TOP > 映画監督・俳優を探す > クリスチャン・スレーター

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2020年 まで合計45映画作品)

1993年

忘れられない人

  • 1993年10月23日(土)
  • 出演(Adam 役)

孤独な男女が、純粋な恋を育む姿を描いた恋愛映画。監督・製作は「タクシー・ドライバー」の製作者トニー・ビル、製作はヘレン・バートレット、エグゼクティヴ・プロデューサーは「シェイクダウン」のJ・ボイス・ハーマン・ジュニア。脚本はスタントマン出身で本作がデビューのトム・シエルチオ、撮影はジョスト・ヴァカーノ、音楽はクリフ・エイデルマンが担当。主演は「カフス!」のクリスチャン・スレイターと「いとこのビニー」のマリサ・トメイ。「ハードプレイ」のロージー・ペレズらが共演している。

監督
トニー・ビル
出演キャスト
クリスチャン・スレーター マリサ・トメイ ロージー・ペレズ

ハートブレイク・タウン

  • 1993年1月23日(土)
  • 出演(Social Worker 役)

ハリウッド大通りを溜り場にするストリート・キッズたちの姿を描いたセミ・ドキュメンタリー・タッチの群像ドラマ。監督・脚本は「ドリーム・ドリーム」の28才の新鋭マーク・ロッコ。製作はポール・ハーツバーグ、エクゼクティブ・プロデューサーはロッコとリサ・M・ハンセン、共同脚本はマイケル・ヒッチコックとカート・ヴォス、撮影は「ガッチャ」のキング・バゴット、音楽はビル・フィージが担当。主演は「恋の時給は4ドル44セント」のダーモット・マルロニー、「ツイン・ピークス」のドナ役のララ・フリン・ボイル、「蠅の王」のバルタザール・ゲティ。

監督
マーク・ロッコ
出演キャスト
ダーモット・マローニー ララ・フリン・ボイル バルサザール・ゲティ ショーン・アスティン
1994年

不思議の森の妖精たち

  • 1994年8月
  • 出演(声)

『美女と野獣』を手掛けたスタッフが贈るファンタジーアニメ。妖精のクリスタはひとりの青年と出会い心惹かれるが、巨木が切り倒されたことで、悪の妖精が解き放たれ…。

監督
ビル・クローヤー
出演キャスト
サマンサ・マシス ティム・カリー クリスチャン・スレーター ジョナサン・ウォード
1992年

カフス!

  • 1992年6月27日(土)
  • 出演(George_Kuffs 役)

サンフランシスコの民間警察パトロール・スペシャル(市警察が人手不足の解消のために管轄ごとの警察権を民間に売却、警察フランチャイズ権を保有している人々をいう)の署長となって、兄の仇を討とうとするお調子者のヒーローの活躍を描くアクション・ドラマ。監督は「スタンド・バイ・ミー」の脚本家で本作が監督デビューとなるブルース・A・エヴァンス、製作は「スタンド・バイ・ミー」の共同脚本家レイノルド・ギデオン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「逃亡者(1990)」のディノ・デ・ラウレンティス、脚本もエヴァンズとギデオンの共同。撮影は「ベイビー・トーク」のトーマス・デル・ルース、音楽は「トップガン」のハロルド・フォルターメイヤーが担当。

監督
ブルース・A・エヴァンス
出演キャスト
クリスチャン・スレーター トニー・ゴールドウィン ミラ・ジョヴォヴィッチ ブルース・ボックスライトナー
1991年

ロビン・フッド(1991・ケヴィン・コスナー)

  • 1991年7月19日(金)
  • 出演(Will Scarlett 役)

史上幾度となく映画化されてきた中世イギリスの民衆的ヒーロー、ロビン・フッドの活躍を描くアドベンチャー・ロマン。監督は主演のケヴィン・コスナーの盟友で「ファンタンゴ」のケヴィン・レイノルズ。製作はペン・デンシャム、ジョン・ワトソンとリチャード・B・ルイス。前者の2人は脚本も兼任。エグゼクティブ・プロデューサーはモーガン・クリーク・プロの会長、ジェームズ・G・ロビンソン、デイヴィッド・ニクセイ、ゲーリー・バーバー。撮影は「逃亡者(1990)」のダグラス・ミルサム。音楽は「ダイハード2」のマイケル・ケイメンが担当した。

監督
ケヴィン・レイノルズ
出演キャスト
ケヴィン・コスナー モーガン・フリーマン メアリー・エリザベス・マストラントニオ アラン・リックマン

モブスターズ 青春の群像

  • 1991年12月14日(土)
  • 出演(Charlie Lucky Luciano 役)

