TOP > 映画監督・俳優を探す > エヴァ・ノヴァク

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1926年 まで合計19映画作品)

1926年

仁侠の義人

  • 1926年
  • 出演(Jane_Rogers 役)

「大自然の雄叫び」「八面六臂の勇」等と同じくトム・ミックス氏主演西部活劇で、J・アレン・ダン氏作の物語をジョン・ストーン氏が脚色し、かつて「猿公万歳」を監督したルイス・サイラー氏がミックス映画の監督者となってからの第1回作品である。かつてミックス氏の相手役を演じたことのあるエヴァ・ノヴァク嬢が再び相手役を勤め、フランク・カンポー氏、マルコム・ウエイト氏、ミッキー・ムーア君等が助演している。

監督
ルイス・サイラー
出演キャスト
トム・ミックス エヴァ・ノヴァク フランク・カンポー フォレスト・テイラー

お洒落娘

  • 1926年
  • 出演(Eleanor_Hadley 役)

ジェームズ・モントゴメアリー氏作のミュージカル・コメディーを映画化したもので、レックス・テイラー氏が脚本を書き、「踊り子サリー」「滑稽ホリウッド」等と同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督した。主役は「踊り子サリー」「女名捕手」等主演のコリーン・ムーア嬢で、相手役は「踊り子サリー」「青春に浴して」等出演のジョージ・K・アーサー氏、エヴァ・ノヴァク嬢、チャールズ・マレイ氏、エドワード・アール氏等が助演している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
コリーン・ムーア ロイド・ヒューズ ジョージ・K・アーサー チャールズ・マレイ
1925年

踊子サリー

  • 1925年
  • 出演(Rosie_Laffty 役)

原作はガイ・ボルトン氏作のミュージカル・コメディーでニューヨークでジーグフェルドが長期興行をなして当てたものである。ジューン・メイシス女史が脚色したものを「小公子」「滑稽ホリウッド」等と同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督した。主役は「愛の救援列車」「青春に浴して」等出演のコリーン・ムーア嬢で「ロスト・ワールド」及び「嫉妬の創痕」等出演のロイド・ヒューズ氏が相手役を演じ、ジーグフェルド一座で大当たりを取ったレオン・エロール氏が同じく公爵の役を演じ、その他エヴァ・ノヴァク嬢、マートル・テッドマン嬢等が助演。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
コリーン・ムーア ロイド・ヒューズ レオン・エロール ダン・メーソン
1924年

必勝の意気

  • 1924年
  • 出演(Grace_Danton 役)

パーフェクション映画社第2回作品でかつて「龍の網」等の及ユ社連続映画を監督したヘンリー・マックレイ氏が監督した自動車劇で主役はエヴァ・ノヴァク嬢が演じ、「悍馬に鞭つ」等主演のウィリアム・フェアバンク氏、「富に群がる者」等出演のフィロ・マッカロー氏が共演しその他ウィルフレッド・ルーカス氏、リディア・ノット夫人等が助演している。

監督
ヘンリー・マックレイ
出演キャスト
エヴァ・ノヴァク ウィリアム・フェアバンク フィロ・マッカロー ウィルフレッド・ルーカス

死をも恐れず

  • 1924年
  • 出演(Carolyn_Hollister 役)

トルウアートからエフ・ビー・オーに転じたリチャード・タルマッジ氏の題三回作品で、フランク・ハワード・クラーク氏の原作及び脚色「男を磨いて」「名馬の鉄蹄」等と同じくジェームズ・W・ホーン氏が監督した。相手は「狂乱の都」「恋の一太刀」等出演のエヴァ・ノヴァク嬢。例によって痛快無比の喜活劇である。

監督
ジェームズ・W・ホーン
出演キャスト
リチャード・タルマッジ ジョセフ・W・ジラード Joseph Harrington エヴァ・ノヴァク

男を茶にする女

  • 1924年
  • 出演(Beatrice_Noyes 役)

フレデリック・オーリン・バートレット氏の小説に基づき、イヴ・アンセル女史とジョン・グッドリッチ氏とが脚色し、「人獣の国」「乙女ごころ」等と同じくルイ・ガスニエ氏の監督したもの。主役は「クリスチャン」「極光に踊る女」等出演のメイ・ブッシュ嬢、「返り咲く花」「アダムス・リブ」等出演のエリオット・デクスター氏「砂漠の星影」等出演のフランク・メイオ氏等で、その他にもウォルター・ハイアース氏、エヴァ・ノヴァク嬢等が出演している。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
メイ・ブッシュ フランク・メイオ エリオット・デクスター ウォルター・ハイアース
1923年

人生の異端者

  • 1923年
  • 出演(Joy_Moore 役)

「王様万歳」を監督したヴィクター・シェルツィンゲル氏がウィニフレッド・ダン女史と共に原作を書き、ダン女子が脚色し、シェルツィンゲル氏が監督したものである。主役は「冬来りなば」のパーシー・マーモント氏「子守唄(1924)」のジェーン・ノヴァック嬢、「懦夫奮起せば」のカレン・ランディス氏、「虚栄の市(1923)」出演のホバート・ボスウォース氏「天空万里」出演のエヴァ・ノヴァク嬢等良い顔ぶれである。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
ジェーン・ノヴァック パーシー・マーモント エヴァ・ノヴァク カレン・ランディス

恋の一太刀

  • 1923年
  • 出演(Anne_Paisley 役)

「乙女は恋しぬ」に続いて製作されたヴァイオラ・ダナ主演映画で、エドガー・フランクリンの原作をレックス・テイラーが脚色し、例によってハリー・ボーモンが監督した。対手役は「虚栄地獄」「村の鍛冶屋」等出演のデイヴィッド・バトラー、「乙女は恋しぬ」出演のアラン・フォレスト、「明日を見る男」出演のエヴァ・ノヴァク、「怒涛裁き」「男子怒れば」等出演のマルコム・マクレガー等という素晴らしい顔振れ。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
ヴァイオラ・ダナ デイヴィッド・バトラー エヴァ・ノヴァク アラン・フォレスト
1922年

天空万里

  • 1922年
  • 出演(estelle 役)

古くブルーバード映画の監督として有名なリン・F・レイノルズ氏の監督になるトム・ミックス主演劇で、ミックス氏の「荒武者一騎」に次ぐ作品である。相手は「死線突破」「荒武者一騎」出演のエヴァ・ノヴァク嬢。アリゾナ大渓谷を背景にした大活劇である。

監督
リン・F・レイノルズ
出演キャスト
トム・ミックス J・ファーレル・マクドナルド エヴァ・ノヴァク シド・ジョーダン
1921年

怜悧な性

  • 1921年
  • 出演(Rose 役)

「激流」「北方の狼」主演のエヴァ・ノヴァク嬢主演の人情劇で、フレッド・ルローイ・グランヴィル氏の監督になったものである。『一貫した筋と言うものがなく、ただ偶然の出来事から成り立っているが、柔身ある気分を出しているし、スターの性格が愉快なので観客をひきつけることができよう』とニュース誌は評している。

監督
フレッド・ルローイ・グランヴィル
出演キャスト
エヴァ・ノヴァク Frank Braidwood Geoffrey Webb Mayre Hall
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > エヴァ・ノヴァク

ムービーウォーカー 上へ戻る