映画-Movie Walker > 人物を探す > ローラ・レーン

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1938年 まで合計9映画作品)

1938年

4人の姉妹

  • 1938年当年公開
  • 出演(Thea 役)

ロング・アイランドのとある田舎町で音楽教師をしているアダム・レムブには4人の娘があった。エマ、ケイ、シア、アンの姉妹は、父と伯母のエッタに育てられて年頃の娘になった。ケイは歌が好きで声楽家になる志望を持ち、長女のエマは落ちついた内気な娘で、町の青年アーネストが彼女に恋をしている。シアはベン・クロウリーという45歳の富裕な男と親しくなり、彼と結婚して楽な生活を送ろうと考えているし、末娘のアンは美しく快活な娘である。父の旧友の息子でジャズ作曲家のフェリックス・ディーツがこの一家に寄宿することになった。明るい彼の性格は、この平和な一家を一層楽しくしたが、4人の娘たちは4人とも皆いつしか彼に恋慕の情を寄せるようになった。中でもエマとアンと深く彼を愛していた。フェリックスは作曲の懸賞に応募することになり、彼の友人で失業している編曲家ミッキー・ボードゥンを招いて彼に編曲を委ねた。ミッキーは虚無的な性格破産者であったが、いつしか心の奥でアンを愛するようになる。父の誕生日に祝いの席で、フェリックスはアンとの婚約を発表した。3人の姉は喜びの中にも苦しさを感じ、ケイは音楽の修業にフィラデルフィアへ行く決心を、シアはベンと結婚する決心をした。しかしエマの心は慰められない失恋の悩みに一杯であった。アンはそのことをミッキーに聞かされると、姉のために身を引く決心をした。予定された結婚式の席へアンはついに姿を見せず、ミッキーと結婚してニューヨークへ行くと電報が来た。フェリックスは傷心を抱いてその家を去った。アンの結婚生活は不幸だった。そして次の降誕祭に2人が父の家を訪れると、アンの心尽くしにもかかわらず、エマはアーネストと幸福な結婚生活を送っていた。作曲家として売出したフェリックスは今も独身で、一家の集まりに出席していた。ミッキーは停車場まで彼を送って行った。フェリックスはアンが金に困っていることを知り、別れ際にミッキーに金を渡して汽車に乗った。ミッキーは雪の夜道を猛烈なスピードで車を走らせた。病院からの報せで駆けつけると、負傷したミッキーはアンの顔を見たままで息を引取った。そして再び春が来た。声楽家として成功したケイが帰宅して、父と娘たちがシューベルトの『セレナーデ』を仲よく合奏している時、扉に人の来た気配がした。アンは駆けて行った。そこにはフェリックスが来ていたのである。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
クロード・レインズ メイ・ロブソン プリシラ・レーン ゲイル・ペイジ
1937年

映都万華曲

  • 1937年当年公開
  • 出演(Mona_Marshall 役)

「大学祭り」と同じくディック・パウエルがローズメリー・レーンを相手に主演するミュージカル物で、「大学祭り」の脚色に協力したジェリー・ウォルドがモーリス・レオと合作したストーリーを「題がK祭り」に協力したリチャード・マコーレイと3人で協力脚色し、「大学祭り」のフィナーレや「就職戦術」を監督したバスビー・バークレーが監督二当たり、「小公子」のチャールズ・ロシャーが主として撮影した。共演者は「大学祭り」の故テッド・ヒーリーおよびジョニー・デービス、「札つき女」のローラ・レーン、「唄う陸戦隊」のヒュー・ハーバート、「踊るブロードウェイ」のフランセス・ラングフォード、「ジャズと艦隊」のグレンダ・ファレル、「真珠の首飾」のアラン・モウブレイその他で、レイモンド・ペイジ管弦楽団およびベニー・グッドマンのバンドが演奏に出演し、ルーエラ・パーソンズ、ジェリー・クーパー、ケン・ナイルス等が特別出演している。

