映画-Movie Walker > 人物を探す > 麻生祐未

年代別 映画作品( 1983年 ~ 2019年 まで合計40映画作品)

2019年

泣くな赤鬼

ベストセラー作家、重松清が教師と生徒の関係をつづった短編集「せんせい。」に収録された同名作を堤真一主演で映画化した人間ドラマ。かつては熱血指導で“赤鬼先生”と呼ばれていた中年男とかつての教え子との悲しき再会が描かれる。かつての教え子で病に侵された青年を柳楽優弥、その妻を川栄李奈が演じる。

監督
兼重淳
出演キャスト
堤真一 柳楽優弥 川栄李奈 竜星涼
2018年

キスできる餃子

  • 2018年6月22日(金)公開
  • 出演

宇都宮を舞台にしたラブコメディ。地元である宇都宮に帰ってきたバツイチ子持ちのシングルマザー・陽子は、実家の餃子屋の再建と子育てに奮闘していた。そのさなか、イケメンの新聞配達青年に出会うが、彼の正体は今をときめくプロゴルファー・岩原亮だった。出演は、「アヤメくんののんびり肉食日誌」の足立梨花、BOYS AND MENの田村侑久。監督・脚本は、「クハナ!」の秦建日子。

監督
秦建日子
出演キャスト
足立梨花 田村侑久 佐野ひなこ 中島広稀

三屋清左衛門残日録 完結篇

  • 2018年1月27日(土)公開
  • 出演(みさ 役)

藤沢周平の時代小説を北大路欣也主演で映像化した「三屋清左衛門残日録」の続編。ある日、隠居生活を送る清左衛門のもとに幼い頃からの友・大塚平八が訪ねて来る。家老への仲介を願う平八の頼みを快諾するが、そこには平八の一世一代の大勝負が懸かっていた。共演は「オーバー・フェンス」の優香、「覆面系ノイズ」の渡辺大、「密偵」の鶴見辰吾、「リップヴァンウィンクルの花嫁」の金田明夫、「キセキ あの日のソビト」の麻生祐未。音楽を「カンゾー先生」の栗山和樹が担当。監督は『雲霧仁左衛門』などテレビ時代劇を多数手がけてきた山下智彦。

監督
山下智彦
出演キャスト
北大路欣也 優香 渡辺大 鶴見辰吾

三屋清左衛門残日録

  • 2018年1月21日(日)公開
  • 出演(みさ 役)

藤沢周平の同名時代小説を北大路欣也主演で映像化。東北の小藩で前藩主の用人を務めた三屋清左衛門は、家督を息子に譲り隠居生活を始める。彼のもとには、親友の町奉行・佐伯熊太らから種々の事件が舞い込んでくるようになり、事件解決に奔走するのだが……。共演は「オーバー・フェンス」の優香、「覆面系ノイズ」の渡辺大、『木枯し紋次郎』シリーズの中村敦夫、「キセキ あの日のソビト」の麻生祐未。脚本を「刑事物語4 くろしおの詩」のちゃき克彰、音楽を「カンゾー先生」の栗山和樹が担当。監督は『雲霧仁左衛門』などテレビ時代劇を多数手がけてきた山下智彦。

監督
山下智彦
出演キャスト
北大路欣也 優香 渡辺大 中村敦夫
2017年

キセキ −あの日のソビト−

  • 2017年1月28日(土)公開
  • 出演(珠美 役)

メンバー全員が歯科医師免許を持ち、医療との両立を考えて顔を伏せて活動する覆面ボーカルグループ、GReeeeN。その結成秘話と名曲「キセキ」の誕生に迫る青春ストーリー。物語のキーマンとなる兄弟を松坂桃李と菅田将暉が、グループの他のメンバーを横浜流星、成田凌、杉野遥亮が演じ、歌声を披露する。

監督
兼重淳
出演キャスト
松坂桃李 菅田将暉 忽那汐里 平祐奈
2016年

疾風ロンド

  • 2016年11月26日(土)公開
  • 出演

東野圭吾のベストセラーを阿部寛主演で映画化したユニークなサスペンス。何者かに盗まれた生物兵器の行方を捜す、平凡な研究員の奮闘を描く。阿部寛が頼りない研究員をコミカルに演じ、関ジャニ∞の大倉忠義が正義感の強いパトロール隊員を演じる。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で演出を務めた吉田照幸が監督を務める。

監督
吉田照幸
出演キャスト
阿部寛 大倉忠義 大島優子 ムロツヨシ

サマーソング

  • 2016年9月17日(土)公開
  • 出演

ドラマ『仮面ライダーフォーゼ』の吉沢亮主演の青春ドラマ。父の影響でサーフィンに打ち込んでいたイッチーは、父を不慮の事故で亡くすとサーフィンを絶つ。しかし、親友のまこっちゃんとバンズに誘われ、海の家で働く友人たちに会うため渋々海に行くことに。監督は、「全開の唄」の中前勇児。出演は、「桜ノ雨」の浅香航大、舞台『メサイア』シリーズの赤澤燈、ドラマ『OLですが、キャバ嬢はじめました』の筧美和子。

監督
中前勇児
出演キャスト
吉沢亮 浅香航大 赤澤燈 筧美和子
2015年

レインツリーの国

  • 2015年11月21日(土)公開
  • 出演(人見由香里 役)

メールから始まる男女の恋を描き、ベストセラーとなった有川浩の同名小説を映画化したラブストーリー。Kis-My-Ft2の玉森裕太とモデルや歌手として活躍する西内まりやが不思議な出会いをする男女役で映画初出演を果たし、フレッシュな魅力を放つ。監督は過去に有川浩原作の『阪急電車 片道15分の奇跡』を手がけた三宅喜重。

監督
三宅喜重
出演キャスト
玉森裕太 西内まりや 森カンナ 阿部丈二

悼む人

  • 2015年2月14日(土)公開
  • 出演(沼田響子 役)

第140回直木賞に輝いた天童荒太の同名小説を、堤幸彦監督が高良健吾を主演に迎えて映画化した人間ドラマ。縁もゆかりもない死者を“悼む”ために全国を放浪する青年と、夫を殺した過去をもつヒロインの旅の行方を描き、人が誰しも直面する“死”のありかたを問う。ヒロインの倖世を演じるのは石田ゆり子。

監督
堤幸彦
出演キャスト
高良健吾 石田ゆり子 井浦新 貫地谷しほり
2013年

麦子さんと

  • 2013年12月21日(土)公開
  • 出演(ミチル 役)

亡き母親の生前を知る人々との出会いを通して、母親への思いを再確認するようになるヒロインの姿を描く、堀北真希主演のヒューマンドラマ。『純喫茶磯辺』の吉田恵輔が監督・脚本を務め、母娘の愛を描き出す。ヒロインの兄を松田龍平が、母親を余貴美子が演じ、ユーモラスな味を加えている。

監督
吉田恵輔
出演キャスト
堀北真希 松田龍平 余貴美子 温水洋一

関連ニュース

恋愛の酸いも甘いも経験した大人だからこそ楽しめる? 『僕等がいた 後篇』特別映像を公開
恋愛の酸いも甘いも経験した大人だからこそ楽しめる? 『僕等がいた 後篇』特別映像を公開(2012年4月20日)

小畑友紀の人気コミックを、生田斗真×吉高由里子出演で映画化した『僕等がいた 前篇』(公開中)、『僕等がいた 後篇』(4月21日公開)。『僕等がいた 後篇』の公開…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 麻生祐未