映画-Movie Walker > 人物を探す > 野沢尚

年代別 映画作品( 1983年 ~ 2005年 まで合計20映画作品)

2005年

深紅

  • 2005年9月17日(土)公開
  • 原作、脚本

昨年急逝した人気脚本家、野沢尚のミステリー小説を、内山理名&水川あさみ主演で映画化。家族を惨殺された女性と犯人の娘、それぞれの心の闇を鮮烈に描く。

監督
月野木隆
出演キャスト
内山理名 水川あさみ 小日向文世 緒形直人
2002年

名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊

  • 2002年4月20日(土)公開
  • 脚本

幅広い年齢層に支持されるヒット・シリーズ第6作。仮想世界の19世紀末ロンドンで、ゲーム参加者全員の命運を握るコナンたちが迷宮入りの事件を追う犯罪ミステリー。

監督
こだま兼嗣
出演キャスト
高山みなみ 山崎和佳奈 田中秀幸 折笠愛
2000年

破線のマリス

  • 2000年3月11日(土)公開
  • 原作、脚色

テレビ局に勤める気鋭の女編集者が、自ら仕掛けた映像の罠に逆にはめられていく姿を描いたサスペンス。監督は「女刑事RIKO―聖母の深き淵―」の井坂聡。第43回江戸川乱歩賞を受賞した野沢尚による同名原作を基に、「不夜城」の野沢自身が脚色。撮影を「大いなる完」の佐野哲郎が担当している。主演は、「金融腐蝕列島[呪縛]」の黒木瞳と「三毛猫ホームズの推理〈ディレクターズ カット〉」の陣内孝則。第12回東京国際映画祭、第29回ロッテルダム国際映画祭正式出品作品。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
井坂聡
出演キャスト
黒木瞳 陣内孝則 山下徹大 筧利夫
1998年

不夜城

  • 1998年6月27日(土)公開
  • 脚色

眠らない街、新宿・歌舞伎町を舞台に、中国系マフィアの抗争に巻き込まれるアウトローの生と愛をかけた闘いを描くハードボイルド。監督は「世界の涯てに」の李志毅。吉川英治文学新人賞を受賞した馳星周による同名長編小説を、「私たちが好きだったこと」の野沢尚と李自身が共同脚色。撮影監督に「プロジェクト・イーグル」の黄岳泰があたっている。主演は「初恋」の金城武と、「三毛猫ホームズの推理」の山本未来。

監督
李志毅
出演キャスト
金城武 山本未來 椎名桔平 郎雄
1997年

私たちが好きだったこと

  • 1997年9月6日(土)公開
  • 脚本

偶然の出会いから、2LDKの公団マンションで奇妙な同居生活を始めることになった4人の男女の心の機微を描いた恋愛ドラマ。監督は「トイレの花子さん(1995)」の松岡錠司。俳優の岸谷五朗が、数多くの映画化作品で知られる宮本輝の同名小説の映画化を思い立ち、企画も兼ねて主演している。脚本は「集団左遷」の野沢尚。撮影は「イグナシオ」の石井勲が担当した。主演の4人の男女には「バースデイプレゼント」の岸谷のほか、「GONIN2」の夏川結衣、「バースデイプレゼント」の寺脇康文、「イグナシオ」の鷲尾いさ子。

監督
松岡錠司
出演キャスト
岸谷五朗 夏川結衣 寺脇康文 鷲尾いさ子
1994年

集団左遷

  • 1994年10月29日(土)公開
  • 脚本

リストラによって会社に見限られたサラリーマンたちが、意地とプライドを賭けて危機に立ち向かっていく姿を描いた人間ドラマ。江波戸俊夫の同名小説(世界文化社・刊)を原作に、「修羅場の人間学」の梶間俊一が監督。脚本は「ラストソング」の野沢尚、撮影は「横浜ばっくれ隊」の鈴木達夫が担当。

監督
梶間俊一
出演キャスト
柴田恭兵 中村敦夫 津川雅彦 高島礼子

ラストソング(1994)

  • 1994年2月5日(土)公開
  • 脚本

スターを夢見て博多から東京へ旅立った2人のミュージシャンと1人の女性の4年間の青春の軌跡を描くドラマ。「優駿 ORACION」(88)に続く杉田成道監督の2作目の映画作品で、脚本は「課長 島耕作」の野沢尚、撮影は「極東黒社会」の加藤雄大が担当。主演の本木雅弘は第6回東京国際映画祭主演男優賞を受賞。映画の狙いに沿って、劇中全てオリジナル曲が使われている。

監督
杉田成道
出演キャスト
本木雅弘 吉岡秀隆 長岡尚彦 奥脇浩一郎
1992年

課長 島耕作

  • 1992年10月3日(土)公開
  • 脚本

団塊の世代であるサラリーマンが派閥抗争に巻き込まれながら活躍する姿を描く。監督は「ウホッホ探険隊」の根岸吉太郎。『週刊コミックモーニング』(講談社)に連載された弘兼憲史原作の同名ベストセラー漫画をもとに「赤と黒の熱情」の野沢尚が脚本、撮影は「橋のない川(1992)」の川上皓市が担当。

監督
根岸吉太郎
出演キャスト
田原俊彦 豊川悦司 麻生祐未 津川雅彦

赤と黒の熱情

  • 1992年4月25日(土)公開
  • 脚本

組織の策略に巻き込まれながらも、かつて自分が殺した組員の妹を幸せにしたいと願う若きヤクザの姿を描く。脚本は「ジェームス山の李蘭」の野沢尚が執筆。監督は「泣きぼくろ」の工藤栄一。撮影は「極道戦争・武闘派」の仙元誠三がそれぞれ担当。

監督
工藤栄一
出演キャスト
陣内孝則 麻生祐未 仲村トオル 古尾谷雅人

ジェームス山の李蘭

  • 1992年2月15日(土)公開
  • 脚本

敗戦後の神戸を舞台に、無頼の青年と片腕の中国人美女との妖しくも真剣な恋を描いた官能ロマン。第36回小説現代新人賞を受賞した樋口修吉の同名小説の映画化で、脚本は「殺人がいっぱい」の野沢尚が執筆。監督はテレビ出身の新人・猪崎宣昭。撮影は「四万十川」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
猪崎宣昭
出演キャスト
名取裕子 東幹久 根津甚八 三木のり平
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 野沢尚