映画-Movie Walker > 人物を探す > 和田アキ子

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2008年 まで合計19映画作品)

2008年

愛流通センター

  • 2008年7月19日(土)公開
  • Special Thanks

人気携帯小説を映画化したラブ・ファンタジー。恋をかなえるサイトに誤って会員登録してしまった女子高生の三角関係を描く。主演は「ウナコーワ」のCMで人気の足立梨花。

監督
土屋哲彦
出演キャスト
足立梨花 前田公輝 入来茉里 近藤あゆみ
2007年

ザ・シンプソンズ MOVIE

  • 2007年12月15日(土)公開
  • 出演(声・日本語版)(マジ 役)

1987年に放映が始まった米テレビの長寿アニメ・シリーズの映画化。おバカなパパ、愛情あふれるママと3人の子供たちのシンプソン一家が、町を大騒動に巻き込む爆笑コメディ。

監督
デヴィッド・シルバーマン
出演キャスト
ダン・カステラネタ ジュリー・カヴナー Nancy Cartwright ヤードリー・スミス
1998年

極道の妻たち 決着

  • 1998年1月17日(土)公開
  • 主題歌

夫を罠にはめ、暴利を貪る傘下の悪徳ヤクザに闘いを挑む、極妻の活躍を描いた人気シリーズの第10弾にして最終作。監督は「極道の妻たち危険な賭け」の中島貞夫。脚本は「まむしの兄弟」の高田宏治。撮影を「鉄と鉛 STEEL&LEAD」の仙元誠三が担当している。主演は「瀬戸内ムーンライト・セレナーデ」の岩下志麻。

監督
中島貞夫
出演キャスト
岩下志麻 かたせ梨乃 とよた真帆 中条きよし
1996年

お日柄もよくご愁傷さま

  • 1996年5月11日(土)公開
  • 出演(入院患者 役)

結婚式にお葬式、娘の出産や自分のリストラ、さらには家庭内の問題など、次から次へと起きる騒動を通して、家族の絆を見つめ直す中年サラリーマンの姿を描いたハートフル・コメディ。監督・原案は「修羅がゆく2 戦争勃発」の和泉聖治。脚本はテレビ・ドラマ『課長さんの厄年』の布勢博一。主演は長い俳優生活で本作が初の長篇主演作品となった「時の輝き」の橋爪功。

監督
和泉聖治
出演キャスト
橋爪功 吉行和子 新山千春 松村達雄
1992年

遠き落日

  • 1992年7月4日(土)公開

世界的な細菌学の権威として広く知られる野口英世の一生を、その母シカとの関係を通して感動的に描いた伝記ドラマ。脚本は「ぼく東綺譚(1992)」の新藤兼人が執筆。監督は「白い手」の神山征二郎、撮影は同作の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
神山征二郎
出演キャスト
三田佳子 三上博史 仲代達矢 牧瀬里穂
1987年

極道の妻たちII

  • 1987年10月10日(土)公開
  • 主題曲、出演(中年の女教師 役)

極道の妻たちの世界を描いた「極道の妻たち」の第二弾。家田荘子の同名ルポルタージュの映画化で、脚本は前作の高田宏治、監督は「燃える勇者」の土橋亭、撮影は水巻祐介がそれぞれ担当。

監督
土橋亨
出演キャスト
十朱幸代 かたせ梨乃 木村一八 竹内力
1986年

スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!

  • 1986年7月20日(日)公開
  • 出演(声)(クッパ大王 役)

姫を救出するために大活躍する若者の姿を描くファミコン・アニメ。原作は任天堂、脚本は「あしたのジョー2」の高屋敷英夫、監督は「妖精フローレンス」の波多正美がそれぞれ担当。主題歌は、未来童子(「ドキ・ドキ・Do. It」)。

監督
波多正美
出演キャスト
山瀬まみ 古谷徹 和田アキ子 水島裕

スタア

  • 1986年3月21日(金)公開
  • 出演(芳枝 役)

スタアと歌手の人気者夫婦が開いたパーティでおきる珍騒動を描くブラック・ユーモアSF。筒井康隆の同名書(新潮社刊)の映画化で、脚本は筒井康隆、「女豹」の内藤誠、「オーガズム・真理子」の桂千穂の共同執筆。監督は「俗物図鑑」の内藤誠、撮影は「バロー・ギャングBC」の杉村博章がそれぞれ担当。

監督
内藤誠
出演キャスト
原田大二郎 水沢アキ 峰岸徹 中村れい子
1980年

ミスターどん兵衛

  • 1980年4月5日(土)公開
  • 出演(メーキャップ・ハナ子 役)

斜陽といわれる映画界の権威主義を風刺したり、巨匠監督をコキおろしたり、映画製作にまつわる悲喜こもごものエピソードを描く。山城新伍が出演し、アイデアも出していた「キツネどん兵衛」のテレビCMが人気を博したことから、それを一本の映画にふくらましたもの。山城新伍が企画、製作、脚本、監督、主演の五役、他に脚本を「十代 恵子の場合」の内藤誠、梶間俊一が共同で執筆、撮影は「トラック野郎 熱風5000キロ」の中島芳男がそれぞれ担当。

監督
山城新伍
出演キャスト
山城新伍 川谷拓三 長谷直美 住吉正博
1976年

喜劇 百点満点

  • 1976年10月2日(土)公開
  • 出演(福島秋子 役)

現代社会の一つの象徴と縮図である予備校を舞台にした、笑いと涙の人生コメディ。昭和11年、芸能界に第一歩を踏み出して以来、今日まで映画、演劇、テレビ、ラジオ、レコードと幅広く活躍してきた森繁久彌の芸能生活四〇周年記念映画である。脚本は高橋玄洋と監督も兼任の松林宗恵、監督の松林宗恵は、社長シリーズなど一連の森繁喜劇を二十一本撮ったベテラン。撮影は「挽歌(1976)」の村井博がそれぞれ担当。

監督
松林宗恵
出演キャスト
森繁久彌 浜木綿子 黒沢年男 榊原るみ

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 和田アキ子