映画-Movie Walker > 人物を探す > 下飯坂菊馬

年代別 映画作品( 1958年 ~ 2000年 まで合計64映画作品)

1970年

明日また生きる

  • 1970年5月27日(水)公開
  • 脚本

ドキュメンタル・タッチの力作「非行少年」によって現代社会の矛盾は全て政治的なレベルの解決を待たねばならないことを、鋭く告発した河辺和夫が、取り組むメロドラマ。脚本は河辺と下飯坂菊馬が共同執筆、撮影は「キューバの恋人」の鈴木達夫が担当。

監督
河辺和夫
出演キャスト
田中邦衛 栗原小巻 信欣三 東山千栄子

たぬき坊主

  • 1970年4月8日(水)公開
  • 脚本

「ミヨちゃんのためなら 全員集合!!」の渡辺祐介と、「吸血髑髏船」の下飯坂菊馬が脚本を共同執筆、渡辺祐介が監督した喜劇。撮影は「ミヨちゃんのためなら 全員集合!!」の荒野諒一が担当。

監督
渡辺祐介
出演キャスト
フランキー堺 市原悦子 中川加奈 江頭武典
1969年

夜の牝 花のいのち

  • 1969年10月18日(土)公開
  • 脚本

「女の手配師 池袋の夜」の下飯坂菊馬が脚本を書き「ある少女の告白 純潔」の森永健次郎が監督したシリーズ第三作。撮影は、「ザ・スパイダースの大騒動」の松崎梅夫が担当した。

監督
森永健次郎
出演キャスト
野川由美子 森進一 南原宏治 川地民夫

女の手配師 池袋の夜

  • 1969年9月27日(土)公開
  • 脚本

「(秘)トルコ風呂」の下飯坂菊馬が脚本を書き、「関東刑務所帰り」の武田一成が監督した風俗もの。「残酷おんな私刑」の山崎善弘が撮影を担当した。

監督
武田一成
出演キャスト
和田浩治 鈴木ヤスシ 郷えい治 桑山正一
1968年

吸血髑髏船

  • 1968年11月9日(土)公開
  • 脚本

「(秘)トルコ風呂」の下飯坂菊馬が「吸血鬼ゴケミドロ」の小林久三と共同で脚本を執筆し、「日本一のマジメ人間」の松野宏軌がメガホンをとった怪奇もの。撮影は「濡れた逢びき」の加藤正幸。

監督
松野宏軌
出演キャスト
松岡きっこ 入川保則 西村晃 岡田眞澄

(秘)トルコ風呂

  • 1968年8月27日(火)公開
  • 脚本

「夜の手配師」の下飯坂菊馬と新人播磨幸治が脚本を共同執筆し、「あゝ予科練」の村山新治が監督した風俗もの。撮影は「代貸」の稲田喜一が担当。

監督
村山新治
出演キャスト
梅宮辰夫 大原麗子 中原早苗 山本豊三

新 いれずみ無残 鉄火の仁義

  • 1968年5月31日(金)公開
  • 脚本

高木彬光の原案から「いれずみ無残」の下飯坂菊馬と、加瀬高之が共同でシナリオを執筆し、前作と同じく関川秀雄が監督した“いれずみ無残”シリーズ第二作目。撮影も同じ小杉正雄。

監督
関川秀雄
出演キャスト
荒井千津子 園井啓介 松岡きっこ 夏八木勲

いれずみ無残

  • 1968年4月13日(土)公開
  • 脚色

高木彬光の原作「羽衣の女」を、「三匹の女賭博師」の下飯坂菊馬と、一条徹が共同で脚色にあたり、「一万三千人の容疑者」の関川秀雄が監督した。撮影は「温泉ゲリラ 大笑撃」の小杉正雄。

監督
関川秀雄
出演キャスト
荒井千津子 松岡きっこ 安部徹 川津祐介

夜の手配師

  • 1968年4月11日(木)公開
  • 脚本

「三匹の女賭博師」の下飯坂菊馬がシナリオを執筆、「旅路(1967)」の村山新治が監督した風俗もの。撮影は「陸軍諜報33」の仲沢半次郎。

監督
村山新治
出演キャスト
梅宮辰夫 稲垣美穂子 白木マリ 城野ゆき
1967年

三匹の女賭博師

  • 1967年11月15日(水)公開
  • 脚本

「爆弾男といわれるあいつ」の下飯坂菊馬がシナリオを執筆し、「女の賭場」の田中重雄が監督した“女賭博師”シリーズ第四作目。撮影は「砂糖菓子が壊れるとき」の中川芳久。

監督
田中重雄
出演キャスト
江波杏子 安田道代 三条魔子 見明凡太朗
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 下飯坂菊馬