TOP > 映画監督・俳優を探す > ニュー・センチュリー・プロデューサーズ

年代別 映画作品( 1987年 ~ 1988年 まで合計5映画作品)

1988年

敦煌

  • 1988年6月25日(土)
  • 製作協力

戦乱の世、11世紀のシルクロードで、敦煌の文化遺産を守ろうとした青年の活躍を描く。井上靖原作の同名小説の映画化で、脚本は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の吉田剛と「植村直己物語」の佐藤純彌が共同で執筆。監督は同作の佐藤、撮影は「春の鐘」の椎塚彰がそれぞれ担当。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
西田敏行 佐藤浩市 中川安奈 新藤栄作
1987年

ハワイアン・ドリーム

  • 1987年8月29日(土)
  • 製作協力

84年に公開された「チ・ン・ピ・ラ」の続篇ともいうべき作品で、今回はハワイを舞台に2人のチンピラが繰り広げる恋とアクションを描く。脚本・監督は「野蛮人のように」の川島透。撮影は「いとしのエリー」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
川島透
出演キャスト
時任三郎 ジョニー大倉 タムリン・トミタ 桃井かおり

シャコタン・ブギ

  • 1987年
  • 企画協力

車と女の子が大好きな二人の軟派少年の青春を描く。『ヤング・マガジン』連載中の桶みちはる原作の同名漫画の映画化で、脚本は「プルシアンブルーの肖像」の西岡琢也、監督は「メイク・アップ」の中原俊、撮影は同作の森勝がそれぞれ担当。

監督
中原俊
出演キャスト
木村一八 金山一彦 佐野量子 橋本一子
1985年

タンポポ

  • 1985年11月23日(土)
  • 制作

タンクローリーの運転手が、さびれたラーメン屋の美しい未亡人に惹かれるまま、そのラーメン屋を町一番の店にするまでを、奇想天外の食物がらみのエピソードを混ぜて描く。脚本、監督は「お葬式」の伊丹十三、撮影は「火まつり」の田村正毅がそれぞれ担当。

監督
伊丹十三
出演キャスト
山崎努 宮本信子 役所広司 渡辺謙

テラ戦士ΨBOY

  • 1985年7月13日(土)
  • 製作プロダクション

突然、超能力を身につけた少女が、同じようにエスパーとなった少年たちと謎のBOYを救うまでを描くSFファンタジー。マイク・スプリングレインの原作を「ウインディー」の原田眞人が脚本化、監督は「月の夜・星の朝」の石山昭信、撮影は「宇能鴻一郎の桃さぐり」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
石山昭信
出演キャスト
菊池桃子 早乙女愛 益岡徹 竹中直人

ニュー・センチュリー・プロデューサーズの関連人物

大滝秀治  橋本一子  中川安奈  ビンセント・バケッタ  ジム・デマレスト 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ニュー・センチュリー・プロデューサーズ

ムービーウォーカー 上へ戻る