TOP > 人物を探す > Kate Lester

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1925年 まで合計16映画作品)

1925年

義賊ラッフルズ

  • 1925年
  • 出演(Lady_Amersteth 役)

探偵小説家E・W・ホーナング氏の書いた短編小説集ラッフルズ物語と、ユージーン・プレスブリー氏がそれに基づいて書いた舞台劇を材料として、ハーヴェイ・シュウ氏が脚色し、「大台風」「名家の秘密」等と同じくキング・バゴッド氏が監督したものである。主役は「大台風」「風に逆らいて」等のハウス・ピーター氏と「愚なる妻」「結婚とは」等のミス・デュポン嬢でその他ウォルター・ロング氏、ヘッダ・ホッパー嬢、フリーマン・ウッド氏等が共演している。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
ハウス・ピータース ミス・デュポン ヘッダ・ホッパー Erederick Esmelton

歓楽の代償

  • 1925年
  • 出演(Mrs._Schuyler 役)

「発明の榮冠」の前に発売された作品で、同じくエドワード・スローマン氏の監督、ヴァージニア・ヴァリ嬢の主演になったもの。相手役は「バタフライ」「五番街のモデル」等出演のノーマン・ケリー氏。その他ジョージ・フォーセット氏、ルイズ・ファゼンダ嬢、ティー・ローイ・バーンズ氏等が共演している。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ヴァージニア・ヴァリ ノーマン・ケリー ルイズ・ファゼンダ Kate Lester
1924年

金魚娘

  • 1924年
  • 出演(Mrs._Bellmore 役)

マージョリー・ラムボオ夫人が当たりを取ったグラディス・アンガー女史作の舞踏劇からガードナー・サリヴァン氏が脚色し「起てよ!戦士」「アラビアの恋」等と同じくジェローム・ストーム氏が監督したもので、主役は「桃色の夜は更けて」「ダルシー」等出演のコンスタンス・タルマッジ嬢が演じ、相手役は「騒擾の巷」「ダルシー」等出演のジャック・マルホール氏で、ジーン・ハーショルト氏、ザス・ピッツ嬢、エドワード・コネリー氏、ウィリアム・コンクリン氏等が助演している。

監督
ジェローム・ストーム
出演キャスト
コンスタンス・タルマッジ ジャック・マルホール フランク・エリオット ジーン・ハーショルト
1923年

恋に生きる者

  • 1923年
  • 出演(Mrs.Stanford 役)

マデリーン・ルスヴェン女史の原作、ジョセフィン・ラヴェット女史の脚色で「富に群がる者」「ミニー」等と同じくマーシャル・ニーラン氏の監督したもの。主役は「愚か者の楽園」「土曜日の夜」等出演のコンラッド・ネーゲル氏「富に群がる者」「懐中懐かし」等に出演の最近死んだルシル・リクセン嬢で、その他にチャーリーの兄シドニー・チャップリン氏や「ターザン」で有名なエルモ・リンカーン氏等が共演する。シベリアを背景のロマンスである。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
コンラッド・ネーゲル ルシル・リクセン リチャード・トラヴァース キャスリーン・キー

結婚マーケット

  • 1923年
  • 出演(Miss_Whitcomb 役)

エドワード・ルサンの監督した結婚問題劇で、主役は「アダムス・リブ」出演のポーリン・ギャロンで、「社交界の怪賊」等出演のジャック・マルホールや、「霊界の使者」等出演のアリス・レイク等が対手役を演じている。

監督
エドワード・ルサン
出演キャスト
ポーリン・ギャロン Kate Lester マーク・ロビンス アリス・レイク

家宝の一言

  • 1923年
  • 出演(Mrs._Roland_Ferris 役)

「想出懐し」「恋と食欲」「売られ行く魂」等と同じくルパート・ヒューズが原作脚色監督をした。就も原作は妻君のアデレイド夫人との合作である。主役は「女房征服」「光栄の愚者」等出演のヘレン・チャドウィック、「仮面の勇士」「悪魔の花園」等出演のガストン・グラス、「売られ行く魂」「富に群る者」等出演のエリナー・ボードマン、「魂は帰り行く」等出演のヘンリー・B・ウォルソール等仲々良い役割である。原名の「私に下さい」というのは、細君がお小遣いを夫にせびる時言う言葉で、独立心の強い妻が、それを夫に言わなかったために面倒な事件が起こるという、奇抜な趣向なのである。

監督
ルパート・ヒューズ
出演キャスト
ヘレン・チャドウィック ガストン・グラス Kate Lester エリナー・ボードマン
1922年

裸一貫(1922)

  • 1922年
  • 出演(Mrs._Stanlaw 役)

ファースト・ナショナル社の為に映画を作っていたチャールズ・レイ氏がユナイティッド・アーティスツ社を通じて其作品を発表する事になって第一回の映画である。ハリー・ジェームズ・スミス氏の原作をかつてフォックス社映画等に出演していたアルバート・レイ氏が脚色し、やはりレイ氏の主演映画「懐かしの泉」「鉄拳舞踏」を監督したジョセフ・ド・グラス氏が監督した。俳優はチャールズ・レイ氏を始め「海路の日和」「嘘八百の世界」等出演のエセル・グランディン嬢やジャクリーン・ローガン嬢、セネット喜劇でお馴染みのエディ・グリッボン氏等其他達者な所が多数出演している。

監督
ジョセフ・ド・グラス
出演キャスト
トマス・リケッツ エセル・グランディン ヴィクター・ポーテル フランク・バトラー

光栄の愚者

  • 1922年
  • 出演(Head_Nurse 役)

「女房改造」等同様ヘレン・チャドウィック嬢主演のゴールドウィン映画で監督も同映画と同じくE・メイソン・ホッパー氏である。相手役も同映画と同様で「泣くな我が妻」にも良い腕を見せたリチャード・ディックス氏。メアリー・ロバーツ・ラインハート女史の小説から脚色映画化したものである。

監督
E・メイソン・ホッパー
出演キャスト
ヘレン・チャドウィック リチャード・ディックス ヴェラ・ルイス Kate Lester

女を征服する力

  • 1922年
  • 出演(Mrs._Wynn (Beth's_Aunt) 役)

名映画「荒れ狂う猛将」同様セルズニック映画で、我国には名声のみ昔から聞こえ主役として公開は始めてエレン・ハンマーシュタイン嬢と、タルマッチ姉妹の相手役としてお馴染みのコンウェイ・タール氏とが共演している。エドワード・J・モンターニュ氏ジョージ・アーチェンボード氏合作の創造味豊かな大喜活人情劇的原作を映画化したものでアーシェンボー氏が監督した。昨年末発売のパリパリに新しい名画。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
エレン・ハンマーシュタイン コンウェイ・タール ハラム・クーリー Kate Lester

想出懐かし

  • 1922年
  • 出演(Mom 役)

「売られて行く魂」等と同じくルパート・ヒューズの原作、脚色、監督になった映画で「小公子」「幸福の宮殿」等出演のクロード・ギリングウォーター、「我が恋せし乙女」のパッシー・ルス・ミラー、「若人よ永遠に」のカレン・ランディス等の主演である。

監督
ルパート・ヒューズ
出演キャスト
クロード・ギリングウォーター Kate Lester パッシー・ルス・ミラー カレン・ランディス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > Kate Lester