TOP > 映画監督・俳優を探す > 高久進

年代別 映画作品( 1959年 ~ 1987年 まで合計23映画作品)

1987年

超人機メタルダー

  • 1987年7月18日(土)
  • 脚本

地球征服を狙う帝王ゴッドネロスに敢然と挑むメタルダーの活躍を描く。原作は八手三郎、脚本は「北斗の拳」の高久進、監督は富田義治、撮影は工藤矩雄がそれぞれ担当。「東映まんがまつり」の1本として公開。

監督
富田義治
出演キャスト
妹尾青洸 青田浩子
1986年

北斗の拳(1986)

  • 1986年3月8日(土)
  • 脚本

恋人を宿敵に奪いとられた男が、恋人を探し求める旅を続けながら、極悪非道の悪党たちと闘う姿を描く。『週刊少年ジャンプ』に連載中の武論尊、原哲夫原作の同名漫画のアニメ化で、脚本は高久進、監督は「吸血鬼ハンターD」の芦田豊雄がそれぞれ担当。主題歌は、KODOMO BAND(「ハート・オブ・マッドネス」)。

監督
芦田豊雄
出演キャスト
神谷明 山本百合子 内海賢二 大塚周夫
1980年

仮面ライダー 8人ライダーVS銀河王

  • 1980年3月15日(土)
  • 脚本

水素エネルギーを手中におさめ、宇宙征服をもくるむ銀河王とネオショッカー軍団を相手に地球を救う仮面ライダーと八人の仲間の活躍を描く。石森章太郎の同名の原作の映画化で脚本は高久進、総監督に石森章太郎、監督は平山公夫、特殊撮影は矢島信男と佐川和男がそれぞれ担当。

監督
石ノ森章太郎 平山公夫
出演キャスト
村上弘明
1978年

スパイダーマン(1978)

  • 1978年7月22日(土)
  • 脚本

山城拓也は宇宙考古学を研究する父の願いにそむき、オートバイの魅力にとりつかれ毎日をレースにあけくれていた。ある日、隕石調査に出かけた山城博士は、鉄十字団によって殺されてしまう。四百年前に重傷を負ったモンスター教授が、鉄十字団の結成に動きだしていたのであった。父からモンスター団に気をつけるようにと遺言を聞いた拓也は、悲しむ間もなく十字団に追われる。山中を逃げ回った拓也は、穴に落ちてしまうが、そこで、穴から自分を呼んでいたまぼろしの声の主に出会った。スパイダー星人のガリアというその男は、拓也にスパイダー星人の血を注入し、自分に代って鉄十字団への復讐をはたしてくれるように言う。長い眠りから目ざめた拓也は、スパイダーマンとしての能力を身につけていた。こうして山城拓也は、父の仇とスパイダー星人の四百年にわたる怨念を晴らすべく、スパイダーロボットを駆使して、鉄十字団との戦いにのぞむのだった。

監督
竹本弘一
出演キャスト
1976年
1974年

ルバング島の奇跡 陸軍中野学校

  • 1974年6月15日(土)
  • 脚本

情報収集、遊撃戦、破壊工作、殺傷戦など軍隊とは異質の教育を行った陸軍中野学校の全貌を描く。脚本は高久進と「女囚さそり 701号怨み節」の神波史男、監督は「ゴルゴ13(1973)」の佐藤純彌、撮影は「女囚さそり 701号怨み節」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
千葉真一 若林豪 夏八木勲 沢田情児

キューティーハニー(1974)

  • 1974年3月16日(土)
  • 脚本

監督
設楽博
出演キャスト
1973年

マジンガーZ対デビルマン

24本目の東映動画作品。テレビ映画のヒーロー、マジンガーZとデビルマンを共演させて、ときには対立しながらも、共に悪を相手の大活躍を描く。

監督
勝間田具治
出演キャスト
石丸博也 沢田和子 八奈見乗児 松島みのり

マジンガーZ

  • 1973年3月17日(土)
  • 脚本

少年漫画雑誌に連載され、フジTVで放映中のTVアニメーションの映画化。

監督
白根徳重
出演キャスト

高久進の関連人物

金子信雄  片山滉  岡野耕作  久保菜穂子  相馬剛三 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 高久進

ムービーウォーカー 上へ戻る