TOP > 映画監督・俳優を探す > ジョージ・マリオン

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1935年 まで合計11映画作品)

1935年

ロッキーの怪人

  • 1935年
  • 出演(Jim_Ballard 役)

西部小説界の大物ゼイン・グレイ作の「黄金の夢」を映画化した探偵劇で、「西部の掟」のエセル・ドハーティーが改作し、「風雲の支那」のエドワード・E・パラモア・ジュニアが脚色し、「戦う幌馬車」のチャールズ・バートンが監督に当たり、「国境の狼群(1934)」のアーチー・スタウトが撮影したものである。主なる出演者は「燃ゆる山道」「西部の掟」のランドルフ・スコット、「豚子売り出す」「僕の武勇伝」のチャールズ・チック・セールで「西部の掟」「我が妻を見よ」のアン・シェリダン、舞台からのレスリー・カーター夫人、「ベンガルの槍騎兵」「燃ゆる山道」のキャスリーン・バーク、「やりくり宝船」のジョージ・マリオン「暴風の処女」のジェームズ・C・イーグルス等が共演している。

監督
チャールズ・バートン
出演キャスト
ランドルフ・スコット チャールズ・チック・セール レスリー・カーター夫人 ジョージ・マリオン

メトロポリタン(1935)

  • 1935年
  • 出演(Perontelle 役)

「悪漢の唄」「キューバの恋唄」のローレンス・ティベットが主演してオペラ名曲を歌う映画で、ダリル・F・ザナックの第一回作品。原作は「シュヴァリエの巴里っ子」の脚色者ベス・メレディスが書き卸し、自ら「コンチネンタル」のジョージ・マリオン・ジュニアと協力し、「噫無情」「白衣の騎士」のリチャード・ボレスラウスキーが監督に当たり、「リリオム」のルドルフ・マテが撮影した。助演者は「曲芸団」「歓楽の女王」のヴァージニア・ブルース、「コンチネンタル」のアリス・ブレディー、「西班牙狂想曲」のシーザー・ロメロ、「歌の翼」のサーストン・ホール及びルイ・アリベルニ、「アンナ・クリスティ」のジョージ・マリオン老等である。

監督
リチャード・ボレスラウスキー
出演キャスト
ローレンス・ティベット ヴァージニア・ブルース アリス・ブラディ セザール・ロメロ
1932年

風雲の国際連盟

  • 1932年
  • 出演(Prof._Otto_Bauer 役)

「懐かしの谷」「脱走兵」主演のワーナー・バクスターが「シャーロック・ホームズ(1932)」のミリアム・ジョーダン、「裏町」「母性」のジョン・ボールズを相手役として主役を勤める映画で、ゴードン・モリスとモートン・バートー合作のストーリーを「狼火」「女性に捧ぐ」のブラッドリー・キングが脚色し、「最後の偵察」「宝石泥棒」のウィリアム・ディーターレが監督し、「十三号室の女」「オーバー・ザ・ヒル」のジョン・サイツが撮影したもの。出演者は「アンナ・クリスティ」「忘れじの面影(1930)」のジョージ・マリオン、「悪魔の富籤」「農園のレベッカ」のベリル・マーサー、「チャンドウ」のアイリーン・ウェーア、ハリウェル・ホップス等である。

監督
ウィリアム・ディターレ
出演キャスト
ワーナー・バクスター ミリアム・ジョーダン ジョン・ボールズ ジョージ・マリオン
1929年

エヴァンジェリン(1929)

  • 1929年
  • 出演(Rene_Le_Blanc 役)

「黄金の世界へ」「紅の踊」と同じくドロレス・デル・リオ嬢主演の映画でロングフェローの有名な叙事詩よりフィニス・フォックス氏が脚色し「復活(1927)」「ラモナ(1927)(1927)」のエドウィン・カリュー氏が監督したもの。俳優としては主演者の他に「ラモナ(1927)(1927)」のローアンド・ドルウ氏「悲恋の楽聖」のアレック・ビー・フランシス氏、ドナルド・リード氏、ポール・マッカリスター氏、ジェームズ・マーカス氏その他が助演している。カメラは「四枚の羽根」「ラモナ(1927)」のロバート・カール氏が担当。

監督
エドウィン・カリュー
出演キャスト
ドロレス・デル・リオ ローランド・ドリュー アレック・B・フランシス ドナルド・リード
1928年

先駆者時代

  • 1928年
  • 出演(Jason_Baxter 役)

