映画-Movie Walker > 人物を探す > 上條恒彦

年代別 映画作品( 1974年 ~ 2015年 まで合計19映画作品)

2015年

かぐらめ

  • 2015年10月24日(土)公開
  • 出演(相原重雄 役)

山梨県を舞台に、日本の伝統芸能「獅子神楽」の舞い手である父とその娘の葛藤や愛情を映し出すヒューマンドラマ。出演は「祖谷物語 おくのひと」の武田梨奈、「HANA-BI」の大杉漣、「リトル・マエストラ」の筒井真理子、「ドライブイン蒲生」の黒川芽以、「ハロー!純一」の森岡龍。監督は、本作が長編デビューとなる奥秋泰男。2015年5月3日より山梨県先行上映。

監督
奥秋泰男
出演キャスト
武田梨奈 大杉漣 筒井真理子 黒川芽以
2002年

走れ!ケッタマシン ウエディング狂騒曲

  • 2002年6月1日(土)公開
  • 出演(谷川勇・ 役)

長野県の小さな商店街を舞台にした、心温まる人間ドラマ。中学生男子の始めた自転車(=ケッタマシン)競争が引き起こすドタバタ騒動を、コミカルに展開する。

監督
石塚克彦
出演キャスト
上條恒彦 美保純 新山千春 森脇史登
2001年

千と千尋の神隠し

  • 2001年7月20日(金)公開
  • 出演(声)(父役 役)

日本映画史上に残る大ヒット作「もののけ姫」から4年ぶりとなる宮崎駿監督待望の最新作。10才の少女の異世界での冒険を、独創的かつ圧倒的なイマジネーションで描く。

監督
宮崎駿
出演キャスト
柊瑠美 入野自由 夏木マリ 菅原文太
1998年

映画ドラえもん のび太の南海大冒険

  • 1998年3月7日(土)公開
  • 出演(声)(キャッシュ 役)

南海の宝島を舞台に、お馴染みのび太とドラえもんたちが繰り広げる冒険を描いた長編アニメーションのシリーズ第20作。監督は、前作「ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記」の芝山努。脚本は岸間信明。撮影を「クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡」の梅田俊之が担当している。声の出演に大山のぶ代。

監督
芝山努
出演キャスト
大山のぶ代 小原乃梨子 マッハ文朱 江守徹
1997年

愛する(1997)

  • 1997年10月4日(土)公開
  • 出演(奥原院長 役)

ハンセン病と誤診されたことにより、人間としての生き方に目覚めていく孤独な少女の心の成長を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「深い河」の熊井啓。原作は、かつて浦山桐郎が映画化した遠藤周作の『わたしが・棄てた・女』で、今回は原作に忠実に熊井自身が脚色。撮影には「深い河」の栃沢正夫があたっている。主演は「誘拐」の酒井美紀と「スワロウテイル」の渡部篤郎。

監督
熊井啓
出演キャスト
酒井美紀 渡部篤郎 岸田今日子 宍戸錠

もののけ姫

  • 1997年7月12日(土)公開
  • 出演(声)(ゴンザ 役)

森を侵す人間たちと荒ぶる神々との闘いを、日本アニメ史上空前の製作費による壮大なスケールで描いた長編アニメーション。監督・原作・脚本は「紅の豚」の宮崎駿。声の出演は「はるか、ノスタルジィ」の松田洋治、「平成狸合戦ぽんぽこ」の石田ゆり子ほか。97年末の時点で107億円という空前の配給収入を記録する大ヒットとなり、それまでの日本映画の最高記録であった「南極物語」の58億円はおろか、日本の配収記録である「E.T.」の95億円も抜いて、歴代配収第1位の座に輝いた。また、アニメーション作品として初めて日本アカデミー賞作品賞にも輝き、98年中にはディズニーの配給により全米公開も行われる予定である。97年度キネマ旬報ベスト・テン第2位、同・読者選出ベスト・テン第1位。

監督
宮崎駿
出演キャスト
松田洋治 石田ゆり子 田中裕子 美輪明宏
1993年

帰ってきた木枯し紋次郎

  • 1993年11月20日(土)公開
  • 歌、出演(酔いどれ浪人 役)

笹沢左保原作の股旅小説を、市川崑演出、中村敦夫主演でテレビ・ドラマ化した人気時代劇『木枯し紋次郎』(72~73年)の二十周年を記念して、同じトリオによって新たに35ミリフィルムによる長編として撮られた作品。笹沢左保が今回の長編のためにオリジナル・シノプシスを執筆し、市川と中村敦夫、中村勝行が共同で脚色。テレビ放映に先立って、劇場で特別公開された。

監督
市川崑
出演キャスト
中村敦夫 坂口良子 岸部一徳 加藤武
1992年

病は気から 病院へ行こう2

  • 1992年12月19日(土)公開
  • 出演(安雲直 役)

ガンの末期患者のヒロインと彼を支える若い医師との恋を中心に、ホスピス(病名告知を前提に、末期ガン患者の身体的精神的苦痛緩和を専門とする病棟)の患者や医師たちの姿を描くヒューマン・コメディ。「病院へ行こう」(90)の続編で、監督・滝田洋二郎、原案・脚本・一色伸幸、撮影・浜田毅などスタッフはほぼ同じメンバー。

監督
滝田洋二郎
出演キャスト
小泉今日子 三上博史 真田広之 柄本明

紅の豚

  • 1992年7月18日(土)公開
  • 出演(声)(〔声〕マンマユート・ボス 役)

20年代のイタリアを舞台に、豚に変身してしまった飛行機乗りの夢とロマンを描いたアニメ。原作・脚本・監督は「魔女の宅急便」の宮崎駿。作画監督は賀川愛と河口俊夫が共同でそれぞれ担当。

監督
宮崎駿
出演キャスト
森山周一郎 加藤登紀子 岡村明美 大塚明夫
1989年

千利休 本覺坊遺文

  • 1989年10月7日(土)公開
  • 出演(山上宗二 役)

千利休四百年遠忌特別作品。安土・桃山時代の茶人・千利休の謎に包まれた晩年を、愛弟子・本覚坊らが解き明かしていく様子を描く。井上靖原作の小説『本覺坊遺文』の映画化で、脚本は「天平の甍」の依田義賢が執筆。監督は「海と毒薬」の熊井啓、撮影は「女衒」の栃沢正夫がそれぞれ担当。

監督
熊井啓
出演キャスト
奥田瑛二 三船敏郎 萬屋錦之介 加藤剛
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 上條恒彦