映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・オーバー

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1929年 まで合計8映画作品)

1929年

特だね記事

  • 1929年公開
  • 出演(Parker 役)

「土曜日の乙女」「處女の危期」のグランド・ウィザース氏が主役を演ずる映画で、ジェームズ・エイ・スター氏が書下した物語を「恋に身を焼く」のジョセフ・ジャクソン氏が脚色し、「男装女キャプテン」のジョン・G・アドルフィ氏が監督したものである。助演者は「赤い唇」「愛欲の絆」のマリアン・ニクソン嬢を始め、「やんちゃポーリン」「マネキンガール」のポーリン・ギャロン嬢、「娘一人に婿百人」「娘乱暴記」のエドモンド・ブリーズ氏、「懐しのアリゾナ」のフランク・キャムボー氏、「名物3羽烏」のクライド・クック氏、等である。

監督
ジョン・G・アドルフィ
出演キャスト
グラント・ウィザース マリアン・ニクソン エドモンド・ブリーズ ポーリン・ギャロン
1928年

恋愛飛行一万哩

  • 1928年公開
  • 出演(Daniel_Clyaton 役)

「リーグ戦線異常あり」「特急黒ダイヤ」と同じくハワード・ブレザートン氏が監督するモント・ブルー氏主演映画で、ジョン・ランサム氏の原作を上記2映画と同じくハーヴェイ・ゲイツ氏が脚色したもの。助演者は「特急黒ダイヤ」「喧嘩友達」のエドナ・マーフィ嬢、ロバート・オーバー氏及びバー・マッキントッシュ氏で、キャメラは「栄光」「ノアの箱船」のバーニー・マクギル氏がクランクした。

監督
ハワード・ブレザートン
出演キャスト
モント・ブルー エドナ・マーフィ バー・マッキントッシュ ロバート・オーバー
1927年

法に追われて

  • 1927年公開
  • 出演(Boris_Morton 役)

ベイヤアド・ヴェイラー氏の原作をチャールズ・ローグ氏が脚色し、「音なき警報」「天下の大評判」等と同じくエドワード・レムル氏が監督したもので、主役は「大陸縦断列車」「メイル・マン」等出演のジョニー・ウオーカー氏と「無心の大空」「男子起たば」等出演のマーガリット・ド・ラ・モツト嬢で、「5万ドル大事件」主演のラルフ・ルイス氏を始め、ロバート・オーバー氏、E・J・ラトクリフ氏等が共演している。

監督
エドワード・レムル
出演キャスト
ジョニー・ウォーカー マーゲリット・ド・ラ・モット ラルフ・ルイス ロバート・オーバー

離婚カクテル

  • 1927年公開
  • 出演(Erica_Frane 役)

「サブマリン」「空の王者」出演のラルフ・グレイヴス氏が自ら原作を書き監督をした映画で脚色はロバート・ロード氏、撮影は「リーグ戦線異常あり」のノーバート・プロディン氏の憺任。主なる出演者は前記ラルフ・グレイヴス氏のほか「五里霧中」「犠牲」のメイ・マカヴォイ嬢、「心許すな殿方に」のヘッダ・ホッパー嬢、「特だね記事」のロバート・オーバー氏、「人肉の桑港」のアンダース・ランドルフ氏等である。

監督
ラルフ・グレイヴス
出演キャスト
メイ・マカヴォイ ラルフ・グレイヴス ヘッダ・ホッパー アンダース・ランドルフ

大進軍(1925)

  • 1927年9月30日公開
  • 出演(Harry 役)

「栄光」「戦艦くろかね号」の原作者ローレンス・ストーリングス氏が執筆した物語を映画化したメトロ・ゴールドウイン社超大作品で、ハリー・ベーン氏が脚色し、「腕自慢」「半獣半人の妻」「男子凱旋」等と同じくキング・ヴィダー氏が監督した。主役は「半獣半人の妻」「男子凱旋」等出演のジョン・ギルバート氏と「愛の黒眼鏡」「神ぞ知る」等出演のルネ・アドレー嬢で、カール・デーン氏、トム・オブライエン氏、ホバート・ボスウオース氏、クレア・マクドウェル嬢、クレア・アダムス嬢等が共演している。因みにこの映画はフォトプレイ誌が1926年度最優秀映画として推薦して賞碑を与えたもの。ニューヨークに於いて96週間の長期封切り興行を終わって最近に一般に発売された。キネマ旬報外国映画ベスト・テン3位。別邦題「ビッグ・パレード」。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
ジョン・ギルバート ルネ・アドレー クレア・マクドウェル ホバート・ボスウォース
1926年

雨中の胡蝶

  • 1926年公開
  • 出演(Emsley_Charleton 役)

アンドリュー・ソーター氏の原作をチャールズ・ケニヨン氏が脚色し「えくぼ御用心」「のんだくれ」等と同じくエドワード・スローマン氏が監督したもので、主役は「えくぼ御用心」「混線脱線スターは誰だ」等主演のローラ・ラ・プラント嬢が演じ、対手役は「輝く一路」「荒み行く女性」等出演のジェームズ・カークウッド氏で、ロバート・オーバー氏、ドロシー・カミングス嬢、ルビー・ラファイエット嬢等も出演している。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ジェームズ・カークウッド ロバート・オーバー オスカー・ベレギ
1925年

からくり四人組

  • 1925年公開
  • 出演(Anton 役)

「マンダレイの道」と同じくトッド・ブラウニング氏が自ら原作を書き併せて監督した映画で、脚色だけウォルデマー・ヤング氏の手を煩はしている。主役は「死線を潜りて」「半人半獣の妻」等出演のアイリーン・プリングル嬢と「大分水嶺」「ベラ・ドンナ」出演のコンウェイ・タール氏とで、この2人を助けて「大自然を敵として」のミッチェル・ルイス氏、デイヴィッド・トーレンス氏、スタントン・ヘック氏、グラディス・ヒューレット嬢、デウィット・ジェニングス氏、ロバート・オーバー氏などが出演している。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
アイリーン・プリングル コンウェイ・タール ミッチェル・ルイス ロバート・オーバー
1922年

ヤング・ラジャー

  • 1922年公開
  • 出演(Horace_Bennett 役)

「血と砂(1922)」「巨巌の彼方」等に世界的人気を走らせたルドルフ・ヴァレンティノ氏主演のパ社映画である。ジョン・アメス・ミッチェル氏の小説とアレセア・ルース女史の劇「アモス・ジャッド」から、ジューン・メイシス女史が脚色したもので、監督は「大陸突破」「世界的選手」等のフィリップ・E・ローゼン氏である。相手役はワンダ・ホウリー嬢、其他パット・ムーア君ジョセフ・スウィッカード氏バートラム・グラスビー氏スポッティスウッド・エイケン氏等老巧者が大分見える。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ルドルフ・ヴァレンティノ ワンダ・ホウリー パット・ムーア チャールズ・オーグル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・オーバー