第一次大戦後の不況時のアメリカを背景に、ニューヨークでアメリカン・ドリームを実現させようとした実在の四人の若者達の姿を描く。製作は「3人のゴースト」「800万の死にざま」のスティーヴ・ロス。脚本は「運命の逆転」でロサンゼルス映画批評家協会の脚本賞を受賞し、アカデミー賞にもノミネートされたニコラス・カザンと本作でデビューを飾ったマイケル・メイハーン。監督は、コマーシャル界のトップ演出家として知られるマイケル・カーベルニコフ。撮影は「僕の美しい人だから」のラヨシュ・コルタイ。美術は「ディック・トレイシー」のリチャード・シルバート。音楽は「郵便配達は二度ベルを鳴らす」のマイケル・スモール。衣装デザインは、「危険な情事」「ウォール街」のエレン・ミロジニック。編集は「ダークマン」のスコット・スミス。主演は「ヤングガン2」「ロビン・フッド<プリンス・オブ・ウェールズ>」のクリスチャン・スレイター、「ダルク家の三姉妹」のパトリック・デンプシー、人気テレビシリーズ「21・ジャンプ・ストリート」で一躍有名になったリチャード・グリーコ、「ソープディッシュ」「ドアーズ」のコスタス・マンディラー。共演は「アマデウス」のF・マーリー・エイブラハム、「コックと泥棒、その妻と愛人」のマイケル・ガンボン、アンソニー・クイン、ララ・フリン・ボイルなど。

監督
マイケル・カーベルニコフ
出演キャスト
クリスチャン・スレーター パトリック・デンプシー リチャード・グリーコ コスタス・マンディラー

今夜はトーク・ハード

  • 1991年7月13日(土)
  • 出演(Mark_Hunter 役)

社会の縮図ともいえる学校の中で少しずつ、そして一気に大人になっていく少年の姿を電波ジャックのDJを手掛かりに描く。監督・脚本は「タイムズ・スクエア」(80)のアラン・モイル、エグゼクティブ・プロデューサーはサラ・リッシャー、ニコラス・スティラディス、シド・キャップ、製作はルパート・ハーヴェイ、サンディ・スターン、撮影はウォルト・ロイド、音楽はクリフ・マルチネが担当。出演はクリスチャン・スレイター、サマンサ・マシスほか。

監督
アラン・モイル
出演キャスト
クリスチャン・スレーター サマンサ・マシス アニー・ロス エレン・グリーン
1990年

ローリングキッズ

  • 1990年11月3日(土)
  • 出演(Ryan 役)

スケートボードを駆使して殺された兄の復讐に立ち上がる少年の活躍を描く青春アクション。監督は「女優フランシス」のグレアム・グリフォード、製作はローレンス・ターマンとデイヴィッド・フォスター、脚本はマイケル・トールキン、撮影はリード・スムース、音楽はジェイ・ファーガソン、編集はジョン・ライト、美術はジョン・ムトーがそれぞれ担当。

監督
グレイム・クリフォード
出演キャスト
クリスチャン・スレーター スティーヴン・バウアー エド・ローター ミコール・メルキュリオ

ヤングガン2

  • 1990年11月2日(金)
  • 出演(Arkansas_Dave_Rudabaugh 役)

88年にアメリカで大ヒットした「ヤングガン(1988)」の続編で、西部史上のヒーロー、ビリー・ザ・キッドと新メンバーも加わった“警備団“レギュレーターズ”の活躍を描くアクション大作。エグゼクティヴ・プロデューサーはジェームズ・G・ロビンソン、ジョー・ロス、ジョン・フスコ、製作はアービー・スミスとポール・シッフ、監督はニュージーランドから初めてハリウッド進出を果たしたジョフ・マーフィー、脚本はジョン・フスコ、撮影はディーン・セムラー、音楽はアラン・シルベストリが担当。出演はエミリオ・エステベス、キーファー・サザーランドほか。日本版字幕は松浦美奈。カラー、シネスコ、ドルビーステレオ。1990年作品。

監督
ジョフ・マーフィー
出演キャスト
エミリオ・エステヴェス キーファー・サザーランド ルー・ダイアモンド・フィリップス クリスチャン・スレーター

フロム・ザ・ダークサイド

  • 1990年6月1日(金)
  • 出演(Andy 役)

米TVシリーズ『フロム・ザ・ダークサイド』から発展した3話構成のホラー・オムニバス。製作はリチャード・P・ルービンスタイン、監督はこれがデビューのジョン・ハリソン、脚本はマイケル・マクドウェル(オープニング/第1話/第3話)ジョージ・A・ロメロ(第3話)、原作はアーサー・コナン・ドイル(第1話)とスティーブン・キング(第2話)、撮影はロバート・ドラパーが担当。出演はクリスチャン・スレーター、デボラ・ハリーほか。

監督
ジョン・ハリソン
出演キャスト
デボラ・ハリー マシュー・ローレンス クリスチャン・スレーター スティーヴ・ブシェーミ

関連ニュース

スチュワート(エステヴェス)はホームレスを保護するため、図書館を平和的に封鎖しようとする
“図書館戦争”がアメリカで勃発?ホームレスと図書館員の感動ドラマが日本公開へ 6月11日 08:00

『ボビー』(06)や『星の旅人たち』(10)で円熟味ある作風を披露したエミリオ・エステヴェス監督が新聞記事に着想を得た人間ドラマ『パブリック 図書館の奇跡』が、7月17日(金)より公開されることが決まった。 物語の舞台…

天才作家を支えた妻の衝撃の秘密…
ノーベル賞の裏で40年隠し続けられた秘密とは?『天才作家の妻 -40年目の真実-』予告編が到着 10月30日 12:00

世界最高の権威“ノーベル賞”を受賞した世界的作家の夫とその妻の、前代未聞のスキャンダルを描いた『天才作家の妻 -40年目の真実-』が19年1月26日(土)より公開となる。アカデミー賞に6度のノミネート実績を誇る女優グレン…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > クリスチャン・スレーター

ムービーウォーカー 上へ戻る