「ジェス・ジェームス」に次いで製作されたフレッド・トムソン氏第2回主演西部劇で、同じくフランク・M・クリフトン氏が原作を執筆し、ロイド・イングレアム氏がアルフレッド・L・ワーカー氏と共同して監督したものである。助演者もやはり「ジェス・ジェームス」に出演したノラ・レーン嬢及びシルヴァー・キングを始め、トム・ウィルソン氏、ウィリアム・コートライト氏、ジョージ・マリオン氏で並びに監督のロイド・イングレアム氏も出演している。

監督
ロイド・イングレアム アルフレッド・L・ワーカー
出演キャスト
フレッド・トムソン シルヴァー・キング ノラ・レーン トム・ウィルソン
1927年

鉄騎一番乗

  • 1927年
  • 出演(Dad_Peikins 役)

アルヴィン・ナイツ氏作の小説をイサドア・バーンスタイン氏が改作しドリス・マロイ女史が脚色しクルフォード・S・スミス氏が監督したもので主役は「西部の脅威」「冒険牧場」等主演のアート・アコード氏で相手役はフェイ・レイ嬢、ウィリアム・スティール氏等。

監督
クリフォード・スミス
出演キャスト
アート・アコード フェイ・レイ ウィリアム・スティール アギー・ヘリング
1926年

泰山鳴動鼠一匹

  • 1926年
  • 出演(Selectman 役)

「スキナーの夜会服」に次ぐウィリアム・Aー・サイター氏監督になるレジノールドデュー氏主演映画で、ジョン・ハンター・ブース氏作の喜劇をレックス・テイラー氏が改作しジョン・マクダーモット氏が脚色した。相手役は「ジョーンズの大事件」「天下の窮児」と同じくマリアン・ニクソン嬢が演じ、小ベン・ヘンドリックス氏、ジョージ・ニコルズ氏、マーガレット・セドン嬢、ジョージ・マリオン氏、イー・ジェー・ラトクリッフ氏等が助演する。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
レジナルド・デニー マリアン・ニクソン E・J・ラトクリフ ベン・ヘンドリックス・ジュニア
1925年

曠野の志士

  • 1925年
  • 出演(Old_Man 役)

ユナイテッド・アーチスト社におけるウィリアム・S・ハート氏第1回作品でサ タデイ・イヴニング・ポスト誌に連載されたるハル・G・エヴァーツ氏作の小説に基づいてC・ガードナー・サリヴァン氏が脚色し「職業婦人」「義賊ラッフルズ」等と同じくキング・バゴット氏が監督したもの「二挺拳銃」「断腸の笛」等出演のウィリアム・S・ハート氏の相手役には「アラビアの恋」「怒涛万里」等出演のバーバラ・ベッドフォード嬢が演じルシアン・リトルフィールド氏、J・ゴードン・ラッセル氏等が助演している。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
ウィリアム・S・ハート バーバラ・ベッドフォード ルシアン・リトルフィールド J・ゴードン・ラッセル
1923年

海の洗礼

  • 1923年
  • 出演(Chris 役)

米国第一流の劇作家ユージーン・オニール氏の傑作「アンナ・クリスティ」を故トーマス・H・インス氏総監督の下に映画化されたもので、脚色はブラッドリー・キング氏が担当し「女性を讃えよ」「巨象怒れば」等と同じくジョン・グリフィス・レイ氏が監督し、「受難のテス」「快男子ソーヤー」等主演のブランシュ・スウィート嬢がアンナに扮し、アンナの父親クリスには舞台に於いて同じくジョージ・マリオット氏が扮し、活劇俳優ウィリアムス・ラッセル氏がマットを演じて最初の性格演出を見せユージェニー・ベッセラー嬢がマーサを演ずる。

監督
ジョン・グリフィス・レイ
出演キャスト
ブランシュ・スウィート ジョージ・マリオン ウィリアム・ラッセル ユージェニー・ベッセラー
1922年

美しき虚言者

  • 1922年
  • 原作

ジョージ・マリオン原作の「ピーチー」からルス・ワイトマンが脚色し、「姿なき男」等と同じくウォーレンス・ウォースリーが監督した。主役はキャサリン・マクドナルドで、チャールズ・メレディス、ジョセフ・J・ダウリング等が対手役である。

監督
ウォーレス・ウォースリー
出演キャスト
キャサリン・マクドナルド チャールズ・メレディス ジョセフ・J・ダウリング Kate Lester
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジョージ・マリオン

ムービーウォーカー 上へ戻る