映画-Movie Walker > 人物を探す > リー・モーラン

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1932年 まで合計21映画作品)

1932年

怒濤の女

  • 1932年当年公開
  • 出演(Mackie 役)

「サブマリン」のノーマン・スプリンガーが書いた海洋小説を基に新進フィルホィットマンが監督せるもので出演者は「猫とカナリヤ」のレオン・ウェイコフ、「無冠の帝王」のフェイ・レイ、リー・モーラン、「ブロードウェイ(1929)」のベティー・フランシスコ、「風」のモンタギュー・ラブその他。キャメラは「ラスト・モーメント」のレオン・シャムロイが担当である。

監督
フィル・ホイットマン
出演キャスト
フェイ・レイ レオン・ウェイコフ モンタギュー・ラヴ リー・モーラン
1930年

大学の地廻り

  • 1930年当年公開
  • 出演(Joe_Hennessy 役)

「假の塒」「ローズマリー(1928)」主演のジェームズ・マレイ氏と「風雲の天地」「美人投売一弗均一」のキャスリン・クロフォード嬢とが主演する映画で、嘗て監督だったランバート・ヒルヤー氏がアーサー・リップリー氏と共同して執筆した台本により、「炭坑」「曙光の森」のレジナルド・バーカー氏が監督、「ショウ・ボート(1929)」「薫る河風」のギルバート・ウォーレントン氏が撮影したものである。助演者は「歓楽地帯」「暴力団(1928)」のリー・モーラン氏、「乙女よ純なれ」「暗黒街のローマンス」のロバート・エリオット氏、カール・ストックデール氏、エドワード・ハーン氏、等である。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ジェームズ・マレイ キャスリン・クロフォード Jackie Hanlon リー・モーラン

摩天街の銃声

  • 1930年当年公開
  • 出演(Al_Hadrick 役)

「ハリウッド盛衰記」「高速度娘恋愛合戦」と同じくアリス・ホワイト主演映画で、アール・ボールドウィンが自身執筆のストーリーから脚色及び、台詞を書き、「ラグビー時代」「僕の幸運日」のエドワード・クライン、デイヴィッド・マナース、「ハバナから来た女」「ブロードウェイ・メロディー」のケニス・トンプソン、「高速度尖端娘」のリタ・フリン、「ブロードウェイ黄金時代」「歓楽地帯」のリー・モーラン、「青春の幻想」のリチャード・クレイマー、「サンダーボルト(1929)」「暗黒街のローマンス」のロバート・エリオット、その他が助演、カメラは「君よ知るやわが悩み」「恋の走馬燈」のシド・ヒッコックスがクランクしている。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
アリス・ホワイト デイヴィッド・マナース ケネス・トンプソン リタ・フリン
1929年

エロ大行進

  • 1929年当年公開
  • 出演(Pete 役)

「クラック将軍」「ジャズ・シンガー(1927)」と同じくアラン・クロスランド氏が監督したもので、ハンフリー・ピアソン氏の原作に基づいて「犠牲」「評判女候補者」のロバート・ロード氏が撮影台本並びに台詞を執筆した。出演者は「グレイト・ガッポ」「ストリート・ガール」のベティー・カンプソン嬢、「ハロルド・ティーン」のアーサー・レイク氏、「恋の花園」のジョー・E・ブラウン氏、「嵐に咲く花」のサリー・オニール嬢、「尖端一目惚れ」のルイズ・ファゼンダ嬢、「鉄仮面」のウィリアム・ベイクウェル氏、「アイスクリーム艦隊」のサム・ハーディ氏、「仮の塒」のウィーラー・オークマン氏、リー・モーラン氏、トーマス・ジェファーソン氏等、キャメラは「クラック将軍」「彼女は戦に行く」のトニー・ゴーディオ氏がクランクした。総テクニカラーの全発声歌舞映画である。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
ベティー・カンプソン アーサー・レイク サリー・オニール ジョー・E・ブラウン

歓楽地帯

  • 1929年当年公開
  • 出演(Gaffney 役)

「恋と休暇」「スピード花嫁」と同じくドロシー・マッケール嬢、ジャック・マルホール氏共演喜劇で、「スピード花嫁」「真紅の海」のジョン・フランシス・ディロン氏が監督した。原作はカレッジ・ヒューマー誌の懸賞当選小説でコーネル・ウーリッチ氏が執筆したもので「狂言成金」「彼とお姫様」のアデレード・ヒールブロン女史が脚色した。撮影は「ホィップ」「踊子気質」のジェームズ・ヴァン・ツリーズ氏である。助演者は「高速度娘ジャズの巻」のドリス・ドーソン嬢、「踊子フィリス」のエドモンド・バーンズ氏、「ダイヤモンド事件」のジェームズ・フォード氏、「高速度娘」のリー・モーラン氏等の良い顔触れである。サイレント版と伴奏のみの発声版が提供される。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
ドロシー・マッケール ジャック・マルホール ドリス・ドーソン ジェームズ・フォード

