TOP > 人物を探す > 板倉文

年代別 映画作品( 1986年 ~ 1998年 まで合計8映画作品)

1998年

たどんとちくわ

  • 1998年12月5日(土)
  • 音楽

タクシー運転手と売れない小説家、鬱積していたフラストレーションを爆発させたふたりの中年男が巻き起こす騒動を二部構成で描いたブラック・コメディ。監督は「東京夜曲」の市川準。椎名誠の短篇小説を基に、市川監督と「たどん」部を「恋、した。」の佐藤信介、「ちくわ」部を「大怪獣東京に現わる」のNAKA雅MURAが共同脚色。撮影を「東京夜曲」の小林達比古が担当している。主演は「大往生」の役所広司と「D坂の殺人事件」の真田広之。R指定。

監督
市川準
出演キャスト
役所広司 根津甚八 安部聡子 桃井かおり
1994年

青空に一番近い場所

  • 1994年10月15日(土)
  • 音楽

ノルマに追われる気弱なサラリーマンが青空に一番近い場所=ビルの屋上で体験した、女子社員やおばあちゃんとの不思議な邂逅を描くドラマ。監督・脚本は劇団「第三舞台」の演出家で「サザンウィンズ」の鴻上尚史。撮影は「国会へ行こう!」の長谷川元吉が担当。

監督
鴻上尚史
出演キャスト
吉岡秀隆 長谷川真弓 真屋順子 麿赤兒
1993年

病院で死ぬということ

  • 1993年7月24日(土)
  • 音楽

ガン告知を受けた患者たちの闘病の日々を、彼らと接する家族や医師らの姿を交えながら描き、ターミナルケア(末期医療)の問題をとらえたドラマ。山崎章郎の同名原作(主婦の友社・刊)をもとに、「ご挨拶」の中の一挿話『佳世さん』の市川準が監督・脚本。患者たちの姿はフィックスで据えたフルサイズのベッドの映像で終始描写され、随所に人生のイメージを四季にわたり追った映像がはさみ込まれていく、ドキュメンタリー的な手法で描いていく。キネマ旬報ベストテン第三位。

監督
市川準
出演キャスト
岸部一徳 塩野谷正幸 石井育代 山内明
1991年

老人Z

  • 1991年9月14日(土)
  • 音楽

大友克洋原作・脚本・メカニックデザイン、江口寿史がキャラクターデザインを担当。SFアクション・アニメ。監督はオムニバス・アニメ「ロボット・カーニバル」の一話を担当した北久保弘之。

監督
北久保弘之
出演キャスト
松村彦次郎 横山智佐 小川真司 近石真介
1990年

つぐみ

  • 1990年10月20日(土)
  • 音楽

生まれつき体が弱いわがままな少女つぐみと彼女を囲む人々とのひと夏の出来事を描く。吉本ばなな原作『TUGUMI』の映画化で、脚本・監督は「ノーライフキング」の市川準。撮影は「バカヤロー! 私、怒ってます」の川上皓市がそれぞれ担当。

監督
市川準
出演キャスト
牧瀬里穂 中嶋朋子 白島靖代 真田広之
1988年

会社物語 MEMORIES OF YOU

  • 1988年11月26日(土)
  • 音楽

定年を間近に控えたサラリーマンが、若い頃に情熱を傾けたジャズのコンサートを開こうとする姿を描く。脚本・監督は「BU・SU」の市川準、共同脚本は鈴木聡、撮影は小野進がそれぞれ担当。

監督
市川準
出演キャスト
ハナ肇 西山由美 犬塚弘 安田伸
1987年

BU・SU

  • 1987年10月31日(土)
  • 音楽

片田舎で育った性格ブスの女の子が東京での生活で人にもまれ、自分のカラを破り自立していく姿を描く。脚本は内館牧子が執筆、監督はCMディレクターでこれが劇場用映画第一回作品となる市川準、撮影は「ドン松五郎の生活」の小林達比古がそれぞれ担当。

監督
市川準
出演キャスト
富田靖子 大楠道代 伊藤かずえ 高嶋政宏
1986年

うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー

  • 1986年2月22日(土)
  • 音楽

普通の女の子になってしまったラムと共に、超常奇現象が続発する友引町の姿を描く「うる星やつら」シリーズの第4弾。週刊『少年サンデー』連載中の高橋留美子原作の同名漫画の映画化で、脚本は「Dr.SLUMP ドクタースランプ」の井上敏樹とやまざきかずおの共同執筆。監督は「うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラブ」のやまざきかずお、撮影は清水洋一がそれぞれ担当。

監督
やまざきかずお
出演キャスト
平野文 古川登志夫 神谷明 島津冴子

板倉文の関連人物

橋本妙  白島靖代  すまけい  イッセー尾形  安田伸 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 板倉文

ムービーウォーカー 上へ戻る