監督
バスビー・バークレー
出演キャスト
ディック・パウエル ローズメリー・レーン ローラ・レーン ヒュー・ハーバート

札つき女

  • 1937年当年公開
  • 出演(Gabby 役)

「青春の抗議」「化石の森」のベティ・デイヴィスが主演する映画で、「黒地獄」「特高警察」のアベム・フィンケルがロバート・ロッセンと協力して脚本を書卸し、「踊る三十七年」「カリアンテ」のロイド・ベーコンが監督に当たり、「カリアンテ」のジョージ・バーンズが撮影した。デーヴィスを助けて「化石の森」のハンフリー・ボガート、ローラ・レーン、「失はれた地平線」のイザベル・ジュウェル、「目撃者(1936)」のエドワード・チアネーリ、「踊る三十七年」のロサリンド・マークィス、新人ジェーン・ブライヤン、「ギャングの家」のメイヨ・メソット、新顔のジョン・ライテル、「スタアと選手」のアレン・ジェンキンス等が出演する。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ベティ・デイヴィス ハンフリー・ボガート ローラ・レーン イザベル・ジュウェル
1935年

天国突進

  • 1935年当年公開
  • 出演(Lola 役)

「トップ・ハット」「小さい親分」のエドワード・エヴァレット・ホートンが主演する映画で、チャールズ・クリステンセンの原作を「不在証明なき犯罪」のドリス・マロイが脚色し、かつてMGMに在社したウィリアム・ナイが監督に当たり、エドワード・スナイダーが撮影したもの。相手役は「街の果報者」「拳骨ハリガン」のアイリーン・ハーヴェイで、助演者は「当たり屋勘太」のジャック・ラルー、ロバート・マクウェード、ウィラード・ロバートソン、ローラ・レーン等。

監督
ウィリアム・ナイ
出演キャスト
エドワード・エヴァレット・ホートン アイリーン・ハーヴェイ ロバート・マクウェード ジャック・ラルー
1931年

春宵綺談

  • 1931年当年公開
  • 出演(Marjorie_Lorraine 役)

「ケンタッキーの唄」のジョセフ・ワグスタッフ、「有頂天時代(1930)」「ハヴァナから来た女」のローラ・レーン、「1930年フォックス・フォリース」「サニー・サイド・アップ」のフランク・リチャードソン等が主演するミュージカル・コメディー映画で、アンドリュー・ベニソンが原作を書き、「1930年フォックス・フォリース」「想夫舞曲」のウィリアム・ケイ・ウェルズが脚色台詞、「陸戦隊のモーラン」「金髪騒動」のフランク・ストレイヤーが監督、「熱砂果つるところ」「ツェッペリン倫敦襲撃」のコンラッド・ウェルズが撮影した。助演者は「最敬礼」のシャロン・リン、「浮気発散」のディキシー・リー、ウォルター・カトレット、イルカ・チェイス、チャールズ・ジューデルス等である。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
ジョセフ・ワグスタッフ ローラ・レーン シャロン・リン フランク・リチャードソン

町内大人気

  • 1931年当年公開
  • 出演(Letta_Lardo 役)

「モダーン・イヴ」その他の原作者として知られているジョン・エマーソン、アニタ・ルース2人組の執筆した舞台劇から「エロチック艦隊」「若殿頑張る」のデール・ヴァン・エヴァリーが脚色し、「象狩り二人行脚」のヴィン・ムーアが監督した映画で主なる出演者は「脱走兵」「ビッグ・マネー」のロバート・アームストロング、「沈黙の犯罪」のジーン・アーサー、「銅鉄の牙」のジェイソン・ロバーズ、スペンサー・チャーター、ローラ・レーン、ジョージ・ブレント、メアリー・ドーラン。キャメラは「キング・オブ・ジャズ」「猫は這い寄る」のジェローム・アッシュが担任している。

