TOP > 人物を探す > アデレード・ヒールブロン

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1951年 まで合計20映画作品)

1951年

美しき生涯

  • 1951年2月19日(月)
  • 脚色

ベス・ストリーター・アルドリッチの小説を、「悪魔の金」の原作者スティーブン・ヴィンセント・ベネットットが脚色、「科学者の道」のシェリダン・ギブニーと、アデレイド・ヘイルブロンが脚色し、「パーキントン夫人」のテイ・ガーネットが監督した1941年作品。女主人公には「我が道は遠けれど」のマーサ・スコットが扮し、「セント・メリイの鐘」のウィリアム・ガーガン、「故郷の丘」のエドモンド・グウェン、「町の人気者」のマーシャ・ハント、スターリング・ホロウェイらが助演する。

監督
ティー・ガーネット
出演キャスト
マーサ・スコット ウィリアム・ガーガン エドモンド・グウェン スターリング・ホロウェイ
1937年

恋のみちぐさ

  • 1937年
  • 原作

「勝鬨」「将軍暁に死す」のマデリーン・キャロルと「楽天伯爵」「ある雨の午後」のフランシス・レデラーが主演するもので、「歌へ陽気に」のミッシャ・オーアが共演する。原作はアデレード・ヒールブロンが書卸し、脚色には「クレイグの妻」「ギャングの家」のメアリー・C・マッコール・ジュニアが当たり、「三角の月」「生活への道」のエリオット・ニュージェントが監督した。助演者は「大学の人気者」「航空十三時間」のグレイス・ブラッドリー、「第七天国(1937)」のヴィクター・キリアン「名を失える男」のJ・C・ニュージェント、チャールズ・ウォルドン等である。

監督
エリオット・ニュージェント
出演キャスト
マデリーン・キャロル フランシス・レデラー ミッシャ・オウア グレース・ブラッドリー
1932年

百米恋愛自由型

  • 1932年
  • 脚色

チャールズ・W・ゴッダード、ポール・ディッキー合作の舞台劇から「小間使(1931)」のアデロイド・ヘイルブロンとカロリン・フランクの二人が脚色、「偽りのマドンナ」「電話の復讐」のスチュアート・ウォーカーが監督にあたった映画でっさつえいは「陽気な中尉さん」のジョージ・フォルシー担当。主なる出演者は「陽気な中尉さん」「暗殺者」のクローデット・コルベール、「大西洋横断」のエドモンド・ロウ「めくらの鼠」のスチュアート・アーウィン、ロバート・ストレンジ、ジョージ・ミーカー、ヒレナ・ロイス等である。

監督
スチュアート・ウォーカー
出演キャスト
クローデット・コルベール エドモンド・ロウ スチュアート・アーウィン ロバート・ストレンジ
1931年

私の罪

  • 1931年
  • 脚本

「心を汚されし女」でデビューしたタタルラー・バンクヘッドが「夜の天使」「彼女の名誉」のフレドリック・マーチと共演する映画。原作をフレデリック・J・ジャクソンの戯曲に仰いで、「女は真っ平(1931)」と同じくオーウェン・デイヴィスとアデレイド・ヒインブロンが共同で映画劇に改作し、「盗まれた天国」「喰人島征服」のジョージ・アボットが脚色、監督したもので、カメラは「陽気な中尉さん」「盗まれた天国」のジョージ・フォルシーが担任、助演者は新進のスコット・コルク、ナリー・デーヴェンポートその他である。

監督
ジョージ・アボット
出演キャスト
タルラー・バンクヘッド フレドリック・マーチ ハリー・ダヴェンポート スコット・コルク

小間使(1931)

  • 1931年
  • 脚色

「盗まれた天国」「夜の天使」に次ぐナンシー・キャロル主演映画で「新聞街の殺人」「恋愛四重奏」のモンタ・ベルが監督し、「姫君と武官」「新聞街の殺人」のカール・フロイントが撮影したもの。原作はグレイス・パーキンスの小説でアデリイド・ヒールブロンが脚色に当たった。助演者は「犯罪都市(1931)」のパット・オブライエン、舞台劇から映画界入りしたジェーン・レイモンド、「陽気な中尉さん」のヒュー・オコネル、「やくざ者(1930)」のジョージ・フォーセット、「女秘書の秘密」で映画初出演した舞台女優のメアリー・ボーランド・「女は真っ平(1931)」のドナルド・ミーク、ナンシー・キャロルの妹テリー・キャロル等。

