映画-Movie Walker > 人物を探す > 山川直人

年代別 映画作品( 1980年 ~ 2013年 まで合計12映画作品)

2013年

シフガフ

  • 2013年7月26日(金)公開
  • 監督

東京工芸大学映像学科の教授と卒業生と学生によって作られた、11作品の短編映画集。監督は、秋野翔一、上田真之、内田裕基、太田龍馬、小川貴之、斉藤真澄、スケガワ ユウキ、高山隆一、宝隼也、山川直人、山下征志。

監督
スケガワユウキ 内田裕基 山川直人 高山隆一
出演キャスト
小室絢楓 福多泰土 笠原時生 小池ありさ
2010年

プラスワンvol.3「驚かさないでよ!」

  • 2010年7月3日(土)公開
  • 監督

映画監督と俳優のワークショップで生まれた4本の短編からなるオムニバス。商業主義から離れ、制約にとらわれず、個性的な作品群に仕上がっている。監督は、「時の香り~リメンバー・ミー~」の山川直人。

監督
山川直人
出演キャスト
長野賢 佐伯恵 津川苑葉 沼倉正幸
2007年

東京小説 乙桜学園祭 人魚姫と王子

  • 2007年6月2日(土)公開
  • 出演(所長 役)

愛にも安らぎにも飢えている少女が、ある男との出会いをきっかけに、自らを取り戻していく過程をビビッドな色彩と共に描き出すラブストーリー。代表作『イノセント・ワールド』で若い世代に支持を持つ小説家、桜井亜美が監督・脚本。出演は少女役に「フリージア」のつぐみ、少女に焦がれるクリーニング店の店員を「出口のない海」の柏原収史。

監督
桜井亜美
出演キャスト
つぐみ 柏原収史 真中瞳 高良健吾
2001年

時の香り リメンバー・ミー

  • 2001年11月24日(土)公開
  • 監督

韓国発の感動の恋愛ドラマ「リメンバー・ミー」を、日本の映画人たちがリメイク。時空間を超えたファンタジックな恋の行方を、リアルな時代考証のなかにせつなく描き出す。

監督
山川直人
出演キャスト
吹石一恵 斎藤工 北川弘美 山中聡
1997年

deep forest

  • 1997年当年公開
  • 監督、脚本、撮影

奇妙な夢に導かれるようにして入っていった森の中で不思議な体験をする若者たちの姿を描いた短編ファンタジー。監督は「J ・MOVIE ・WARS」の一編「来たことのある初めての道」の山川直人で、自ら脚本と撮影も担当している。「ルーズ・ソックス」の併映短編として公開された。

