディス・ウッド、ウィリアム・B・デイヴィッドソン、ロックリフ・フェローズ、ジュリエット・コンプトン、エスター・ハワード。などが顔を並べている。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ポール・ルーカス ケイ・フランシス ジュディス・ウッド ウィリアム・B・デイヴィッドソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エスター・ハワード