監督
ヴィン・ムーア
出演キャスト
ロバート・アームストロング ジーン・アーサー ジェイソン・ロバーズ Sr スペンサー・チャータース
1930年

有頂天時代(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(Patricia 役)

ニューヨークのブロードウェイに上演して当たりを取ったミュージカル・コメディーを映画化したもので「青春倶楽部(1930)」「喧嘩商会」のプロデューサーたるローレンス・シュウォブ、フランク・マンデル両氏と「サニー・サイド・アップ」「青春倶楽部(1930)」の作曲者たるB・G・デシルヴァ、リュー・ブラウン、レイ・ヘンダーソン三氏とが合作したストーリーから「悪漢の唄」「好いて好かれて」のフランセス・マリオンが脚色し「スポーツ王国」のジョー・ファーナムが台詞を書いた。監督は映画方面を新進のニック・グラインド、舞台方面を舞台上演当時と同じくエドガー・J・マクグレガーが担任。主なる出演者は舞台から来たメアリー・ローラー、ガス・シャイ、「喧嘩商会」「キング・オブ・ジャズ」のスタンリー・スミス、「ホリウッド・レビュー」のベシー・ラヴ、「スポーツ王国」のクリフ・エドワーズ、「ハバナから来た女」のローラ・レーン、トーマス・ジャクソン、デルマー・デイヴスなどで、カメラは「悪漢の唄」のパーシー・ヒルバーンがクランクしている。

監督
ニック・グラインド
出演キャスト
メアリー・ローラー スタンリー・スミス ベッシー・ラブ クリフ・エドワーズ
1929年

ハヴァナから来た女

  • 1929年当年公開
  • 出演(Joan_Anders 役)

「紐育萬華響」と同じくローラ・レーン嬢とポール・ペイジ氏とが主演しベンジャミン・ストロフ氏が監督した映画で、「最敬礼」「青空」の脚色者ジョン・ストーン氏が「紐育萬華響」のエドウィン・バーク氏と共同して書卸したもの。キャメラも「紐育萬華響」のジョセフ・ヴァレンタイン氏が担当している。助演者は「疑惑晴れて」のナタリー・ムーアヘッド嬢、「彼と女優」「手紙」のケネス・トムソン氏、「紐育萬華響」のウォーレン・ハイマー氏、ジョセフ・W・ジラード氏等である。

監督
ベンジャミン・ストロフ
出演キャスト
ローラ・レーン ポール・ペイジ ケネス・トンプソン ナタリー・ムーアヘッド

ムービートーン・フォーリス

  • 1929年当年公開
  • 出演(Lila_Beaumont 役)、出演

フォックス社がムービートーン及びテクニカラーを用いて製作したレビュー映画。原作及び監督は「ニュース前進曲」「モダーン三銃士」と同じくデービット・バトラー氏で、レビューの場合は「進軍」のマルセル・シルバー氏が助け、他にレビュー界の専門家たちが力を添えている。俳優では新進のジョン・プリードウン氏、ローラ・レーン嬢が主役に扮し、「缶詰行進曲」のシャロン・リン嬢、アーサー・スートン氏等が助演しているが、これは劇筋に関係ある人々でこの他に「青春万歳(1928)」のスウ・キャロール嬢、「モダーン三銃士」のデービッド・ローリンス氏、「デキシー歌舞曲」のステビン・フェチット氏その他の俳優、芸人が「脚」「ブレックアウェイ」以下九つのレビュー場面に出演する。唄と踊りと音楽と科白と色彩の入ったオール・トーキーのけんらんたるレビュー映画である。撮影は「呑気大将膝栗毛」のチャース・バン・エンジャー氏担当。

監督
デイヴィッド・バトラー
出演キャスト
ジョン・ブリーデン ローラ・レーン デウィット・ジェニングス シャロン・リン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ローラ・レーン