監督
山川直人
出演キャスト
田根雅之 奥森千草 倉田大樹 白井綾
1993年

J・MOVIE・WARS

  • 1993年10月30日(土)公開
  • 監督、脚本

九二年十二月から九三年六月にかけて、WOWOW日本衛星放送において放映された、五人の気鋭の監督がそれぞれ一話約十分の映画を各四話ずつ演出した競作。時間的制約を除き、各監督が自分たちの作りたい企画を各々の個性を思う存分発揮して作り放映時から評判を呼んでいたのが劇場公開となった。日本映画の製作システムの新しい試みとしても注目された。シリーズ全体の監修を「逆噴射家族」の石井聰亙がつとめている。 石井聰亙篇「TOKYO BLOOD」 〈閃光への予感〉というテーマのもと、特に各話に共通項はなく作られた石井聰亙作品。脚本は石井と「てなもんやコネクション」の宇野イサムの共同。撮影監督は「きらきらひかる」の笠松則通。(37分) 崔洋一篇「月はどっちに出ている」 在日朝鮮人のタクシードライバーが体験するしたたかな日常を描く連作。梁石日の原作『タクシー狂噪曲』をもとに、「Aサインデイズ」の崔洋一が監督し、同作でもコンビを組んだ石橋凌が主演した。脚本は崔と鄭義信の共同。撮影は「死んでもいい」の佐々木原保志。後に作られた長編「月はどっちに出ている」のステップとなった。 山川直人篇「来たことある初めての道」 雪の北海道を舞台に、二人の男女の出会いと別れをファンタスティックに描く。監督・脚本は「バカヤロー!3 ヘンな奴ら」の一エピソード「クリスマスなんか大嫌い」の山川直人。放映時は一エピソード・一カットであったが、劇場公開用の別バージョンとなっている。撮影監督は「ワールド・アパートメント・ホラー」の篠田昇が担当。 長崎俊一篇「ワイルドサイド」 ラジオで人生相談をしている男性を中心に、大人の男女の恋愛にまつわる葛藤を描く。監督・脚本は「ナースコール」の長崎俊一。撮影監督は「誘惑者」の渡部眞が担当。 榎戸耕史篇「殺し屋アミ」 普段はごく普通の少女だが、実はプロの殺し屋であるアミの日常を描く。監督は「ありふれた愛に関する調査」の榎戸耕史。脚本は戸塚和子。撮影監督は石井篇と同じく笠松則通が担当。テレビの司会などで活躍する新人・沢弥かながヒロインに選ばれた。

監督
石井聰亙 崔洋一 山川直人 長崎俊一
出演キャスト
山田辰夫 小島正資 立原ちえみ 大山澄子
1990年

バカヤロー!3 「へんな奴ら」

  • 1990年10月20日(土)公開
  • 監督

身勝手な人間や流行現象に振り回される主人公が「バカヤロー!」と叫ぶまでの過程を四話のオムニバス形式で描くシリーズ第三弾。総指揮・脚本は「キッチン」の森田芳光。監督は新人の鹿島勤(第一話)、つか劇団出身の長谷川康雄(第二話)、CF出身の黒田秀樹(第三話)、「SO WHAT」の山川直人(第四話)。撮影監督は「ウォータームーン」の仙元誠三がそれぞれ担当。

監督
鹿島勤 長谷川康雄 黒田秀樹 山川直人
出演キャスト
平田満 原日出子 長江健次 村上里佳子
1988年

不可思議物語 FANTASTIC COLLECTION

  • 1988年当年公開
  • 監督、脚本

SF、オカルト、サスペンスなど8本の短篇からなるオムニバス映画。監督は「アイコ十六歳」の今関あきよし、「ビリィ・ザ・キッドの新しい夜明け」の山川直人、中田信一郎、伊島薫がそれぞれ2話ずつ担当。

監督
今関あきよし 中田信一郎 伊島薫 山川直人
出演キャスト
森尾由美 神田裕司 柴田義之 坂本史

SO WHAT

  • 1988年7月16日(土)公開
  • 監督、脚本

ロックが好きな4人の男子高校生の恋愛や友情など青春群像を描く。大友克洋原作の同名漫画の映画化で、脚本は「バツ&テリー」の平野靖士と「Theえれくと」の水谷俊之(村松悟)と「不可思議物語 FANTASTIC COLLECTION」(「ワン・ステップ・ビヨンド」「猫はよく朝方帰ってくる」)の山川直人が共同で執筆。監督は同作の山川、撮影は「噛む女」の篠田昇がそれぞれ担当。

監督
山川直人
出演キャスト
南渕一輝 東幹久 川岸晋也 矢野泰二
1986年

ビリィ・ザ・キッドの新しい夜明け

  • 1986年8月1日(金)公開
  • 監督、脚本

ギャングたちの襲撃から一軒の店を守るため、6人の用心棒たちが店のマスターと共に闘うまでを描く。高橋源一郎の原案を基に、彼と山川直人が脚本を共同執筆。監督は自主映画を撮り続け、これが初の35ミリ監督作品となる山川直人。撮影は「国東物語」の高間賢治が担当。主題歌は、ゼルダ(「黄金の時間」)。

監督
山川直人
出演キャスト
三上博史 真行寺君枝 室井滋 石橋蓮司
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 山川直人