映画-Movie Walker > 人物を探す > 広瀬襄

年代別 映画作品( 1967年 ~ 1996年 まで合計14映画作品)

1996年

女賭博師花吹雪お涼

  • 1996年4月14日(日)公開
  • 監督

父の仇討ちを胸に秘めた女賭博師の生きざまを描いた任侠映画。監督は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の広瀬襄、脚本は「82分署」の安井国穂、撮影は「眠れる美女(1995)」の羽方義昌がそれぞれ担当した。主演は「日本一短い「母」への手紙」の鈴木砂羽。彼女を取り巻く男たちに、阿部寛、小西博之、織本順吉らがふんしている。

監督
広瀬襄
出演キャスト
鈴木砂羽 阿部寛 小西博之 織本順吉
1990年

男樹

  • 1990年4月14日(土)公開
  • 脚本

監督
山崎理
1985年

必殺! ブラウン館の怪物たち

  • 1985年6月29日(土)公開
  • 監督

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

監督
広瀬襄
出演キャスト
藤田まこと 菅井きん 白木万理 鮎川いづみ
1979年

港町紳士録

  • 1979年8月4日(土)公開
  • 監督、脚本

小料理屋の娘を愛する純情、単純で乱暴な船乗りと、高校教師の二人の男の間に生まれる友情を描く。脚本は「俺は上野のプレスリー」の高橋正図と「青春の構図」の広瀬襄の共同執筆、監督も同作の広瀬襄、撮影は「俺は田舎のプレスリー」の竹村博がそれぞれ担当。

監督
広瀬襄
出演キャスト
友里千賀子 吉幾三 千田孝之 ハナ肇
1976年

青春の構図

  • 1976年3月13日(土)公開
  • 監督、脚本

三人の女子大生が、スポーツに、恋に、ライバル意識を燃やしながら少女から大人へと成長していく様を描いた青春映画。原作は曽野綾子の同名小説。脚本は「はだしの青春」の石森史郎、監督は脚本も執筆している「スプーン一杯の幸せ」の広瀬襄、撮影は「夜霧の訪問者」の小杉正雄がそれぞれ担当。

監督
広瀬襄
出演キャスト
岡田奈々 秋野暢子 早乙女愛 いけだももこ
1975年

スプーン一杯の幸せ

  • 1975年4月26日(土)公開
  • 監督

ポエム・エッセイ・小説を集めた落合恵子の同名の原作を映画化したもので、少女から娘へと移り変わる多感な乙女を描いた青春映画。脚本は「続 愛と誠」の山根成之と「喜劇 日本列島震度0」の南部英夫、落合恵子が共同執筆、監督は「ムツゴロウの結婚記」の広瀬襄、撮影は「続 愛と誠」の竹村博がそれぞれ担当。

監督
広瀬襄
出演キャスト
桜田淳子 浜木綿子 黒沢年男 早乙女愛
1974年

ムツゴロウの結婚記

  • 1974年4月27日(土)公開
  • 監督、脚本

動物をこの上なく愛し、動物と暮しながら何ものにも束縛されない人間になりたい、と願い行動した畑正憲の同名小説を映画化した青春喜劇。脚本は満友敬司と今関健一、監督は脚本も執筆している「恋は放課後」の広瀬襄、撮影は「塩狩峠」の竹村博がそれぞれ担当。

監督
広瀬襄
出演キャスト
井上順 松坂慶子 蟹江敬三 岸部シロー
1973年

恋は放課後

  • 1973年9月15日(土)公開
  • 監督

気の荒い田舎町に転任して来た美人先生の悪童相手の活躍を描く。脚本は鎌田敏夫、監督は「愛ってなんだろ」の広瀬襄、撮影は「藍より青く」の竹村博がそれぞれ担当。

監督
広瀬襄
出演キャスト
松坂慶子 沖雅也 石田信之 秋谷陽子

愛ってなんだろ

  • 1973年5月2日(水)公開
  • 監督

朝日のように爽やかで明るく、楽しい娘を中心に、若者たちの、夢や仕事や恋を描く明朗青春ドラマ。脚本は「喜劇 泥棒大家族 天下を取る」の田波靖男、監督は新人広瀬襄、撮影は「男はつらいよ 寅次郎夢枕」の高羽哲夫がそれぞれ担当。

監督
広瀬襄
出演キャスト
天地真理 田中邦衛 賀原夏子 佐藤蛾次郎
1970年

涙の流し唄 命預けます

  • 1970年10月3日公開
  • 脚本

本年度最大の話題歌手藤圭子の歌の映画化。脚本は恩田誘と広瀬襄、監督は「めくらのお市 命貰います」の市村泰一。撮影も同作の小杉正雄がそれぞれ担当。

監督
市村泰一
出演キャスト
目黒祐樹 生田悦子 藤圭子 佐藤友美
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 広瀬襄