映画-Movie Walker > 人物を探す > 丸池納

年代別 映画作品( 1986年 ~ 2019年 まで合計23映画作品)

2019年

よあけの焚き火

  • 2019年3月2日(土)公開
  • 撮影

大蔵流狂言方として実際に能楽の舞台で活躍する大藏基誠・康誠親子が自身を演じるヒューマンドラマ。10歳の康誠は、師匠である父親とともに冬山の小さな家へと向かう。厳しい稽古が続くなか、近くに住む老人・宮下と災害で両親を亡くした孫の咲子が訪ねてくる。咲子を「幼な子われらに生まれ」の鎌田らい樹、宮下を世界的なジャズサックスプレイヤーである坂田明が演じる。撮影は「眠る男」「ミッドナイト・バス」の丸池納。監督は、ドキュメンタリーを中心にキャリアを積み、本作が長編デビューとなる土井康一。

監督
土井康一
出演キャスト
大藏基誠 大藏康誠 鎌田らい樹 坂田明
2017年

やがて水に歸(かえ)る

  • 2017年12月2日(土)公開
  • 撮影

「ありふれた愛に関する調査」などの榎戸耕史監督が「渇きの街」以来20年ぶりに撮り上げた劇場用作品。大学院を中退した石上は同期の矢内からある女に会ってほしいと頼まれる。その女・雛子と石上は、その後も運命に導かれるように二度三度と出会いを繰り返す。出演は「青木ヶ原」の前田亜季、「ベイブルース 25歳と364日」の趙タミヤス、「セブンティーン、北杜 夏」の寺田農。脚本は「ボーイ・ミーツ・プサン」の窪田信介。榎戸耕史が教鞭をとる桜美林大学映画専修の講師や学生もスタッフとして参加している。

監督
榎戸耕史
出演キャスト
前田亜季 永里健太朗 趙珉和 寺田農
2009年

いのちの山河 日本の青空II

  • 2009年11月14日(土)公開
  • 撮影

地方行政から見放され多くの問題を抱えていた山あいの小さな村の人々が、その苦難に立ち向かう姿を描いた実話の映画化。監督は『日本の青空』の大澤豊。出演は「さまよう刃」の長谷川初範、「おと・な・り」のとよた真帆、「沈まぬ太陽」の加藤剛、「HAZAN」の大鶴義丹、「あずみ2 Death or Love」の宍戸開、「島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん」の小林綾子など。

監督
大澤豊
出演キャスト
長谷川初範 とよた真帆 加藤剛 大鶴義丹
2008年

さくらんぼ 母ときた道

  • 2008年11月1日(土)公開
  • 撮影監督

「初恋のきた道」の脚本家が、緑あふれる農村を舞台に紡ぐ感動作。中国の人気女優ミャオ・プゥが、障害を抱えながらも我が子を慈しむ母親を熱演する。

監督
張加貝
出演キャスト
ミャオ・プゥ トゥオ・グゥオチュアン ロン・リー マ・リーウェン
2006年

待合室 Notebook of Life

  • 2006年11月4日(土)公開
  • 撮影

富司純子と寺島しのぶ、母娘の共演による実話を基にした感動のドラマ。駅の待合室に置かれた、旅人が思いをつづるノートを通して絆をはぐくむ人々の姿を温かく見つめる。

監督
板倉真琴
出演キャスト
富司純子 寺島しのぶ ダンカン あき竹城

水の花

  • 2006年8月5日(土)公開
  • 撮影

ぴあフィルムフェスティバルで賞を得た木下雄介監督の劇場映画デビュー作。父親違いの妹と運命的にめぐり合った少女の戸惑いと成長を、じっくりと見据えていく。

監督
木下雄介
出演キャスト
寺島咲 小野ひまわり 津田寛治 田中哲司
2004年

ジャンプ

  • 2004年5月8日(土)公開
  • 撮影

佐藤正午の同名小説を映画化した恋愛ミステリー。お笑いトリオ、ネプチューンの原田泰造がシリアスな主人公を好演し、恋人に去られた男の優柔不断さを繊細に体現する。

監督
竹下昌男
出演キャスト
原田泰造 牧瀬里穂 笛木優子 光石研
2001年

完全なる飼育 愛の40日

  • 2001年6月23日(土)公開
  • 撮影監督

男女の愛欲の日々をつづったヒット作の第2弾が、主演俳優を一新して登場。孤独な女子高生と彼女のパパになりたい中年男のせつない運命を、虚無感を漂わせて描く。

監督
西山洋市
出演キャスト
深海理絵 緋田康人 竹中直人 徳井優
2000年

修羅がゆく10 北陸代理決戦

  • 2000年2月25日(金)公開
  • 撮影

北陸・金沢を舞台に、本郷と伊能の闘いを描いたバイオレンス・アクションシリーズ第10弾。監督は「修羅がゆく9 北海道進攻作戦」の小澤啓一。川辺優と山口正人による同名コミックを下敷きに、小澤監督と樽原卓展、和久田正明が合同で脚本を執筆。撮影を「絆」の丸池納が担当している。主演は「修羅がゆく9 北海道進攻作戦」の哀川翔。ゲストスターに「DOA<DEAD OR ALIVE 犯罪者>」の鶴見辰吾と「ちぎれ雲 いつか老人介護」の藤森夕子。1999年9月4日 大阪・千日前国際シネマにて先行公開。

監督
小澤啓一
出演キャスト
哀川翔 萩原流行 鶴見辰吾 藤森夕子
1998年

絆 きずな

  • 1998年6月6日(土)公開
  • 撮影

様々な絆で結ばれた愛する者たちの為に、忌まわしい過去を封印しようとする男の姿を描いたドラマ。監督は「乳房」の根岸吉太郎。白川道の「海は涸いていた」を基に、「身も心も」の荒井晴彦が脚色。撮影を「眠る男」の丸池納が担当している。主演は「CURE/キュア」の役所広司。キネマ旬報日本映画ベスト・テン第10位

監督
根岸吉太郎
出演キャスト
役所広司 渡辺謙 麻生祐未 中村嘉葎雄
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 丸池納