監督
モンタ・ベル
出演キャスト
ナンシー・キャロル パット・オブライエン ジーン・レイモンド ヒュー・オコネル

彼の女

  • 1931年
  • 脚色

「市街」「失われた抱擁」出演のゲイリー・クーパーと「陽気な中尉さん」「彼女の名誉」のクローデット・コルベールとが共演する映画で、デール・コリンズ作の小説に基づいて「小間使(1931)」「私の罪」のアデレード・ヒールブロンとメルヴィル・ベイカーが共同して脚色した「時計の殺人」「砲煙」のエドワード・スローマンが監督、「夜の天使」「喧嘩商会」のウィリアム・スタイナーが撮影した。助演者は「女秘書の秘密」のエヴリル・ハリス、「私の罪」のハリー・ダヴェンポート、「小間使(1931)」のシャーロット・ウィンタース、リチャード・スピロ、ジョーン・ブレア、ラクェル・ダヴィダらである。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ゲイリー・クーパー クローデット・コルベール エヴリル・ハリス Joe Spurin Calleia
1929年

歓楽地帯

  • 1929年
  • 脚色

「恋と休暇」「スピード花嫁」と同じくドロシー・マッケール嬢、ジャック・マルホール氏共演喜劇で、「スピード花嫁」「真紅の海」のジョン・フランシス・ディロン氏が監督した。原作はカレッジ・ヒューマー誌の懸賞当選小説でコーネル・ウーリッチ氏が執筆したもので「狂言成金」「彼とお姫様」のアデレード・ヒールブロン女史が脚色した。撮影は「ホィップ」「踊子気質」のジェームズ・ヴァン・ツリーズ氏である。助演者は「高速度娘ジャズの巻」のドリス・ドーソン嬢、「踊子フィリス」のエドモンド・バーンズ氏、「ダイヤモンド事件」のジェームズ・フォード氏、「高速度娘」のリー・モーラン氏等の良い顔触れである。サイレント版と伴奏のみの発声版が提供される。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
ドロシー・マッケール ジャック・マルホール ドリス・ドーソン ジェームズ・フォード
1928年

楽天奇術師

  • 1928年
  • 脚本

「歓楽地帯」「恋と休暇」等と同じくドロシー・マッケール嬢、ジャック・マルホールル氏共演喜劇で、ガイ・ボルトン氏、フレッド・トンプソン氏及びジョージ・ガーシュィン氏合作のミュージカルコメディーを「歓楽地帯」「狂言成金」のアデレード・ヒールプロン女史がジョン・ワーグナー氏と共同して改作脚色し、「レビューのパリっ子」「狂言成金」のリチャード・ウォーレス氏が監督したもの。助演者はジョン・ミルジャン氏、アギー・ヘリンダ嬢、ドット・ファーレー嬢等で撮影は「壁の穴(1929)」「手紙」のジョージ・フォルシー氏担任。

監督
リチャード・ウォーレス
出演キャスト
ジャック・マルホール ドロシー・マッケール ジョン・ミルジャン ニタ・マルタン

ドラモンド大尉

  • 1928年
  • 脚色

「大学行進曲」と同じくヘクター・ターンブル氏製作、ロッド・ラ・ロック氏主演、そしてエドワード・エッチ・グリフィス氏の監督した映画である。原作を物したのはレオナード・プラスキンス氏で、アデレード・ヒールブロン女史が脚色した。ラ・ロック氏の対手役は「春爛漫」「青春万歳(1928)」のスウ・キャロール嬢であるが、そのほか「テムペスト(1928)」のウルリッヒ・ハウプト氏、ヴィクター・ポーテル氏、リチャード・タッカー氏、等も出演している。

監督
エドワード・H・グリフィス
出演キャスト
ロッド・ラロック スー・キャロル リチャード・タッカー ヴィクター・ポーテル

狂言成金

  • 1928年
  • 脚本

「弱虫運動療法」「笑う門には福来る」等主演のジャック・マルホール氏の主演喜劇でジョージ・S・カウフマン氏作の舞台劇に基づいてアデレイド・ヒールプロン女史が台本を作製し「喧嘩友達」「弱虫運動療法」等と同じくリチャード・ウォーレス氏が監督したものである。相手役は「ファゲル」「漂泊人」主演のグレタ・ニッセン嬢で、「与太成功記」「想い叶うて」主演緒サム・ハーディ氏、「長屋騒動パリの巻」「お転婆キキー(1926)」のガートルード・アスター嬢、「昼閑夫人」のウィリアム・デマレスト氏、ルーシー・ボーモン夫人、バート・ウッドラフ氏等が助演している。

監督
リチャード・ウォーレス
出演キャスト
ジャック・マルホール グレタ・ニッセン サム・ハーディ ウィリアム・デマレスト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アデレード・ヒールブロン

ムービーウォーカー 上へ戻る