犠牲(1929)

  • 1929年当年公開
  • 出演(Snitz_Snodss 役)

「踊子をめぐりて」「南海の白影」のモント・ブルー氏と「ベン・ハー(1926)」「消防隊」のメイ・マカヴォイ嬢とが主演する映画でJ・ローリー・デーヴィス氏が書卸した物語を「俺は探偵」のロバート・ロード氏が脚色し、「シンギング・フール」「地熱」のロイド・ベーコン氏が監督、「丘に叫ぶ声」「女丈夫(1927)」のフランク・ケッソン氏が撮影したもの。助演者は「婦人に御給仕」「セレナーデ」のキャスリン・カーヴァ嬢、「歓楽地帯」「高速度娘」のリー・モーラン氏、「幽霊財寶」「十八日間世界一周」のウィリアム・デスモンド氏、ウィリアム・トゥーカー氏等である。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
モント・ブルー メイ・マカヴォイ リー・モーラン キャスリン・カーヴァー

タキシー十三号

  • 1929年当年公開
  • 出演(Dennis_Moran 役)

「マイク」「桃色女白浪」「芝居の世の中」の監督者マーシャル・ニーラン氏がエフ・ビー・オー社に於いて製作した喜劇で、「怪我騒動」「凸凹サーカスの巻」のチェスター・コンクリン氏が主役を勤める。W・スコット・ダーリング氏が原作並びに脚色した。助演者は「高速度娘」のリー・モーラン氏を始め、エフ・ビー・オー・副社長ウィリアム・ルパロン氏に発見さ荒れた新進のマーサ・スリーパー嬢「喧嘩機関車」「女から女へ」に出演したヒュー・トレヴァー氏、エセル・ウェールス嬢、ジェリー・マイリー氏等である。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
チェスター・コンクリン リー・モーラン マーサ・スリーパー エセル・ウェールス

ブロードウェイ黄金時代

  • 1929年当年公開
  • 出演(Dance_Director 役)

「恋の勝馬」「紐育狂想曲」のロイ・デル・ルース氏監督作品で、故エイヴァリー・ホップウッド氏原作の舞台劇を「評判女候補者」「犠牲」のロバート・ロード氏が脚色したものである。主演者はミュージカル・コメディー界の人気女優ナンシー・ウェルフォート嬢とウィニー・ライトナー嬢及び「白蛾は舞う」「からくり四人組」のコンウェイ・タール氏で、「ハッピイ・デイス」「流行の寵児」のアン・ペニントン嬢、「マンハッタン・カクテル」「恋愛運動場」のリリアン・タッシュマン嬢、「高速度娘恋愛合戦」「西部戦線異状なし」のウィリアム・ベイクウェル氏、ヘレン・フォスター嬢、アルバート・グラン氏、リー・モーラン氏、ニック・ルーカス氏等が助演している。キャメラは「ノアの箱船」「恋の勝馬」のバーニー・マクギル氏と「放浪の王者(1930)」「レッドスキン」のレイ・レナハン氏が担当している。総テクニカラーの歌舞映画である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ナンシー・ウェルフォート コンウェイ・タール ウィニー・ライトナー アン・ペニントン
1928年

高速度娘

  • 1928年当年公開
  • 出演(Denny_Kerrygan 役)

「トロイ情史」「紳士は金髪がお好き(1928)」等主演のアリス・ホワイト嬢がファースト・ナショナル社のスター昇進第一回主演映画で、ジェー・ピー・マッキヴォート氏作の小説をジェームス・T・オドノホー氏が脚色し、「運命(1928)」「ゴリラ(1927)」「熱血拳闘手」等と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したものである。助演者は「足で蹴る恋」「長屋騒動パリの巻」のチャールズ・デラニー氏を始め、リー・モーラン氏、ドナルド・リード氏、グウェン・リー嬢ケイト・プライス嬢等である。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
アリス・ホワイト チャールズ・デラニー リー・モーラン ドナルド・リード

南京豆小僧大成功

  • 1928年当年公開
  • 出演(Joe's_Friend 役)

自動車活劇を澤山書いているバイロン・モーガン氏の原作を、ベアトリス・ヴァン女史が改作脚色したもので、それを「愉快な嘘つき」「我が医者」と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督した喜劇。主役は「焼き餅騒動絹の靴下」「後家さん御用心」等出演のローラ・ラ・プラント嬢と「頓珍漢武者振う」「南京豆小僧」等主演のグレン・トライオン氏とで、リー・モーラン氏、リチャード・タッカー氏、などが助演している。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント グレン・トライオン リチャード・タッカー リー・モーラン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リー・モーラン